自動飛行許可申請 

遠隔地への物品の運搬(具体的には安芸太田町那須地区)のための試験飛行を実施するための1年前の飛行許可が今月で期限切れ。(監視体制などで実現できていなかった)(それ以外の地域への試験飛行はいずれも成功している)

そのために更新の申請をしていたが、本日、申請書を紙で出しなさいとのメールがきた。無事に許可が下りそうである。

今回は再提出が3回、昨年の申請に比べれば少ないという印象ではあったが、毎回の修正指摘が前回と比べて厳しいという感じがしていた。やはりご時世と思う。だんだんと飛行に対する規制が厳しくなってきて、弊社の飛行マニュアル自体も相当の変更の指導を受けた。

今回の試験飛行でも機体は弊社独自の自動飛行の機体で、カメラなどは装備しておらず飛行に関しては機体の監視者を配置する位置を地図上に明記しろ、など昨年の申請ではなかった部分の追記を指導された。

いずれにせよ、遠隔へき地への運搬を担ってくれるであろう機体の試験である。社会に役立てたい。

今回の申請書 総枚数は80枚 かなりのボリューム

今回の許可された機体は3号機、4号機とKawau-2の3機、 電波の届かない距離への飛行のためもしもの時に被害の少ないBasicな機体で飛行ルートや飛行速度などのノウハウを得る。

飛行実績では弊社から井仁 坪野善福寺駐車場 見入りが崎運動公園 までの自動往復飛行に成功している。飛行時間は往復で20分以上が可能。

本来の目的である那須までは標高差が600m程度ありドローンにとってはかなり厳しい道のりのはずである。

3.11 行方不明よりは

3.11では行方不明に

でも、今年は身近にいるようで。。。。

行方不明だった身内が見つかってお墓の中に納めることができたのだと思います。

これは、今日のニュースでのこと。

改めて、人の心の安寧は何か、と考える日でした。

石材組合 副理事長

今回の石材工業協同組合の総会にて副理事長を拝命。

組合の在り方、存在意義、組合員数の減少、などいろいろな課題はありますが、理事長を補佐し、職務を全うしていきたいと思います。

これまでは事務局として主にHPの管理を担当していましたがこれからはこれに加えて各種イベントやそのほか全般の業務が加わります。

法名

浄土真宗では法名、全国的一般的には戒名。法名には初めに釋の字が使われています。これは仏様になったら(亡くなったら、死んだらということです)お釈迦様の身内になるので、釋を付けるのだとお寺様が説明されます。
この釋の字ですが、お寺様によって或いは同じお寺様でも釋を使われるときと釈を使われるときがあります。
石材店としては法名石(墓誌)などに文字彫りを依頼された場合に施主様からどちらの文字での文字彫りを依頼されるか、現在の墓誌(法名石)に彫ってある仏様がどちらの文字を使って彫られているかを確認する必要があります。
今までの仏様と同じ文字に揃えてほしいといわれることが多いのですが、中にはお寺様から頂いた文字そのまま彫ってほしいという施主様もあります。
釈も釋も同じ字で、新字体か旧字体体の違いだけなのですが施主様によってお考えが違いますので、頂いた文字原稿の「しゃく」の字が現在彫ってある字と違うときは確認をすることにしています。
施主様にはご面倒な、わかりづらいお尋ねをすることがありますがお許しを頂きたいと思います。

1日講習

ドローンの1日講習を本日開催しました。1日講習のため正式な終了証は出せませんが、それでも今回の受講者様には有意義でかつ有効な講習であったと思います。

講習者さんは本日、購入したばかりのMavic2持参の講習会でした。箱から出すのも初めてに近い(?)という状況のようでした。

そのため、学科講習の時に充電を始めました。

また、アプリのダウンロード、機体のアップデートなども行うことができました。

実技の練習では弊スクールのMavic Phantom4 Ver2と持参されたMavic2 を使い、終了間際には対面での飛行などもスムーズにこなせるようになりました。

今回の受講者さんはプロのホッケーティームの方々で、このティームのゲームの空撮などを手掛けたいとのこと。ドローンの活躍ともちろんホッケーティームの活躍、安全飛行を祈念します。

アンカラからイスタンブールへ

カッパドキアからトルコの首都アンカラへ、特にこれといった観光はなく長いバスの旅、居眠りをしたり外を眺めたりで再度イスタンブールへ。明日は帰国の途。

グランドバザールが最高の観光地広くて大きくて(らしい、見たのはその一部だけのはず)

この日は午前2時半(現地時間)、日本時間で8時半から電話が4,5本かかってきて現地時間のホテル出発時にも眠気がいっぱい。

幸い午前中の移動時間のバスの中で睡眠をとることができて午後からは好調に観光その他(いえ、観光ではなく研修)

モスクも見てきました、大理石の直径5mの柱や、ステンドグラスなど。

カッパドキア2

カッパドキア、熱気球が飛んで入りことでも有名。このツアーのオプションにもなかったのでまあしょうがないとあきらめてはいたのだが添乗員さんからのアナウンスあり。即参加決定。問題は天候だけ、参加を決めた日は台風並みの強風。。

午前6時15分のロビー集合、風はない。バルーン会社のミニバスが迎えに来た。ロビーで軽食の朝ごはん、その後離陸場所へミニバスで行って搭乗。

熱気球からの熱気球ともちろんカッパドキアの映像。

熱気球のパイロットとバーナーの部分。ここら辺はメカが好きなだけに外せないところ。

カッパドキアの奇岩群と熱気球での空からの観測(あえて石を見るたび、ゆえに観測)

世界の石を見ています。

 

カッパドキア

奇岩が立ち並んで迎えてくれました。

あえて、普通の写真とかには無い写真を選びました。

この日は風が非常に強くて、かつ寒い、寒いのは覚悟してきましたのでOKです。

世界の石を見るというコンセプトにぴったりのトルコツアーです。

これらの石は凝灰岩(火山灰が固まった石)で非常に柔らかい石です。屋根にあたる部分は溶岩で比較的硬いためのこのような形に風化されていったものです。

世界の石を見てみたい、現在進行中です。

カッパドキアへ

今日は一日移動日という感じ、

総走行距離750km、専用バスのドライバーが一日の業務時間超過のため本日だけ別のドライバーが休憩箇所で乗り込んで交代。

そしてカッパドキアへ到着、午後6時過ぎ、辺りはもう真っ暗。

しかし洞窟ホテルの外観は部屋からの照明の漏れなどで見える、またこのツアーで割り当てられた部屋も今までにはない広くて豪華な部屋*詳細については後日アップします、まず広いし、バスタブには俗にいうジャグジー付き

 

夕食の後アップしています。ワインとウイスキーで絶対に運転はしてはいけない上蓼の投稿。キーの打ち間違いが素面の時よりも多すぎて時間はかかっている。

ここカッパドキアに到着したのが暗くなってからなのできれいな写真はまだありませんが部屋の様子などアップしておきます。

 

エフェソス遺跡

よく知らなかったが地震で無くなってしまっていた都市の跡。

地震で無くなってしまっただけあって今あるのは修復された物なのだが、それでも過去の(紀元数百年)の当時の技術の確かさを見るには充分。

今のコンクリートで作られた物たちが果たして数千年後に。。。。

あまり期待していなかったトルコ旅行ではあったのだが、実際にはすごい。

かつてのトルコ帝国、オスマントルコ、しっかり研修しています。

WiFi環境が本日のホテルでは良くなくて、この作業が精一杯、写真はまた機会を見てアップします。(パソコンは好調に動いてくれています、キータッチもなれれば悪くない)