湯の山 若鯉の森 活躍祈願碑 完成

湯の山 若鯉の森 活躍祈願碑 名盤を取り付けて完成

有限会社吉村石材店としての最後の記念碑。無事に完成。あとはお披露目を待つばかりです。写真は一足早い施工者の特権としての公開。

広島市佐伯郡湯来町の湯の山神社は弊社の前身、吉村政一石材店(父親)が数多くの石材工事をさせてもらい今の地に根付かせていただく基礎を築いてくれた神社です。子供のころ、この神社での石材工事の大変さや やりがいを家族の私たちに話していたことを思い出します。あの狭い参道に鳥居や石碑などを建立しています。これらにはその施工者である父親の名が彫られています。

今回のお話が合った時、私としては利益や困難さなどはもうどうでもよくて、とにかくやり切る、という覚悟でした。

弊社としての最後の記念碑にふさわしい場所での施工は何か運命的なものを感じています。(完璧に赤字の工事です。赤字なんて全く苦になりませんし問題にもしません

今回の施工に関しても大きな石材(1.3トン)をあの場所に上げて据え付けるという石材業に携わる者として非常にありがたい舞台を授けてくれました。まさに過去、父親が話してくれていたことを最後にやることになったわけです。

施工に関してはこの場所に建てる方法は何通りもありますが、参道は狭くてその上手すりがつけてあったりなどで最終的に採用した方法は一番参道を占拠する時間が短くまた、工期も短くできる方法をとりました。結果的にはこの方法は間違っていなかったものと確信しています。

この石碑の完成で有限会社吉村石材店の経営を若い別の経営者に安心して譲ることができます。

長い間ありがとうございました、引き続きよろしくご愛顧をお願いします。

2021年2月28日をもって石材店の事業を安芸太田町筒賀清本石材店に譲渡しました。

有限会社ではなく個人事業の吉村石材店となり新しい経営者が事業を継続していきます。

私は1年間は、新しい経営者に私が今まで石材店として得たすべてのあらゆる方面の財産を引き継いでもらべくとどまります。

石材店としての事業について今までと変わるのは経営者だけ、ということです。

新たな若い経営者のこれからに期待しまたご愛顧をお願いいたします。

私はこれからはもう一つの事業株式会社ヨシムラに今以上に力を入れて取り組んでまいります。

 

粒状農薬散布機 飛行許可

先日から申請していた粒剤散布用の試験機FarmHero002の審査が済んだので紙の許可書が欲しいなら返信用の封筒を送れ、とのメールが。

粒剤散布試験機の飛行許可取得です。今回の申請では修正依頼が一度もなく許可を得ることができました。

用意した申請書がすべて文句なしだったのか、あるいは時代の要請としてこのような機体が必要であるということを推奨しているのか、?いずれにせよ飛行許可が下りたことは事実でこれで液剤と粒剤のどちらでも実際に農薬を撒くことができます。

FarmHero 001と 002 これからその名称通り農場のヒーローになってほしいものです。

湯来 アイビーカフェで昼食

湯の山若鯉の森記念碑建立の日、久しぶりに本当に久しぶりにアイビーカフェで昼食をとった。

このお店は息子や娘が少年野球クラブの時の監督の奥様が経営されているお店。

本日の昼食

とっても美味しかった(普段の昼食は体重維持のため、軽く済ますようにしているのだが、この日は豪華)

稲荷寿司は何年振りか?タコときゅうりの酢の物、オムレツ、ウィンナー、お味噌汁)

稲荷寿司は中も凝っていて枝豆?とか珍しいもので。オムレツも別格)

奥様には子供が現役の時にも合宿や大会の後などにごちそうをしてもらっていました、料理の腕は確かです。

コロナ禍でお昼は予約のみとかで。この日は朝予約をしてから現場に行っての作業、少し遅れるかもしれないと言っていた通り午後1時前の昼食でした。

湯の山 若鯉の森 記念碑 建て上げ

昨年から予定されていた若鯉の森の記念碑、大雪のため1日ずらしての本日決行。

記念碑を積んだ弊社のトラックと、クレーン車

写真は上で使う通称カニクレーンの荷揚げ、重量1.7トン(クレーン車での計測値、リース会社のデータでは1.4トン、このクレーンのこの距離での限界)

上で記念碑の本体を受けている。これが1.3トン

上は狭いうえに石碑が重い。

移動にはひと工夫もふた工夫も。企業秘密のため非公開(この日ご迷惑をおかけした入湯者様は傍らでこれを見ることができている)(もちろん事前通告、道路使用許可地元の了解などすべてはOK)

そして無事に建て上げ完了。

この後銘版を取り付けて完成。

農薬散布機 飛行許可取得

農薬散布試験機、飛行許可が下りました。

自作機とありますが、弊社オリジナルの機体です。飛行実績などは以前の「農林〇〇〇協会 」に機体の許可を申請した(許可は、そのころの基準が非常に厳しくて、東京まで機体を持ってきて、白い紙を置いた上を飛行させてその白い紙にどのくらい試験用の青く着色させた水が付着するかなどの試験)機体とほぼ同じ。

この機体は安芸太田町の農事法人に20時間の試験飛行をお願いし(これは前述の農林〇〇〇協会の基準に必須であった)、そのころの現用のラジコンヘリと同じかそれ以上の仕事をした機体です。(試験飛行用の費用をお支払いして実施してもらいました)(操縦に関してはラジコンヘリに比べればはるかに簡単)

農業に限らずこれからもこういう省力化はますます進んでいくものとも思われます。

弊社はこれからもドローンの未来に対して真摯にかつ精力的に進んでいきます。

ドローンのヨシムラ

空撮はもちろん、それの応用としての写真測量(先日の国家試験で測量士を取得 測量事務所開設手続き中)、 物品の運搬、 自動飛行(固定翼機、トラディショナルヘリコプター(普通のヘリコプター)ドローン、機体の種類にとらわれない)、くす玉割ドローン、PAドローン、自動巡回警戒、空飛ぶマニュピレィター(チェーンソーを搭載して枝を切るとか)、等々、あらゆるドローンのニーズに対応していきます。

 

農薬散布ドローン飛行許可

農薬散布機(商標登録済み FarmHero ファームヒーロー)001号機 危険物の運搬と物件の投下で飛行許可取得。

試験機ではありますが正式に農薬散布ができます。

これからの農業の省力化や、i化に貢献できます。

小規模の畑の農薬散布に活動させます。

農薬容量は3L(タンクは5Lだが飛行時間を考慮して3Lに制限)飛行時間は12分程度。小さい農場ならば十分な性能。

高齢化で農薬散布の難しい田んぼなど用途は広がると思う。

合格証届く

合格証が届いていました。

間違いありません。合格です。

7%台の合格率の中で上出来です。

合格を完璧に確認したところでやっとですが、自己採点をしてみました。しかし、一生懸命考えていたのでしょう、問題紙に回答の記録を残していないところも多くて正確には自己採点ができませんでした、しかし、足切りラインの400点ギリギリはまちがいなさそうです。

ということは、午後の選択科目が7割以上はできていたのでしょう。午前の問題は過去問と出題傾向が大きく変わっていた感じでしたが、午後で得意の写真測量やUAVの分野での出題に助けられた、というところでしょうか?

時代の流れとしてUAVでの測量はまさにオンライン、で、進んできた方向に間違いは無いようです。

石臼 目立て

石臼(例えばそばの実を粉にするあれ)は使っていると目が摩耗して粉にできなくなります。

そのため目立てという作業が必要です。これにはそれ用の工具が必要です、が、最近の石材店にはその工具も、またその技術も持っていないことがほとんどであろうと思われます。

弊社では過去にも蕎麦屋さんの石臼の目立てなど多数の実績があります。

石臼で挽いた粉は熱を持っていないので香りなどが逸品だと聞いています。

もしご用命があればお役に立ちます。お知らせください。

測量士 合格発表

コロナ禍でおよそ半年遅れで実施された測量士の試験、本日合格発表。

ネット上で恐る恐る確認。

合格率が7%台。

リンクをたどって

あれだけ受験者がいたのに合格した人は8人。その中に

ありました、自分の受験番号 1004。

およそ5時間に渡って頭をフル回転させた甲斐がありました。ドローンの空撮に役立てていきます。