GNSS 基準局

弊社プレハブ屋上のGNSSアンテナ、久しぶりにネット上に公開させようと昨日からデータ収集、24時間以上の観測をして先ほど戸河内AとのPPKで位置の計算を終わらせ、これまでのデータと比較した。

結論は数センチ(1,2センチ)の違い。ほとんど同じ数値が出てますます位置精度に自信を持っても良いような結果となった。

明日には善意の基準局の数値を今回の数字に改定して公開して利用する(利用してもらう)ことにする。

GNSS-RTKの性質上、移動局との位置ベクトルはとんでもなく大きく違うことは無いのでこのこの基地局のデータが大事で、近方の観測ではかなりの精度が得られるものと期待できる。

仕掛け自体は貧弱な構成の弊社自前GNSS-RTKではあるがその性質上、かなりの精度を期待してよいと考える。

お墓は誰のために

お墓は今生きている人のための物だと考えます。

勿論、身内のどなたかが亡くなったためにお墓を建てようとするのですが、でも、亡くなった人がそのお墓(としての形あるもの)を見ることが出来るわけでは無いのです。

今生きている人が何かをするために(故人をしのぶ、等々、や、お骨を納めるという役目も主目的だけではなくあります)建立します。

だから、今を生きている人たちが納得できるやり方を選ぶべきだと考えます。

そして、その中には故人が生前こういうお墓に入りたい、と言っていたという事実ももちろん含みますが。

農薬散布用FC K3APRO

農薬散布用のFC K3APRO の試験飛行中です。

FCとGPSアンテナが2本、地形検知用のレーダー1個、流液検知のセンサーと電源ユニットがセットで売られていた。GPSアンテナが2本あるということに関してはヨー軸の安定が図れるのではないかと期待される。

数年前からストックとなっていた未組み立てのTarot680を急遽組み立てて、このFCを積んで、最初はレーダーも付けずにただ飛行ができるようにした。

DJIの物とは違って高度も高く設定(DJI N3-AGでは設定ソフトの窓枠が3mが上限であったように思う)できるようであるし、また予備の自由に使えるチャンネルが2個ある、ただ、これらを全部使おうとすると14チャンネル必要で、FUTABA14SGの出番となった。

最初から割り当てられているチャンネルがあって(例えばフライトモードとか)自由に使えるのは10と11チャンネル。それでもDJIに比べれば自由度ははるかに大きく、また親切である。最初はこのチャンネルをTarot680の引き込み脚に割り当て手試験飛行させ、ちゃんと動作することを確認している。

GPS飛行時にA地点とB地点(要するに長方形の農場だとすればその端の散布の始点と終点を設定してやれば後はそこからどちら側に散布するのかを教えてやれば設定された散布巾で自動にジグザグ(正確な表現ではないが)に飛行してくれる、なおその際ポンプも自動的にON OFFされるようである。

農薬を散布するためのポンプの端子にはとりあえずLEDを繋いでその動作の確認をしているが、自動飛行をさせると間違いなく散布しなくても良いと思われるところではLEDが消灯しているようで少し愉快になる。散布モードが2通りあるようなのでこれらもこれから確認していく。

その後、地形レーダーを繋ごうとしたが、コネクタの向きを示す突起部分が削られていてどの向きに差し込めばよいのかわからなくてテスターでFCの端子を当たってアースと電源を確認して接続してみたが(これは本来削られていなければ差し込めない方向)設定ソフトからレーダーを認識してくれなく、それならと逆に接続してみたがこれも認識してくれない。それで購入したRC-Hobbyにメールで問い合わせたところすぐに丁寧な写真付きの返信が来た、結果は最初に繋いだ向きが正しくて、それではこわしたかも??と心配をしたが結論は認識してくれた。パソコンとつないだだけでの電源供給ではレーダーは認識できず、動力用のバッテリーを繋いで初めて認識できるようである、(消費電力を考えれば、あるいはそれゆえか、ある意味納得)またレーダーの前に障害物を置くとちゃんとそれらしい距離を表示してくれた。

実際の飛行に関しては地形レーダーを有効にして(有効、無効を切り換えるチャンネルも設定が可能、これらのために結局14CH必要になってくる)飛行させると地面に合わせて高度を変えて対地高度が同じになるように飛行してくれる。ただ、その精度や癖とかがわかりきっていないのできわどい飛行はさせていない。

また、今回はポンプの動作がONとOFFだけしかできていないが本来ならば送信機のVRに割り当てて散布量の調整ができると思われるので、これからの試験飛行で確認していく。

低電圧警告や自動リターンの高度などがまだ設定しきれていないのでこれからの課題である。

いずれのしても技術の進歩は素晴らしく弊スクールにおいても農業用ドローンの講習についても取り組んでいく。

シェラトングランド広島に泊まった2

昨日は、広島市内の友達を誘っての夕食を楽しんだ。

生ビール、白ワイン そして高級な料理。それからは部屋での飲み会。

友人はロイヤルと珍しくレーズンなどを持参してくれて、氷はホテルの(ビジネスホテルなら自分でN階の氷の器械があるところへ取りに行くのだろうが)フロントに電話をして部屋まで持ってきてもらう。

コロナ禍の下では部屋のみもありでこれも楽しい。いろいろと話をして

最後の方はよく覚えていないが、友人の話ではちゃんと玄関まで見送ったみたいで。

残っていたロイヤルはそこから1センチほど。1センチとはいえ残っていたのはやはり年のせいか。

この日はこの高級ホテルのプールで泳いでもみた、泳ぐのなんて何十年ぶり(子供が小さいときに海で、だから25年ぶりくらいか)手足を動かす割には進まない泳ぎになってしまっていた。

 

シェラトングランド広島に泊った

わけあってシェラトン広島に泊った。有効期限が8月末までの宿泊券、などがあって。

今年のお盆はどこにも行くことができないので、と、有効に利用するという名目で、ホテル側のおすすめの宿泊パターンで泊まってみた、(お盆ということもありで、2泊してみた。

エレベーターではカードキーをかざさないと行くことができない(カードキーをかざさないとその階には行けませんとアナウンスがされるような部屋に泊ってしまったみたい?)

まあ。有効期限の近づいた宿泊券の行使とホテル側の言いなりの予約でこれもあり。

なんかラウンジが使えるようでここもカードキーをかざすか、特定の階からでないといけないような感じ。らしい。初めてのホテルなので(こんなに高いところは人生でたぶん最初で最後か?)良くはわからないが。

で、ラウンジに行ってちょっと仕事を(お盆にやっておきたいことがあって)といってみたが。

この続きはまた。

でも空港のラウンジのようなところ、みたい。

ただ、新型コロナの影響で空港のラウンジのようなビュッフェスタイルではなくて、担当の人たちがお料理をお持ちしましょうか?と聞いてくる、飲み物(私はウィスキーのロック、いつものパターン)とかはセルフサービスで、とのこと。

お盆

酷暑の中、お盆を迎えました。

仏様のことを思う。ただ、この世の中は仏様だけではなく(日本に限定しても)神様(神道の人もいっぱいいらっしゃる、し、キリスト教、ユダヤ教。。。。。。。などなど)とかの人もいらっしゃるのだが。

仏様のことを(亡くなった親父とかお袋とか)より考える時期ではあります。

DID 撮影飛行許可

広島市内DIDでの撮影依頼があり飛行許可を申請。本日審査終了のメールが届いた。

許可(承認)はもしか何かの時にの、為でもあるし、それ以前に法律で決められたことなので取得しなければならない。そしてそれがよりドローンを使ったいろいろなことがよりやりやすくなるという当たり前のことにつながる。

許可、承認を取得しないで飛ばすこと(これらには必要な知識や技能を習得できていない(できていれば許可や承認を求めるはずである))という可能性が高い)は、ますます許可承認を得ることを厳しくしているという現状がある。

ドローンが持つその有効性、可能性を最大限に利用するためにもより正しい飛行が求められる。

なお、飛行許可、承認は電子的に許可書、承認書を得る方法もあるが、一般の人にも許可や承認を得た飛行であるという証として掲示するために面倒でも書面による交付を受けたほうが許可書、承認書に公の朱印が押されたものが手に入るので良いように思う。

早速返信用の封筒を入れたものを送ることにする。

国土地理院からの封筒

本当ならば5月にあって合格発表が7月7日であった(七夕の日だったので、これは日にちが頭の中に残っていた)測量士の試験が新型コロナの影響で延期になっていましたが、11月22日に実施されると発表があり、今日その案内であろうと思われる封筒が届きました。

弊スクール受講者様の邪魔は絶対にしません、が、より説得力のあるスクールにするための一つの方法として測量士資格の取得に挑戦します。

年を取るとなかなか入りませんが出ていくのはすぐです(記憶)です。

納骨

先日、建立されたお墓の納骨のお手伝いに、いってきました。午後1時からと言うことで、カンカン照りを覚悟していましたが、曇り加減で日差しがそれ程でもなく、施主様にとっても比較的楽であったのではと思います。

本日の納骨に際しての住職様のお言葉、お墓の起源。

仏教には最初はお骨を大事に取っておくということは無く亡くなった人のお骨や灰はガンジス川に流していた、お釈迦様のお骨に関してはそうはせず(できず、が正解か(筆者、解釈))8箇所に分けて大事に保管。その日本語の言い方が卒塔婆、。など

筆者に取っては、何度も聞いた内容ではありましたが、それでも、改めてお墓の意味を考える納骨のお手伝いでした。

かつて、大森神社鳥居参道工事などで大変お世話になったご主人の奥様のお墓です。

受けた御恩は忘れがちです。それでもできるだけこの私のふるいのうみそに焼き付けておきたいと思います。