お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。

開校式

本日開校式

大勢のご来賓の皆様を迎え無事に終了しました。

会場 加計体育館 来賓25名を迎えました。

司会をお願いした土橋加奈子さん さすがにうまく司会進行役を務めてくれました。

総責任者の挨拶 会の初めに挨拶するのは息子の野球部の保護者会長の時 以来

僭越ではありますが一応そういう立場なもので。。文章は覚えられないので読むことにしました。それでも多少緊張で舌がよく回らない。

当日のご来賓の皆様 たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。

これからテープカット テープカットのハサミは森脇さんがドローンで運んでステージ前の入れ物(洗面器をお化粧をしたもの)に投下する。画面左上ではくす玉をつるしたドローンが待機。

テープカットから一呼吸おいてリモコンでくす玉を割る。くす玉のドローンの操縦は総責任者。無事にミッション完了。

会場ではこの様子を撮影している人、多数。大成功!!

当日のスタッフの集合写真 一人所要で帰らなければならなくなって入っていませんが総計6人の ヨシムラドローンの講師陣

当日は天気も良く気温も適温でまた、多くの参加者を迎えドローンスクールの開校式を挙行できました。

ドローンの安全飛行を目指して発進です。

銅像と石像 親鸞様と かけあんき

今週は銅像と石像と 像の建立が2件、無事に終わり、落成式にも間に合ってほっとしています。

今週の初めは無事に終わるだろうか、と、ちょっとイライラしておりました。(見積もり段階ではわからなかったことがいろいろと出てきたもので)

これは地元加計高校の かけあんき、という猪の石像で、著名な作家の作品とのこと。 元の場所では地面に建っていましたが玄関に移動、掘って吊り上げようとしたら弊社所有のチェーンブロックでは厳しいくらいの重量があって予想外の苦戦 また、移転先も見積もり段階とは違ってそれよりも道から遠くになって思っていたようなトラッククレーンでの据え付けができずに。

これは親鸞様の銅像、この写真は本体の据え付けが済んで笠を高所作業車で取り付けたばかりの所。

どこかの別のお寺にあったものを施主様が譲り受け建立されるもので、銅像の台座の部分には取り外したときに開けたと思われる穴が3か所ほど開いており、また取り外した際にと思われるがひどく変形もしており新品のようにそのまま置けば据え付け完了という訳にはいかずに工夫して据え付けをした。

猪石像、親鸞様銅像とも、とても貴重なものでいつも以上に神経を使った、終わってみれば気持ちの良い疲労感の残る仕事でした。

親鸞様は大きいですよ。他ではあまり見られないと思います。

ドローンスクール開校式

ドローンスクールの開校式がいよいよ来週18日と迫ってきました。

来賓の顔ぶれも固まってきました。今日、安芸太田町長の出席のハガキが届きました。参加に感謝です。

テープカットのハサミのドローンによる運搬投下や、くす玉の割方など工夫を凝らした開校式にします。司会もプロのアナウンサーにお願いしました。

また、測量用ソフトPhotoScan使用による3D画像の展示など楽しめるコンテンツも用意しています。

午後からは大権飛行会も予定しています。(参加料2千円)

天気も悪くなさそう。いよいよ船出(離陸)です。

親鸞様建立

湯来町のお寺への親鸞様の銅像の建立がほぼ終わりました。

銅像そのものは以前別のお寺に建てられていたもののようで施主様がそれをもらい受けご自身の門徒のお寺へ永代経懇志として建てることになったものです。

これを立てる話は最初に建立を請け負った土建業者さんからで、吉村さん代わりに建ててくれないか、との依頼からでした。

像の高さは3.5m 大きい 施主様は最初大きさのことを理解されておられないようで大きさの説明から入りました。

台石を設計 見積もりをしてやはり大きな金額になりました。たぶんこの金額は施主様は想定されていないと思い、赤字覚悟の取り組みになりました。この大きさの銅像を建てるのは初めてです。

 

帰国

チリからニューヨークへそれから成田へ 無事に帰国
ラウンジで危うく寝過ごすことに。ラウンジの女性の係りの人が起こしてくれて成田行きの最後の搭乗者は私。
そこから14時間 帰ってきました。長い。 でも行ってよかった。年を取りすぎたらこの長時間の飛行機はしんどいと思う。たとえビジネスクラスを使っても。
今晩は成田泊り、明日飛行機で広島に帰ります。腰が痛い。。。。

モアイ モアイ モアイ

モアイ像をたっぷり見て来ました。レンタカーを借りて多分すべてのありかを回ってきたと思います。左ハンドル車で最初は運転する感覚がおかしかったのですが、2時間もたてば余裕で5速まで入れて80kmくらいは出していました。

モアイ像を見て来ました  よくある風景から島に来ないとみることができない角度。

モアイ 感動

モアイ像見て来ました。とりあえず1か所。予定どおりレンタカーを借りて。
感激です。南米にいることとモアイ像を見た事。

yよく有る写真ですが、これを見に来たのです。

南米チリ サンチアゴ2

反省 少なくともイエスとノーは現地語で言わなくてはいけない\\maa .
当然のこと
しかし旅はこうだから面白い。根底には何かがある。
明日は夢にまで見た多イースター島
yes ,Iam enjoying my life
いえることは今、非常に楽しいこのホテルもチェック委員の時にはギャランティが100ドル必要とかいってきてひと悶着あった
ホテルのフロントも英語が確かではないし、こちらも同じく確かでないもの同志の会話なので確かなもんができるはずがない
でも楽しめただって旅行だもん\\
テレビでは訳の分からない言葉で放送を流しています。
It’s Traavel and trouble