国道191号線 山腹大規模崩落 

昨日(6日)午後10時頃電話あり、町の課長からの電話。国道191号線大規模崩落、自動車が埋没の可能性あり、とのこと、ヨシムラさんがドローンを持っていることを伝えたので出動の要請があるかも、とのことでした。

こういう現場の時には建設コンサルタント会社が必要であれば自社で所有している機体を飛ばすことが多いのでたぶんうちには要請はないだろうと思いながら、それでもと、今朝は早めに会社に行ってバッテリーの充電など飛行準備。

これは会社にたどり着く前の現場対岸からの写真。

現場の両岸の道路には機動隊、消防車、工作作業車、土木作業者を積んだトラックなどで一杯。思っていたう回路を通ることは無理な状態。それでも会社にと、ひどく遠回りの井仁経由で会社に到着。

 

一通り準備をしてから仮眠。予想通り出動要請はありませんでしたが、飛行前の緊張感を感じた朝でした。こういう緊張感は大好きです。

この朝、私の車の前には県警機動隊の大型バス、窓に金網のついているやや青い色の車、が、ずっとゆっくりゆっくりと走っていてイライラ状態でした。追い越すわけにもいかず、時折左側に広いところがある手前でパッシングライトを点滅させるのだが道をあけてくれずにしょうがなく付き合って走っていました。現場にだいぶ近づいたところでやっと道を譲ってくれました。スピード順守もだと思いますが、普段走りなれていない狭い道での運転でのことだと思われます。

現場がこれだけ騒然としていたのは自動車が一台川に流され、人が行方不明のためでした。この日のお昼前に不明の人が発見され死亡が確認されたとのTV報道がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です