お墓への文字彫り

「先日、○○○○が亡くなったのでお墓の横の石板に文字を入れてほしいのですができますか?」

などのお問い合わせが多々あります。お墓の横の石板ではなく墓碑とか墓標、ホウメイバンとか石碑と名板とかいろいろな言い方をされています。

浄土真宗ではこのお墓の横の石の板、亡くなった方のお名前などを彫る石を「墓誌」(ぼし)と呼びます。

簡略的には法名板(ほうみょうばん)という言い方もします。

また、宗派が違えば霊標(れいひょう)という呼び方もします。

石材店に亡くなった方の名前などを彫ることを依頼されるときには「墓誌に文字を彫ってほしいのだが」と、お問い合わせいただけばお話が早くわかります。

彫る内容は一般的には法名 死亡年月日 俗名 年齢の 4種類を彫ります。俗名とは普通のお名前のことです。法名はお釈迦様の身内になった時のお名前(簡略的には)と解釈すればよいと思います。

お墓に墓誌がないときには仏石(お墓の一番上の石)に彫ります。

後継ぎがいないなどで墓誌がいらないという施主様もあります。(このお墓に入る仏様がそんなに多くなさそうということです)

追記 墓標、墓碑とはお墓そのもののことです。時代劇などに時々出てくる木の柱に個人の名前を書いて立ててあるものが木の墓標です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です