銅像と石像 親鸞様と かけあんき

今週は銅像と石像と 像の建立が2件、無事に終わり、落成式にも間に合ってほっとしています。

今週の初めは無事に終わるだろうか、と、ちょっとイライラしておりました。(見積もり段階ではわからなかったことがいろいろと出てきたもので)

これは地元加計高校の かけあんき、という猪の石像で、著名な作家の作品とのこと。 元の場所では地面に建っていましたが玄関に移動、掘って吊り上げようとしたら弊社所有のチェーンブロックでは厳しいくらいの重量があって予想外の苦戦 また、移転先も見積もり段階とは違ってそれよりも道から遠くになって思っていたようなトラッククレーンでの据え付けができずに。

これは親鸞様の銅像、この写真は本体の据え付けが済んで笠を高所作業車で取り付けたばかりの所。

どこかの別のお寺にあったものを施主様が譲り受け建立されるもので、銅像の台座の部分には取り外したときに開けたと思われる穴が3か所ほど開いており、また取り外した際にと思われるがひどく変形もしており新品のようにそのまま置けば据え付け完了という訳にはいかずに工夫して据え付けをした。

猪石像、親鸞様銅像とも、とても貴重なものでいつも以上に神経を使った、終わってみれば気持ちの良い疲労感の残る仕事でした。

親鸞様は大きいですよ。他ではあまり見られないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です