先輩 逝く

廿日市市にお線香をあげに行ってきました。64才でした。今年は年賀状の代わりに年が明けてから先輩急逝とのお葉書をもらい、本日の訪問となりました。

建労(広島県建設労働組合、建設関係の業務従事者のための健康保険や労災保険、労働環境などの組合です)の先輩です。

建労で教宣部長をしていた時にその役員会で地連が隣であったということで席が隣りどおしでどちらからともなく声をかけて、また、会議後の懇親会でもお互いにお酒が好きということで意気投合、いろいろなことを教えていただきました。

一番の思い出は、その誰にでも好かれる人柄、です。先輩のお話は非常に上手で面白くて、かつためになりました。

「この役員会は、建労の行事の中で我々部長にとっては最も格式の高い(という表現だったかどうかは確かではありませんが意味はそういう風にとらえました)ものである,よって服装は○○では違う、○○はしょせん遊び着じゃけえ」

「記事は正確さはや5W1Hはもちろん読者をいかに引き付けるか」など多くの教えをいただきました。

教宣部長とは組合の機関誌に地域の行事や話題を投稿し、組合の広報活動の一端を担う役員です、私は第9地連の教宣部長でした。投稿数に応じて表彰されたりもしますが県下では私が3、4番手先輩はいつもわたしよりも上位でした。

2,3年前でしょうか、先輩から癌であることを教えられましたが懇親会でも普通にふるまわれ今頃の癌だから問題ないものと思っておりましたが今回の弔問で、癌は見つかった時からリンパ節に転移があったようで摘除手術もできず抗がん剤での治療を続けられていたようです。そういわれれば前回の懇親会ではお酒を口にされなかったように思います。

昨年も夏ごろに記念碑の移転の見積もり依頼があり、庭関係の見積もりをお願いするためにお会いしたばかりだったのです、その時はこんな訃報に接するとは思いもよりませんでした。

あまりにもも早すぎる死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です