自動飛行 目視外認可

遠隔地への物品運搬試験用の機体の目視外飛行の許可書が本日届きました。

申請からメールでの修正が3回程度(週に1回のペースでした)、申請初日(2月1日)から約1か月かかりましたが、手元で飛行状態が確認できない機体(機体の追加基準にはそのままでは適合していない)なので許可を出す方も慎重になったものと思われる。

遠隔地へ物品を届けるための飛行のノウハウを得るための試験飛行で途中での機体ロストも考えられるので、できるだけ損失リスクを減らすために機体はモノ、費用とも軽量にしたかった。

また、遠隔地へ、かつ、山にさえぎられている場所に飛ばすのだから機体の状態を手元でわかるようにするには携帯電話の回線を使うか(これも携帯の圏外では不可能)商用電源の電線に重畳させるかなど重装備が必要。

飛行の方法や道路上空の飛行には、などと注意をされたが許可書をもらった。

また、3か月に1回飛行実績の報告が課されたが、これはこれでいろいろな飛行の許可申請のための実績を積むという意味では歓迎したい。

天候とサポートをしてくれる人たちと協力で試験飛行を開始します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です