GPSアンテナ

弊社プレハブの屋根にGPSアンテナを設置し、u-centerで30時間程度のGNSS観測をして座標の決定をしつつあります。

アンテナは高価なものではないのですが一応それなりに動いてくれており、広島私立大学の基準点を使って観測するとちゃんとFIXしてくれて小数点以下8桁以下しか変動しない状態になっています。1センチ程度の変動、高度に関してはもっと制度が悪いです。

教科書通りに約30時間程度ログを取ってRTKCONVでデータを分離、近くの戸河内Aという国土地理院の基準局のデータをもらってPPKしてExcelでFIXしたデータの平均を取って、という作業をやっています。ログを取るのはほっておくだけですから大した手間ではありません。またPPKもデータさえもらえばパソコンがやってくれます。

ログを取っている状態、日本のみちびきも受信しています。GPS(アメリカ)とBeido(中国)のGNSSを受信中。

受信強度は40db以上あるので十分だと思われます。

ただ、地形的に空が狭くてマルチパスや衛星の数も多くは(もっと開けたところと比べて)受信できないでしょうから最良な仰角などを決定してやらなければいけないと思います。

これで観測を続け、最も正確らしい値を決めてやります。そして基準局として活用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です