確からしい  最確値

学生時代(もう40数年前の事)に習ったことです。

「確からしい数字。」

例えばA4のコピー用紙があったとしてそこに10cmの間隔で2点、ボールペンで点を書く。その2点間の距離(寸法)は???

正確には、10センチよりも0.数ミリあるは数ミクロン、本当の10センチよりも短いかもしれないし長いかもしれない。

正確にはその2点間の距離は神様にしかわからない。まず10センチというのが絶対的な数字ではないこと。

今のところ絶対的な数字は光速。(らしい、知っている情報の範囲です)(光の速さは不変らしい)

距離は時間x速さ なので、時間が絶対的ではないので当然距離も絶対的ではない、はず。

GNSSの観測で地上の基準点各点の座標も違っている、理由は別にしても現実として日々変わっている。

弊社のプレハブ屋根設置のGNSSアンテナの座標を決定しようとしていますが、24時間あたりでも変化がすごい、数センチ単位で移動している。

もっとも座標の決定に使わせてもらっている国土地理院の電子座標もやはり日々変化している。

うちのGNSSアンテナでも国土地理院の電子基準点の座標と同じ程度の変化しかなくて改めて機材の低価格化に感心。かつ感動、感謝。

弊社のGNSSアンテナの座標が公開できるのももうすぐです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です