GNSSアンテナ交換

GPSのアンテナを交換しました。今まではアマゾンで購入した無名の屋外用の物で、2千円弱。使ってみましたが、FIXしてくれないし、しても時間がかかるし、また、スタティック観測の後、戸河内AとPPKをしても高度(標高)の数値のばらつきが大きかった。また、この基地局と移動局とでRTKをしようとしてもなかなかFIXしてくれない。基地局と移動局がほんの十数Mだから、と期待をしてやってみたが思った以上に時間がかかるし安定もしてくれなかった。

グランドプレーンの不足かとアルミ板を追加接着してみたが結果に大きな違いはなかった。そこで今回のアンテナの交換ということにした。

今度は普通の(安売りではなく)名前の通った(トラ技に載っていた)アンテナを購入。1万6千円ほど。同軸の接続に必要になったコネクタも購入。

最近では屋外はすっかり寒くなってきてプレハブの屋根の上での作業は寒かったが何とか交換を完了してU-CenterにつないでみるとGPSの信号強度が6db程度違ってやはりアンテナの違いは大きい。

以前のアンテナでは50dbに達したことはなくこの画面では見えないが50dbをはるかに超える信号もあることがある。

早速一番近くの広島市立大学の善意の基地局とのRTKを試みた(市立大学の基準局には感謝です)

前回の市立大学のマウントポイントでは繫がらず、おかしいなと善意の基準局のHPを見てみるとマウントポイントが変わっていて基準局の内容がVerUpされている模様。マウントポイントを設定し直してやってみるとすぐにFIX。今までとの違いは大きい。

市立大学の基準局のとRTKでも(基線長は20km以上ある)しっかりFIXして安定した位置を出してくれている(右側のPLOT画面は1マス1cm、つまり1cm程度の揺らぎしか出ていない)

そこで24時間のスタティック観測の後、戸河内AとPPKして座標を決定、本日の再公開となった。

改めてこの自前基準局と移動局でRTKをしてみたら、面白いようにすぐにFIX。また以前のような明らかなミスFIX(高度が明らかにでたらめな数字でのFIX)もなくて基準局のアンテナを良くした効果がはっきりと出た格好。

これでああれば善意の基準局として十分に使っていただけるものにできたと思われる。

また、弊社でもこの基準局の精度を上げて、ドローンの精密飛行につなげていきたい。

水平方向で1cm、高低方向でも数センチ以内の精度を持った飛行ができそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です