自動飛行許可申請 

遠隔地への物品の運搬(具体的には安芸太田町那須地区)のための試験飛行を実施するための1年前の飛行許可が今月で期限切れ。(監視体制などで実現できていなかった)(それ以外の地域への試験飛行はいずれも成功している)

そのために更新の申請をしていたが、本日、申請書を紙で出しなさいとのメールがきた。無事に許可が下りそうである。

今回は再提出が3回、昨年の申請に比べれば少ないという印象ではあったが、毎回の修正指摘が前回と比べて厳しいという感じがしていた。やはりご時世と思う。だんだんと飛行に対する規制が厳しくなってきて、弊社の飛行マニュアル自体も相当の変更の指導を受けた。

今回の試験飛行でも機体は弊社独自の自動飛行の機体で、カメラなどは装備しておらず飛行に関しては機体の監視者を配置する位置を地図上に明記しろ、など昨年の申請ではなかった部分の追記を指導された。

いずれにせよ、遠隔へき地への運搬を担ってくれるであろう機体の試験である。社会に役立てたい。

今回の申請書 総枚数は80枚 かなりのボリューム

今回の許可された機体は3号機、4号機とKawau-2の3機、 電波の届かない距離への飛行のためもしもの時に被害の少ないBasicな機体で飛行ルートや飛行速度などのノウハウを得る。

飛行実績では弊社から井仁 坪野善福寺駐車場 見入りが崎運動公園 までの自動往復飛行に成功している。飛行時間は往復で20分以上が可能。

本来の目的である那須までは標高差が600m程度ありドローンにとってはかなり厳しい道のりのはずである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です