MetaShapeでの検証

某測量コンサルタント様より計算結果までの時間がかかりすぎるとのことで相談を受ける。テラマッパー使用とのことで、MetaShapeでもやってもらえないかと。

Phantomでの飛行で点群計算にあと180時間とか表示される模様。(1週間とかの時間)

弊社でも計算を開始、MetaShapeの自動評定点抽出では、このコンサルタント様使用の評定点マーカーにマンホールまで加えて表示される。上空から見たら確かに、と納得。手作業でこれらを削除して、もらった座標値を与える。中央当たりの点は検証点にする。

その前に、写真のアライメントを取った時に最初は気づけなかったがよく見てみるとあり得ないところに点が現れている(地下はるか深いところ)この原因は今のところ不明であるがもしかしたら高度が違う飛行を同じところでしたものの写真が混ざっているせいかもしれない。(これは今後の検証が必要である)測量コンサルタント様の意見としてはホバリング撮影のせいではないかと言われたのだが、それでは説明ができないような気がする。

不要なポイントをすべて削除して、また、計算範囲も不要な部分はカットして計算開始。

一晩ほどで結果が出たが、週末に当たり報告ができず月曜日に計算結果を報告した。

その後、測量コンサルタント様でも計算ができたようで(これはテラマップへの相談の後解決された模様)、また同時に観測されたInspireのデータと思われる。

弊社での計算結果と測量コンサルタント様との測量結果がともに精度を満足して同じような結果を出していることを確認していただきました。

弊社のパソコンはCPUは i9 グラフィックボードもかなりの物(2080)を積んでいます。今後、測量のみならず、3次元の立体計算にも役立てていきます。

今回のデータは引き続き2.5次元データまで計算させています。膨大な(パソコンにとっては)データ量です

さすがにMetaShapeでは表示に時間がかかります。また、普通の並みのパソコンではメモリ不足やフリーズしてしまう大きさになりました。

同じものを普段使いのパソコンにやらせると精度を3段階落としても3日では終わりませんでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です