RTK観測

以前からやっておきたかった弊社周辺地点の正確な座標値の取得。

大型連休最後の日に実施してきました。新型コロナウィルス問題で一人遊びと(単独行動)空気の流れはものすごくよいし(アンテナが倒れそうなくらいの強風が吹くときもあり)で、最適な日。

基準局は自前基準局。RTK2GO.COMとラズベリーパイ、でネット上に公開している(時々、運営がストップしますが)この日は間違いなく動作していることを確認して、バッテリーが元気な手持ちのノートパソコン(バッテリーが元気な器械は手持ちの中では1台だけ、ほとんどがヤフオクで仕入れた中古のノートパソコンなのでACアダプタが無いと動作しない器械ばかり持っている)この1台はこういう時のため用の物でバッテリーは一度交換している、性能自体は良くない、昔のi5の器械。に携帯電話回線使用のデータ端末を繋いで観測に出かけた。(スマホのテザリングという手もあるが、あえてデータ端末を使用、虫干しの意味もあり)

弊社を囲むように上空からの目印になるところの座標を測って数字を撮影記録していった。

基準局のアンテナを高価(比較的という意味で、もっと高価な高性能なものもありますが)なものに交換してから格段にFIXまでの時間は短くなった。上空視界が良いところではすぐにFIX解が得られて測定値もLL(北緯、東経)は8桁目が動くくらい(ミリメートルの動き)の数字が得られた。

高度に関しては、やはり、教科書通りの性能で、2,3センチの動きがあるが、大した問題ではないはず。

以前、測量コンサルタント様より依頼のあったPhantom4での撮影写真が点群処理に時間がかかりすぎるという問題の時の評定点のデータでも普通にこれ以上の誤差が含まれていた。(本職の測量コンサルタント様が測定した数字でもという意味で、精度が良くない評定点はやはり建物のそばとかであった)

弊社周りの地形は両側が山に囲まれていて空が細長くて狭いため山に近いところではFIX解が得られるまで非常に時間がかかったり、また、1か所は数分待ってみたがFIX解が得られそうになかったのであきらめ、地点を移動した。

いずれの場所でもネット上での弊社基準局は順調にデータを送って来てくれていたし、また、衛星の信号強度も十分にみえた。

1か所でのFIX解を10エポック以上記録して(撮影して)数か所の座標値を得た。

FIX解が得られており、上空視界が良いところではFloatに戻ることなく安定した数字を表示し続けてくれていた。8桁目が動く程度、つまり1センチ以内の数字が得られているということ。

精度は基準局が自前基準局であり、絶対値(VRSでかつ高精度、かつ高価な検定済みのGNSS測量機を使って得た数字ではないという意味)では無い物の、RTKという測定法の為、基準局との相対位置ベクトルはそれなりの精度が出ているはずである。

今回測定した地域のUAV撮影の写真データは持っているので今回の座標データを入れて再計算させてみる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です