技適 テレメトリー

今回、自動飛行でのテレメトリーが合法的に達成できましたので報告します。

使用した技適付きのXBee   アンテナがプリント基板型のモノ。

これを設定して(専用ソフトをダウンロードして設定する、理解してしまえば簡単、であるが最初はちょっと手間取った)フライトコントローラーのテレメトリ端子に接続、もう一個は写真のようにUSBケーブルでパソコンに接続。機体側と基地局側で通信させる。

今回は普通のヘリ(マルチコプターではなく)に付けて自動飛行をさせてみた。機体を外に置いて部屋の中から起動してスイッチだけで離陸させて自動飛行に移らせる。操縦としてはこれだけ(スイッチを倒すだけ)

飛行する軌跡はパソコンの画面上にほぼリアルタイムで映し出される。

(プレハブの窓から撮影した)

完全に手放しの飛行、機体は450クラスの電動ヘリコプター、自動飛行の設定もほぼ終わって機体自体は離陸時さえ気を付ければドローンと同じ程度の飛行技術があれば飛行させることができるまでに調整された機体。フライトコントローラーのおかげである、このフライトコントローラーに飛行位置を記憶させてその地点を通過するように自動飛行ができる。

テレメトリーについてはこのフライトコントローラー専用に作られて特別な設定が不要(つなげば認識されてそのまま使える)なものも売られてはいるのだがこれらは日本では非合法的(技適が無い)なものなので電波暗室の中でしか使用することができない。

今回のXbee の使用によって合法的、かつ比較的長距離でのテレメトリー飛行が可能になった(カタログ値で1.2km)

今回は450タイプのヘリであるが550タイプのヘリコプターも同じフライトコントローラーを使用して安定に飛行させることができているのでますます自動飛行の範囲、用途が膨らみそうである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です