目視外飛行許可申請 修正依頼

今月初めに確か3回目の修正をして提出した自動飛行試験1号機2号機の申請について昨日、二たび、三度四たび?修正依頼が。別に申請していた3号機4号機KAWAU-2については4月初めに飛行許可を取得済み。

修正依頼のメールはだいたい、金曜日に届くのがパターンのようで。

目視外飛行については、申請の度に条件などが厳しくなっていて今回は監視場所の周囲の状況の写真の提出,が一番今までとは違った所。

で、今回の修正依頼は、仕事の都合で本格的に見たのが今日の夕方であったが、内容は意外にも書式の修正だけ。

提出した書類の一部の書式が古いので,国交省の無人航空機のこのページのこの書式で提出しろ、とのこと、だけ。

もしかしたら、もうすぐ1号機2号機も目視外飛行の許可が下りそうである?

山間僻地への安価な自動飛行を実現させるべく引き続き取り組んでいきます。

シミュレーター上では完全に安全な飛行はできているのだが、いざ実施となるとどうしても監視員の配置や、また、機体のロスト、なども考えてしまって。

しかし、那須への自動飛行成功させます、実行に移せます。

1号機から4号機そしてKAWAU2と合計5機体制で試験飛行に望めそうである。

おりしも、明日は安芸太田町の町長選挙投票日。(だから???)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です