ドローンの操縦免許と安全運行管理者

本日、来客あり。

ドローンについていろいろと教えてほしいとのこと。コロナ禍の中でドローンを新規に何かに使いたいとのこと。

その中で、やはりドローンの操縦免許の質問があった。

基本的にドローンには操縦免許などは必要ありません。存在していません。ラジコンの飛行物体です。(ある意味おもちゃと同じ扱いです、ただ非常に便利なので撮影等仕事にも使われるようになってきました)

操縦用の電波も免許の要らない周波数帯を使っています。(家庭用のWiFiと同じ周波数帯、信号の載せ方が違うけれど)

また、世の中には公認のドローンスクールとうたっているところもありますが、弊社スクールと同じ国交証ホームページ掲載講習団体というのが正しい。国交省のホームページに掲載されるにはそれなりの人もの経験知識、と勿論審査がありますが、決してドローンの免許が出せる公認の、とかとは全く違う。

しかし、全く何もわからないという人はうちのようなドローンスクールで正しい技術と知識を学ぶことはよいことだと思います。

飛行許可が必要な飛行などをするときに申請する書類の一部を省略できる、と、いうもので、ドローンスクールの認定証が無くても書類さえ整えてかつ、飛行経験などが証明できれば許可される。(書類の数は少なくは無い、また、この分野に進出しようとしている司法書士さんなどからのDMもたくさんと届いてはいるが)

安全運行管理者、これは企業などで仕事としてドローンを飛ばす時に書かなければいけないようであるが、その会社の経験豊富な人が安全運行管理者になればいいだけで法的には何も決まっていない。

安全運行管理者講習などと言って講習をしているところもあるが、法的には全く必要の無い物である。

ドローンを飛行させているのだから安全運行管理などは、して当たり前、決まり以前の問題である。これも前記の理由と同じであるが、全く経験のない人ではそれなりの学習は必要である。

人が乗る飛行機などでもあれだけちゃんとした整備をして熟練のパイロットが操縦しても墜落があるのだから模型のラジコン飛行物体が墜落しないなどは無理な話で、しかし、墜落させないように細心の注意と整備と自己研鑽は必要不可欠、人の物の上空を飛ばす時などは細心の、なおかつ最高級の細心が必要であることは言うまでもない。

何事もそうであると思うが正しい情報と(そのためには正しい情報源は必須であると思われる)正しい知識で対応したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です