1,2号機 飛行許可へ

今日、国交省の担当者さんから申請書を紙にして送るように、と、メールが来ました。

今までと同じパターンでメールは金曜日に来ました。

今回の飛行申請は自動飛行試験1号機と、2号機、許可書が届けば、1,2,3,4号機とKAWAU-2の5機で遠隔地への自動飛行試験ができるようになります。

目視外飛行の自動操縦の飛行許可申請で、今回はたぶん5回メールのやり取りをしました。前回の申請に比べてとても審査が厳しくなっているといった実感です。

機体の準備はいつでもOKですし、コースの設定もパソコンの中にちゃんと保存してあり、また、シミュレーター上では無事に到着しています。

後は実施するだけ、天候とメンバーを見て実行します。

3,4号機KAWAU-2では申請書を紙にすると80枚を超える量でしたが今回は設定ソフトのマニュアルやら監視場所の写真などの追加資料がありますので前回の80枚を大きく超える量になるものと思います。

明日にでもプリントアウトして、そして送ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です