津浪地区 詳細写真地図

詳細写真地図、と普通の人にもわかるような表現をしましたがオルソ画像です。ヨシムラドローンスクールのインストラクター、森脇さんが合計5日間もかけて津浪全域を撮影してくれました、先日このデータを受け取って現在メタシェイプにて画像合成中です。

正式な測量に使うわけではないので評定点などは入れませんがそれでもかなりな精度でのオルソ画像の作成ができることはわかっています。

写真の総枚数はおよそ6千枚、50数ギガバイトに達します。合計6個のフォルダに入ったデータとして受け取りました。津浪全域を6地区に分けての撮影でそれぞれが別のフォルダに分類されています。そのため別のフォルダに同じ名前の(例えばDJI100-1)別の場所の写真があってそのままでは扱いにくい。それぞれのフォルダの中身(これが約1000枚)を別の名前に変えて(もちろん自動化してです、1枚1枚名前を変更などはとても人のやることではありません)そして縮小して1枚のオルソに仕上げました(これはまずは全体像の把握のためです、縮小してからの画像処理なので細部を見ればひずみがかなりあります)(20%に縮小した写真で画像処理、それでも面白いように細部まで立体視が可能)

そしておとといからは高精度な画像処理、さすがに1000枚の高精度処理はうちのGeforce2080i搭載のパソコンでも時間がかかっています。アラインメントと点群まで手動で処理しましたがその後はバッチ処理をさせて今現在も静かな冷却ファンの音をさせながら計算処理してくれているはずです。

故郷の画像を残すというかなり美しい作業(業務ではない、まだお金がもらえるようなものにはできていないので)を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です