OpenDroneMap

MetaShapeを保有し、Phantomなどで撮影した鉛直空中写真からオルソ画像などを作成したりしています。またそれらを使った3次元化にはいろいろな用途がありこれからも活躍してくれるものと思います。

このようなソフトには前述のMetashapeのほかにもPix4D等いろいろなものがあるようです。が、フリーの物もあります。OpenDroneMapというのがそれで、この操作をGUI(グラフィカルインターフェース)にしたものがWebODMというもので、基本的にはLinuxの上で動くもののようです。

そのため手持ちのUbuntuのパソコンに入れてみました。情報はネット上の物だけですが、Ubuntuに入れるのにはその情報の通り少し苦労をしました。ライブラリの依存関係が満たされずに簡単に入れられる Ver.とそうでないものがあるようで依存関係の解明の前に安易に Ver.を変えてOSの入れ直しをして動くようにしました。

それではと、今度はWindows10のモバイルのノートに入れてみましたがこちらは思いのほか簡単に動くようにできました。基本的にはDockerという仮想化ソフトの上でWebODMを走らせるということで、仮想化OSのメモリの量などの設定はありますが、やるべき事を守れば(Dockerを入れてPythonを入れてGitを入れてそしてGitHubの中に書いてあるやり方通りに)動くようになりました。

ただ、インストールはインストーラーを走らせてOKというわけでは無く、インストール中にもいろいろなファイルをダウンロードしながらやっているようで最初は赤い文字でFailedが4,5個並んで、あれ??まともに走らない??とも思いましたが、ルーターのLEDを見てみると一生懸命何かをダウンロードしている様子で、ここはひたすらじっと待つ、が必要でした。

一度そのFailedを通り越せば次の起動ではその部分はちゃんとしてそしてブラウザから演算ができます。

同じ写真群をUbuntu とWindowsとで加工演算させてみましたが、やはりNativeのUbuntuでしたほうが処理時間は短くて済むようです(当たり前といえば当たり前ですが) テスト用に整理した写真20枚を処理させてみましたが明らかにUbuntuのNativeの方が、性能的には明らかに早いWindows10よりも上です。ただし、Dockerを使用するためにメモリは8GB搭載の半分程度にしています。

まだ、GCPの設定方法などには至っていませんし、また、Metashapeに比べると扱えるファイル形式も限られているようですが、それでもフリーソフトで点群処理ができるというのはすごいと思いますし、また、それなりの需要もあるものと思います。

弊社でもこのフリーソフトのインストールや使用について講習ができるものと思います。途中Gitやターミナルをいじるという工程があり、一般的にはインストールはかなり高いハードルだと思われます。そして、パソコン自体にはかなりの性能が求められます。

今後の画像処理についても精通していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です