安芸太田町 土砂崩れ

7月13日の安芸太田町土砂崩れの現場 撮影は森脇さん

高度を変えて位置を変えて何枚も撮影 点群化ソフトを使用して点群に ここはうちのCore i9とGeforce2080搭載のパソコンで高速処理 写真枚数は20枚程度、ほんの10分ほどで点群に処理(点群密度は最高品質で)

今回は土砂崩れの部分を切り取ってみました。

そして体積(土量)の計算

今回は写真の地点の位置情報が空撮機体 PhantomのGPS情報だけのため、かなりの誤差があるものとは思われます。また切り取り方によっても違いが出てくるとは思われますが、それでも災害現場に人が直接行くことなくこの程度の作業ができています。正確な位置情報は災害現場の付近で(災害現場の直近に行く必要はない)GPS-RTKで位置情報を得れば簡単に得られる。

使用したソフトはMetaShape。前回紹介したフリーのWebODMではありません。さすがにWebODMではここまで簡単にはできません(もっといろいろな手順を踏まなければいけない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です