ルールを守って

本日、広島市内の撮影依頼のための人口密集地での飛行の許可申請をした。弊社の所在地が田舎で普段の飛行がほとんどその近辺であるため久しぶりにDIPSを覗くことになった。

そこで感じたことを少し。

人口密集地域で飛行させるには最新の障害物検知機能を持った機体でないとDIPSを使ったスムーズな飛行申請は難しくなっている。

プロペラガードは必須のようである。そのためあらかじめプロペラガードを装着した機体の写真をパソコン内に保管しておくことが申請時に役に立つ。サイズは写真サイズの変換ソフトなどを使って小さくしておくことが必要で(2Mバイト以下)ある。(簡単な方法はウィンドウズのペイントを使ってリサイズしておく)

また、正規の弊社のようなドローン講習施設で講習を受け認定証を受けていたほうがはるかに申請が簡単であること。今回は当スクールインストラクターの森脇さんに飛ばしてもらうが、必要事項は飛ばす機体と認定証の番号とその写真かPDFなどの電子的資料(これもパソコン内にあらかじめ準備しておくと良い)くらいで、申請自体はすぐに完了した。

また、これは賛否もあろうと思われるが許可書(承認書)は紙で受け取る、にしたほうが(これは許可後に返信用の封筒などを送らなければいけないが)、対、一般の人に対しては、この飛行が正式に許可あるいは承認されたものであるとアピールしやすいものになると思われる。

弊社で受講された測量コンサルタント様が電子的な許可書にして、そのPDFをプリントアウトした時に朱印が無いので、と、相談を受け、国交省に問い合わせてみたが、国交省としては電子的署名があるので効力に問題はありません、との答えであった。が、対、一般の人に対してはまだまだ朱印の効力は大きいと思われる。

この時に電子的署名を紙に打ち出す方法をいろいろと探してみたが一般の人にわかるような印刷方法は見つけられないでいる。(一緒にあるファイルをテキストとして打ち出せばそれなりの事がわかるのではあるが一般の人に見せても??と思う)

ドローンは簡単に飛ばすことが出来るが、その簡単さゆえにいろいろな人が、いろいろな所で飛ばして、いろいろなことを起こして、そしてその結果、ドローンを飛ばせる空間をどんどん狭くしていっている。

これは、例えば昨今のネット上の書き込みなどにもみられるようなものと似ていて自由がゆえになんでもできたのだがそれゆえ基本的なことを守らないでいると自由な所を自ら狭めてしまう。

拙者は最近ではあるがULPで空を飛ぶようになった、が、そこで改めて感じたことと同じであると思う。大空は自由であるが、それゆえに守らなければならないものがたくさんある。ゆえに自由に飛べる。

ドローンの飛行規制がこれ以上厳しくならないように正しい飛行を励行していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です