農薬散布用FC K3APRO

農薬散布用のFC K3APRO の試験飛行中です。

FCとGPSアンテナが2本、地形検知用のレーダー1個、流液検知のセンサーと電源ユニットがセットで売られていた。GPSアンテナが2本あるということに関してはヨー軸の安定が図れるのではないかと期待される。

数年前からストックとなっていた未組み立てのTarot680を急遽組み立てて、このFCを積んで、最初はレーダーも付けずにただ飛行ができるようにした。

DJIの物とは違って高度も高く設定(DJI N3-AGでは設定ソフトの窓枠が3mが上限であったように思う)できるようであるし、また予備の自由に使えるチャンネルが2個ある、ただ、これらを全部使おうとすると14チャンネル必要で、FUTABA14SGの出番となった。

最初から割り当てられているチャンネルがあって(例えばフライトモードとか)自由に使えるのは10と11チャンネル。それでもDJIに比べれば自由度ははるかに大きく、また親切である。最初はこのチャンネルをTarot680の引き込み脚に割り当て手試験飛行させ、ちゃんと動作することを確認している。

GPS飛行時にA地点とB地点(要するに長方形の農場だとすればその端の散布の始点と終点を設定してやれば後はそこからどちら側に散布するのかを教えてやれば設定された散布巾で自動にジグザグ(正確な表現ではないが)に飛行してくれる、なおその際ポンプも自動的にON OFFされるようである。

農薬を散布するためのポンプの端子にはとりあえずLEDを繋いでその動作の確認をしているが、自動飛行をさせると間違いなく散布しなくても良いと思われるところではLEDが消灯しているようで少し愉快になる。散布モードが2通りあるようなのでこれらもこれから確認していく。

その後、地形レーダーを繋ごうとしたが、コネクタの向きを示す突起部分が削られていてどの向きに差し込めばよいのかわからなくてテスターでFCの端子を当たってアースと電源を確認して接続してみたが(これは本来削られていなければ差し込めない方向)設定ソフトからレーダーを認識してくれなく、それならと逆に接続してみたがこれも認識してくれない。それで購入したRC-Hobbyにメールで問い合わせたところすぐに丁寧な写真付きの返信が来た、結果は最初に繋いだ向きが正しくて、それではこわしたかも??と心配をしたが結論は認識してくれた。パソコンとつないだだけでの電源供給ではレーダーは認識できず、動力用のバッテリーを繋いで初めて認識できるようである、(消費電力を考えれば、あるいはそれゆえか、ある意味納得)またレーダーの前に障害物を置くとちゃんとそれらしい距離を表示してくれた。

実際の飛行に関しては地形レーダーを有効にして(有効、無効を切り換えるチャンネルも設定が可能、これらのために結局14CH必要になってくる)飛行させると地面に合わせて高度を変えて対地高度が同じになるように飛行してくれる。ただ、その精度や癖とかがわかりきっていないのできわどい飛行はさせていない。

また、今回はポンプの動作がONとOFFだけしかできていないが本来ならば送信機のVRに割り当てて散布量の調整ができると思われるので、これからの試験飛行で確認していく。

低電圧警告や自動リターンの高度などがまだ設定しきれていないのでこれからの課題である。

いずれのしても技術の進歩は素晴らしく弊スクールにおいても農業用ドローンの講習についても取り組んでいく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です