GNSS 基準局

弊社プレハブ屋上のGNSSアンテナ、久しぶりにネット上に公開させようと昨日からデータ収集、24時間以上の観測をして先ほど戸河内AとのPPKで位置の計算を終わらせ、これまでのデータと比較した。

結論は数センチ(1,2センチ)の違い。ほとんど同じ数値が出てますます位置精度に自信を持っても良いような結果となった。

明日には善意の基準局の数値を今回の数字に改定して公開して利用する(利用してもらう)ことにする。

GNSS-RTKの性質上、移動局との位置ベクトルはとんでもなく大きく違うことは無いのでこのこの基地局のデータが大事で、近方の観測ではかなりの精度が得られるものと期待できる。

仕掛け自体は貧弱な構成の弊社自前GNSS-RTKではあるがその性質上、かなりの精度を期待してよいと考える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です