QGIS を Ubuntu で動かす

QGISを自宅パソコン(自宅パソコンは使い古しの、Windowsでは重すぎるようになってしまった1,2時代前の物を使っています)(仕事用には本当にいいものを使っていますが)に入れて試用しています。

WindowsでのQGISのインストール方法は比較的簡単で、すぐに動かせるようにできましたがLinuxにはそれなりのノウハウがいるようです。

別のUbuntu 機にも入れてLasToolが動くようにできたのですが、今回は自宅用のLubuntu機(Ubuntuには重たすぎて実用にできなかったためLubuntuをインストールした機械)に入れてみたのでその報告。

QGIS自体はHPの通りインストール、https://qgis.org/ja/site/forusers/download.html のLinuxのところから Debian/Ubuntu用のところへ行って説明どおりにターミナルから打ち込んで(実際にはコピペ)(必要なToolをインストールして、リポジトリの追加をしてから本体のインストール)前回はコードネーム(ニックネーム)がパイ(Verが3.14だからだと思うが)だったが今回のものは3.16であった。

そしてLasファイルが見えるようにLasToolをインストール。

これにはLinuxでは前段階としてWineのインストールが必要でそしてその在り処を指定してやる必要がある。

これらも無事に済んで、自宅用のLubuntu機もLasファイルが見えるようにできた。

このLasファイルはQuitaで見つけた静岡県庁のHPからのレーザーのデータ。

これはスクリーンショットですが、実際にはマウスで3Dとして動かすことができます。

(これらを説明してくれたQuitaの記事に感謝します。)

LasToolフォルダは普段は見えては目障りなので隠しフォルダにしておきました。きれいにホームフォルダ内が整理されたように見えます。

前回のUbuntuへのインストールではQuitaの記事に習い Fusion も入れようとしてみましたがこちらはどうもWindwsへの直接のインストールだけのようだったので現段階ではLinuxで動かせるには至っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です