測量士 試験受験

測量士の試験、受験してきました。

本来ならば5月に行われる予定でしたが、コロナ禍で延期され昨日の施行でした。

測量士についてはドローンスクールの活動範囲の拡大が望めるのではないかという事からの取り組みです。決して測量分野の方々の領域を犯そうというようなものではありません。

出身校が土木系ですので測量士補は持っていたのですが、やはり補が付くのと、そうでないのでは。と、の思いが強く。

ネット上の記事などから過去問を中心に勉強をして、基本的に取り組み方は一晩漬け、ならぬ3ヶ月漬け、が大方針でしたが、試験が延期されて計画は大幅な変更を余儀なくされ、かつ、モチベーションも下がってしまって。

過去5年間の過去問は一通りこなしましたが、なにせ年齢が邪魔をして同じようなところを同じように間違えてしまう、というのが実情でした。

獲らぬ狸の皮算用的には、午前の選択問題で、できれば9割、(28問中の2問か3問だけ間違える、という皮算用、これで625点)午後は記述式で難易度が高いので4割ちょっと程度取れれば良い、(これで300点)合計925点で合格点の910点を超えて、。

しかし、昨日の午前の選択問題は新しい問題が多くて完全にアウト。皮算用分は間違いなく取れていない。(取れていないという自信はあります)

午後の記述式も新しい問題が多くて、やはり大問題。でした。でも

感覚的には午後は4割よりは取れていたような気がしますが。

自己採点はしないことにしました。来年1月18日の発表を静かに待ちます。(完全にダメという気もしないし、もしかしたら、とも思えるような状態です、運が良ければ。。。)

午後の必須問題にも新しい問題が(過去5年間はなかった問題が)出ていたように思います。流石に合格率が例年1割台の試験であるということを実感してきました。

午前2時間半、午後2時間半集中して問題に取り組み最近では感じたことのない短い2時間半ずつを机に座って頭をややオーバーヒートさせて。

試験終了後は友達と広島の街でお食事と飲みと。連休とはいえコロナ禍と日曜日の夜ということもあって広島市内はそれほど賑やかではありませんでしたが、おいしい食事と美味しいお酒、久々の友人との時間を過ごし、オーバーヒートした頭のクールダウンをしてきました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です