国鉄2万キロ標

ネット上の記事に太田川流域の紹介があり、その中に国鉄2万キロ標の写真があった。

これは管理者自宅のすぐそばにあるもので有限会社吉村石材店が寄付、制作設置したものです。

文面は当時町史の編讃をされていた地元の今は亡くなりましたが西藤さんに考えてもらいました。

弊社が石板を寄付するまではその位置にはくぼみがあってかつては金属板がはめてあったのではないか、と思います。

さすがに弊社が寄付するのですから石板です。

そのころはこれほどあちらこちらに取り上げてもらえるほどのものとは思っていませんでしたが。

石材の仕事、光栄です。後々にずっと残り続けます。

事業譲渡1か月

新しい経営者に事業を譲渡して1か月経過しました。旧経営者の私の責任が残っている仕事は残すところわずかになりました。

一つは譲渡前から請け負っていた墓石の新設、もう一つは湯の山若鯉の森記念碑の感謝状の授与。

このブログも新しい経営者に譲ることとして株式会社ヨシムラ関係の記事を削除していきます。

新しい経営者の元、吉村石材店を引き続きお引き立ていただきますようにお願いいたします。    吉村

GPSアンテナ不調

昨年の暮れあたりからGPSアンテナが不調、わかってはいたのだが寒さなどで修理する気になれずに放っておいたのだが、気候も良くなり弊社プレハブの屋根に上がってアンテナを下した。

GPSアンテナと延長用の同軸ケーブルのつなぎ目が悪いのではないかとあたりをつけてはいたのだが思った以上につなぎ目はきれいだった。自己融着テープで保護されてはいたようで、ほかに原因あり、あるいはアンテナ自体の不調かとも考えた(これが一番金銭的には痛い)

アンテナとその付属ケーブルだけで試験をすると好調に受信できる、さればと延長ケーブルをつなぐと最大で25dbくらいにしかなってくれない。

原因は延長ケーブルかとテスターで導通を見てみたが異常はない、

しかしよく見てみると明らかに芯線が短くない?????

これではまともにコネクタに繋がっていないはず。原因が分かったが、さてこれをどう修理するか。

もっと太くて損失の少ない同軸ケーブルに交換したいのだが。

単体では室内であっても50db程度の信号がある

このGPSは草の根基準局YOSHIMURAとしてネット上にその座標を公開して弊社でもRTKでの使用をしていたもの(前記のような理由から停波していた)

同軸ケーブルを交換あるいは修理して再び公開を目指します。

 

湯の山 若鯉の森記念碑

弊社施工の記念碑が今日の中国新聞、広島都市圏版に掲載、昨日落成の式典がありました。

 

(中国新聞3月16日広島都市圏版より)

総工費は間違いなく記事の通り、本当の大出血サービス、有限会社吉村石材店として最後の記念碑。(だから引き受けた、たぶん20万円くらいの赤字)

あの狭くて高いところにあの重さをよく上げたものだとほめていただきたい。重量物を扱う本当の石材店の本領発揮。

わがカープの新入団選手の記念碑の施工が最後の仕事としてできたことは石材店冥利に尽きる。

施主様に感謝したい。また、この工事に携わってくれた弊社の仕事しさんたちにも心からの謝辞を言う、ありがとうございました、いい仕事が残せました。

施工に際しては文化財保護のための非常用消火設備の電線の仮移設(山陽防災設備)、クレーン業者(株式会社中前)、カニクレーンレンタル(三共リース)銘板の制作(広島ネームプレート工業)様の力を使わせていただきました。(もちろん値切りなどは一切しておりません)

(この完成形が石材店として最後の仕事の矜持です)

石材店として後世に残る良い仕事ができて有限会社としての吉村石材店を終えることができました。子供のころ先代から聞いていた湯の山明神社での仕事のことからおよそ40年、私が最後の仕事として湯の山、と、いうのも何か縁を感じています。

この後、経営者は変わりますが同じ吉村石材店(個人営業)として営業は続けていかれます、ご愛顧をお願いいたします。

 

AutoPilot3号機

長い冬が明けて飛行日和が続くようになりました。

那須への自動飛行を実行したいと思い、3号機の調整飛行。設定を確認して久しぶりに飛行させる。特段悪いところは無い。

飛行許可は確か4月まではあるはず。昨年予定していたが降雪で中止せざるを得なかった、この春飛行許可の期限内には実行したい。

次は別の機体の(2号機。1号機は墜落水没で、機体ロスト)の設定調整。

事業譲渡 会社清算

本日司法書士さんから有限会社吉村石材店の清算が終了したとのメール。添付ファイルには登記事項に清算の文字のある登記簿のpdfが。

3月10日付での清算。

一抹の寂しさはありますが、それでも新しい経営者は吉村石材店を名乗ってくれますので(法人ではなく個人商店として)吉村石材店が消えたわけではありません。

有限会社吉村石材店は自分で設立登記をしました。平成7年、新工場を建ててから4年目でした。そのころは本屋さんには会社を作るなら有限会社にしなさい。とか、有限会社の作り方とかの類の本がいっぱいあってそれを読んで定款はその本のひな型からワープロで紙に打ってそれから公証人役場(確か広島市の中区にあったような気がしますが)に行って見てもらって(これはたぶん定款が法的におかしなところが無いかというのを見てもらって大丈夫、と、いう印を押してもらうため)それらを持って、そのころには地元にあった登記所へ行って登記をしました。

そのころのワープロとプリンタは熱転写のものが多くて登記官さんにこれは熱転写紙ではないよね?と、聞かれたことを覚えています。

また公証人役場では「コーヒーか紅茶が料金の中に含まれていますのでどちらにされますか?」と聞かれたこと、その時に思ったことは飲み物いらないからその分少しでも安くしてくれればいいのに、でした。設立登記は自分で登記してもこの公証人役場で見てもらう費用やら印紙税やらでそれなりの費用がかかりました。(もちろん市内へ行く交通費、駐車料金。。。。。。。。)

もちろん資本金も必要でしたし。それでも会社に(法人に)したことは大正解、でした。

個人商店と法人では違うことがかなりあります。

吉村石材店の名前は残るにしても、時代が一つ進んだという気がします。

決して終わったわけではなく、一つあるいはもっと進みました。

 

カタカナ ヨシムラ

株式会社ヨシムラを有限会社吉村石材店との区別のためカタカナヨシムラと呼称されることがありました。

カタカナヨシムラ 本格的に始動します。専念できる環境を整えました。

ドローンのヨシムラ 推進していきます。

湯の山 若鯉の森 活躍祈願碑 完成

湯の山 若鯉の森 活躍祈願碑 名盤を取り付けて完成

有限会社吉村石材店としての最後の記念碑。無事に完成。あとはお披露目を待つばかりです。写真は一足早い施工者の特権としての公開。

広島市佐伯郡湯来町の湯の山神社は弊社の前身、吉村政一石材店(父親)が数多くの石材工事をさせてもらい今の地に根付かせていただく基礎を築いてくれた神社です。子供のころ、この神社での石材工事の大変さや やりがいを家族の私たちに話していたことを思い出します。あの狭い参道に鳥居や石碑などを建立しています。これらにはその施工者である父親の名が彫られています。

今回のお話が合った時、私としては利益や困難さなどはもうどうでもよくて、とにかくやり切る、という覚悟でした。

弊社としての最後の記念碑にふさわしい場所での施工は何か運命的なものを感じています。(完璧に赤字の工事です。赤字なんて全く苦になりませんし問題にもしません

今回の施工に関しても大きな石材(1.3トン)をあの場所に上げて据え付けるという石材業に携わる者として非常にありがたい舞台を授けてくれました。まさに過去、父親が話してくれていたことを最後にやることになったわけです。

施工に関してはこの場所に建てる方法は何通りもありますが、参道は狭くてその上手すりがつけてあったりなどで最終的に採用した方法は一番参道を占拠する時間が短くまた、工期も短くできる方法をとりました。結果的にはこの方法は間違っていなかったものと確信しています。

この石碑の完成で有限会社吉村石材店の経営を若い別の経営者に安心して譲ることができます。

長い間ありがとうございました、引き続きよろしくご愛顧をお願いします。

2021年2月28日をもって石材店の事業を安芸太田町筒賀清本石材店に譲渡しました。

有限会社ではなく個人事業の吉村石材店となり新しい経営者が事業を継続していきます。

私は1年間は、新しい経営者に私が今まで石材店として得たすべてのあらゆる方面の財産を引き継いでもらべくとどまります。

石材店としての事業について今までと変わるのは経営者だけ、ということです。

新たな若い経営者のこれからに期待しまたご愛顧をお願いいたします。

私はこれからはもう一つの事業株式会社ヨシムラに今以上に力を入れて取り組んでまいります。