熊本城

夏季休暇で熊本城へ行ってきました。天守閣は工事中でしたが、まだ全く手をつけられていないところなど。

また、崩れた石垣の石に番号がつけられて並べられていたり。

これらを元通りにする気の遠くなりそうな作業。

盆灯籠

広島の安芸門徒のお墓ではお盆に独特の灯籠をお墓にお供えするのがいわば普通です。

最近亡くなった(このお盆までに四十九日を迎えた仏様、初盆という言い方をします)には白い色紙を貼った盆燈籠をお供えします。そうでない仏様に対しては赤や黄色などカラフルな色紙を貼った盆燈籠をお供えします。これは毎年普通にお盆にお墓参りをする時にお供えします。

この盆燈籠は日本中を見てもこの安芸門徒独特なもののようです(マスコミ等の報道によると、という注釈付きです、でもおそらくそうだと思います)

このお盆、故人が亡くなってからの初めてのお盆というお墓には初盆であるというシルシの白い盆燈籠がお供えされます。これは初盆に限りますが地域の(その集落や血縁の有柄の)人たちもお供えします。

この時期にお墓にお供えされているこの盆燈籠の色や多さなどを見ると初盆の仏様のある家だな、とか、と、言うことがわかります。

たとえ古いお墓で普段は気にも止めないお墓であってもこの時期にカラフルな色の盆燈籠であってもお供えしてあれば少なくともどなたかがお参りされたお墓であろう、と 安心(?)するのです。(職業柄、?、間違いなくそうだと思います)

今年(この初盆までに(昨年施工させていただいた今年が初盆に当たるお墓も含めて)白い盆燈籠(初盆であるというシルシの)がお供えしてあるお墓に出会うと(職業柄)よく目に入ります、目につきます、まっさきに目に入ります)まだ この仏様は縁がある人がいっぱいありそう、と ちょっとうれしく(安心かな)なります。

人の死は必ず、です。故にそのあり方を考える今年のお盆です。

 

香炉 天山石 (紺碧)

静岡県の人からネットで見た香炉の形が気に入ったと問い合わせがあり、受注製作、本日納品しました。香炉の形は数点図面を送りお好みに合うように若干の修正をしました。
香炉については弊社オリジナルの形の物や問屋数社が作らせている形などいろいろあります。大きさ石種などもいろいろとあるのですがいずれも価格の関係で中国材の中国製品がほとんどです。
今回の施主様のご依頼は石種は天山、それも最上級の紺碧。価格もそれなりになりました。
しっかりと梱包して送りました。気に入っていただけると嬉しいです。
天山石 佐賀県の石で、大島石(愛媛県産)に比べて目は粗いのですが性質は石に粘りがあってかつ固く吸水率も低い石材です。国産石材の中での一般的なランクとしては庵治石
大島石に次ぐ銘石です。それぞれの石の中でも細目や特級材2等などランク付けがありますが天山紺碧であれば大島石にも負けない良い石材です。
この石ならば長い時を経ても変色もせずきれいな状態を保ってくれると思います。

靖国神社 参拝

中学校の時に突然東京へ転校していったM君を訪ねての出張同窓会を企画。ツアー会社の新幹線とホテルがパックで一人3万5千円ほど。地元に住んでいる男性4人、女性3人の出張同窓会になりました。

やはりM君は色々と気遣ってくれており、恐縮しながら、それでも準備しておいてくれたレンタカーで普通の観光バスでは見ることができないところを見てきました。同窓会ではいつもそうですがいつのまにかあの頃に戻っています。

あちこちを案内してもらいましたが靖国神社へ参拝したのは初めて。(車内からの見学はしたことがありますが)

戦場へ行った若者の手紙、こういうのを読むといつも涙が出そうになる(知覧とか、昔から涙腺は緩い方ではある、もし、我が子ならなどと思う)

私は東京へは何度も来ているのですが、今回はレンタカーでなくては見られない状況での見学をさせてくれました。M君に感謝です。

これが今回のメンバーの後ろ姿、この時にはもうみんな中学生になっています。

この後、彼のお父さんの仕事の関係で本願寺にもお参りしました(本願寺はお参りしたことがあります)この日は

関西学院大学の先生のスピリチュアルペインについてのお話があり、出発の時間までしばらく聞かせていただきました、時間があれば最後まで聞きたい内容のお話でした。

神様と仏様の両方に触れた出張同窓会でした。

 

 

 

 

参院選 電話によるアンケート調査

電話による参院選のアンケート調査の電話がかかってきました。

まず最初にこれは参院選のアンケート調査であること、回答はすべてコンピューター処理されるため個人情報が漏れることはないことなどの説明をきれいな女性の声で説明がありました(声がきれい)

質問内容は5つ。投票に行くか行かないか。

誰に投票するか。  比例区ではどの党などに投票するか。 日頃支持している政党はあるか。  安倍内閣を支持するか。

最後に性別と世代を聞いてきました。

湯来 明法寺 参道工事6-17

参道工事 現参道の撤去から工事開始です。

参道両側の縁石は思った以上に大きくて、元は何かの石柱を縦に割って使ったようなものでした。

写真は元の参道を撤去した後、これから基礎のコンクリートを打って両側の縁石を並べていきます。

これから何十年も或いは何百年も残る参道です。弊社を指名しての工事、いい仕事を残すべく精いっぱいの仕事をしていきます。

明法寺参道他工事開始

湯来 明法寺様 参道他の工事開始しました。

現在の参道(コンクリート製)を石の畳に張り替えます。また、境内の雑草対策として表面の土をはぎ取り砂利に入れ替えます。

その他鐘楼門の下にも板石を張りきれいに整備します、親鸞像の周りの築山もきれいに整理します。

 

撮影高度

ドローンのカメラの解像度と撮影高度に関する質問が多いので簡単に説明します。

ピクセルあたり1センチにするための高度はなどを計算するにはカメラのセンサーのサイズと、画像のサイズ、焦点距離、が必要です

撮影高度=[画像サイズ(撮影画像のピクセル数)x焦点距離(mm)x地上画素寸法(0.01m/ピクセル)]/センサーサイズ

例えばPhantom4Proでは 画像のサイズが5472ピクセル 焦点距離が8.8mm センサーの横幅が13.2mm 地上画素寸法は1ピクセル、1センチ(0.01m/ピクセル)これらで計算すると36mくらいになります。

久しぶりに母校へ

石材組合の定例役員会で呉へ。役員会は23日ビューポート呉会議室、会議の後はお決まりのモノ。一晩明けて久しぶりの呉ということで母校を見てきた。

途中、新しくできた2つ目の休山トンネルを通過、ちょうど通勤時間帯で渋滞。

学生だった頃はこの頭上の道を通っていた。

母校正門、卒業時からは随分と様子が違っているが数年前に来た時とはあまり変わっていないようだ。今回は見るだけとした。次の用事が待っていた。

講習会 国交省への登録完了

先日のドローン教習の修了者の国交省への登録が完了しました。飛行許可申請には国交省のHPから比較的簡単に申請ができるようになります。受講生の皆様にはもう少しで終了証とカードをお手元に届けられると思います。今しばらくお待ちください。