GPSアンテナ

新しくしたGPS(GNSS)のアンテナをPhantom4で撮影。

グランドプレーンは前述の通り百円ショップで購入した鍋の蓋。

アンテナにあまり近づくとPhantom4が警告を発して動かなくなるのでこれが精いっぱいの近接撮影

プレハブ(弊社社屋)の上空からアンテナを見下ろす。

このアンテナは(位置を戸河内AとPPKで決定して)善意の基準局として公開しています。     http://rtk.silentsystem.jp/

基準局データ:データ送信はラズベリーパイのSVRSTRを使用。RTK2go.com のお世話になっています。

また、試験段階などでは広島市立大学の基準局を使わせていただきました。

これら、お世話になった方々に感謝します。

 

GNSSアンテナ交換

GPSのアンテナを交換しました。今まではアマゾンで購入した無名の屋外用の物で、2千円弱。使ってみましたが、FIXしてくれないし、しても時間がかかるし、また、スタティック観測の後、戸河内AとPPKをしても高度(標高)の数値のばらつきが大きかった。また、この基地局と移動局とでRTKをしようとしてもなかなかFIXしてくれない。基地局と移動局がほんの十数Mだから、と期待をしてやってみたが思った以上に時間がかかるし安定もしてくれなかった。

グランドプレーンの不足かとアルミ板を追加接着してみたが結果に大きな違いはなかった。そこで今回のアンテナの交換ということにした。

今度は普通の(安売りではなく)名前の通った(トラ技に載っていた)アンテナを購入。1万6千円ほど。同軸の接続に必要になったコネクタも購入。

最近では屋外はすっかり寒くなってきてプレハブの屋根の上での作業は寒かったが何とか交換を完了してU-CenterにつないでみるとGPSの信号強度が6db程度違ってやはりアンテナの違いは大きい。

以前のアンテナでは50dbに達したことはなくこの画面では見えないが50dbをはるかに超える信号もあることがある。

早速一番近くの広島市立大学の善意の基地局とのRTKを試みた(市立大学の基準局には感謝です)

前回の市立大学のマウントポイントでは繫がらず、おかしいなと善意の基準局のHPを見てみるとマウントポイントが変わっていて基準局の内容がVerUpされている模様。マウントポイントを設定し直してやってみるとすぐにFIX。今までとの違いは大きい。

市立大学の基準局のとRTKでも(基線長は20km以上ある)しっかりFIXして安定した位置を出してくれている(右側のPLOT画面は1マス1cm、つまり1cm程度の揺らぎしか出ていない)

そこで24時間のスタティック観測の後、戸河内AとPPKして座標を決定、本日の再公開となった。

改めてこの自前基準局と移動局でRTKをしてみたら、面白いようにすぐにFIX。また以前のような明らかなミスFIX(高度が明らかにでたらめな数字でのFIX)もなくて基準局のアンテナを良くした効果がはっきりと出た格好。

これでああれば善意の基準局として十分に使っていただけるものにできたと思われる。

また、弊社でもこの基準局の精度を上げて、ドローンの精密飛行につなげていきたい。

水平方向で1cm、高低方向でも数センチ以内の精度を持った飛行ができそうである。

技能士会 勉強会

11月25日 広島県石工技能士会での勉強会が蒲刈の高下石材店で行われ、参加してきました。今回は石材のあく取りやさび取りなどについて。

高下石材店、岡本さんに準備していただいたさびなどが付いた石材についての勉強。

技能士会のロゴの入った上着は柏原さんの自前、特注品。一般の会員は同じロゴの入った、これは全員統一の上着を着用しての勉強会。

皆さんの石材の専門家ということでいろいろな質問ややり方についての質疑等。

ここからは前夜の技能士会の役員会,兼、海の幸の堪能会。

山育ちの私にはすごいものや初めてのモノ一杯。。。。。珍しい貝やら。

おおきなアナゴやら。

これはもう見た通りの立派なもの

牡蠣 大きい!!!

炭火焼、

飲みました、食べました。日付が変わるまで

岡本さんお世話になりました。

杉の泊ホビーフィールド2019-11-23

杉の泊ホビーフィールドへ着くときれいな朝霧が。この近くには雲海の名所がある(草尾の雲海) いつもは風景などは撮影しないが、なぜか。

見た感じはもう少しきれいだったが、撮影の腕とスマホのせいでこのような写真。

その後ULPの機体の飛行前点検などしていると見学の一家、3代の家族。ULPにお孫さんを乗せて撮影会。

にぎやかなひと時を過ごしました。

この後、私はこの機体で飛行、ソロフライトができるようになって飛ぶのが楽しくて、しょうがない。

この後は無事に飛行して、無事に着陸。帰還しました。

杉の泊上空

本日はフライトに絶好の好天。

2フライトしてきました。初めて海が見えました。片方は日本海、もう片方には瀬戸内海。

ここ数フライトは上空に上がると景色が見える余裕が出てきました。

上空はちょっと寒いですがそれよりも飛ぶ方がずっと面白く苦になりません。

マチュピチュ

クスコからバスでマチュピチュへ行く鉄道の駅まで1時間半ほど揺られて到着。

その駅から2両編成のディーゼル車(昔存在していた可部線(可部-三段峡間)のような線路)に乗ってマチュピチュ駅へ到着。

この時点で午後九時過ぎ、遅い夕食などから、一晩明けて、今度はシャトルバスに乗って25分ほど。マチュピチュ村のふもとへ。

そこから石段を登ってそして。

よくある写真のような、実際に撮影してきたもの。

別の角度から。

そしてその中の一つの構造物の撮影。

いいですね。これ以上の言葉はありません。

見事な石の工作物の数々、数々。。。。。

この後午後から太陽の門といわれているここから2時間ほどの山道を上がるおオプションにも参加。

足腰膝をいじめてきました。今現在、足腰膝は悲鳴を上げています。

クスコ

クスコ、

正直あまり期待していなかった、し、よく知らなかった。

しかし、この石材の加工技術、インカの人たちの加工技術。。。。

よくある写真、(撮影は私、よくあるのはパンフやらその他の記事にという意味)

この時代にこの加工。また、インカの人たちは鉄器を知らなかったらしい(その他の合金は知っていた可能性があるそう)

ここだけではなくてあらゆるところにインカの人たちの加工技術が存在していた。

インカの人たちは文字を知らなかった(作らなかった、作れなかった)ため詳細はわからない(想像範囲でしか)

石材をこれだけの精度でこれだけ加工するためにはやはりそれなりの道具、工具は必要のはず)

しかし、現在この加工をするにしてもそれなりの技術は必要。並みの石材店(お墓だけを売っているお墓屋さんにはまず無理,いえそれ以前の問題、石の扱い方を知らない)

何度も思います。昔の人は偉い。

現在のわれわれの仕事を後世の人が偉いといってくれるか?

肝に据えて仕事をしたいものです。

マチュピチュに午後9時過ぎに到着、ホテルにて。明日はマチュピチュ見学。

ペルーへ

関空からロサンゼルス、ペルー、リマへ

関空に行く前に新大阪駅で串カツの立ち食い。飲み物はハイボール1杯。で、やめておいた。

関空から9時間ほどのフライトで(こちらからは偏西風に乗ってこのくらいの時間)ロサンゼルス、到着。ここでは次のフライトまで9時間程度あり、当初はラウンジで時間をつぶそうと思っていたが(ロサンゼルスのオプションツアーもあったがもうすでに行ったところばかりだったので予約せず)ほかの単独参加の人がGettyMuseumを見に行くといっておられたので同行させてもらえないかと。

二人で迷いながらもバスとタクシーで目的地へ、しかし、途中の山火事で目的のインターチェンジで降りることができずまた、先のインターチェンジから降りたところで規制がかかっていてかつ、この山火事のせいで休館らしく、たどり着けずに引き返す。しかしこれはこれでいい旅。何かがあるのが旅です。ロサンゼルスのまちでバスにも乗ったしタクシーにも。タクシーから撮影、普通の風景。

その後再度飛行機でペルーへ、ラタム航空は結局2年続けて利用することになる。残念なのは食事の時にウィスキーがないといわれたこと。

ペルー到着。今回は昨年のイースター島とは違ってツアーのうちの一人なので添乗員さんに任せて気分は楽なもの。

何とか広場、ペルーの旧市街はこういう広場を中心にして作っていったらしい。

今回のツアーは総勢16名

街角で見かけたペルーの女性白バイ隊員

この後ホテルに入ってひと眠り、が、指定された晩飯の時間に起きられず電話で呼び起こされる。

無理もない、着いたらすぐにウィスキーをストレートで2杯、風呂に入ってベッドで横になったら。。。。。

日本を29日の夕方に出発して機内で5,6時間2回ほど寝ただけ体は睡眠を欲しがっている。

また、明日は4時半の出発、片道5時間の道のりでナスカの地上絵をセスナから。

強行日程ではあるが私にはこれがメイン。子供のころからみてみたかったナスカの地上絵。セスナが右回りと左回りで15分ほど旋回してくれるそうです。

もしパイロットに何かあっても代わりに操縦できるかもしれない。(冗談です)

マチュピチュ ナスカの地上絵

関空からロサンゼルス経由でリマへ

今年も南米、一般的にはマチュピチュだろうけど、(仕事的には)

子供のころからみて見たかったナスカの地上絵(セスナ飛行も付いているツアー)が楽しみ。関空からの書き込み。

幸運な体験講習会

安芸太田町商工会主催の講習会 無事に終了。

今回のための飛行許可申請では物件から30m離せない、と、申請するとイベント上空の飛行ではないかと補正を受け、それらを修正申告していくとものすごく窮屈な飛行範囲になってしまった。10月初めに申請したが毎週のように補正のメール。

どうも、国交省としてはドローンの飛行に対していろいろな制限を強めているという感じであった。

しかし、講習会としてはDJIのフライトシミュレーターを使ったり、また、 天候が良かったために全く飛行には支障のない場所に移動しての体験と、充実した講習会になった。

この日はこの飛行の時には太陽がまぶしいくらいの晴天。

しかし午後になると一時ではあったが激しい雨が降ったりと。

申請に苦労した分、飛行には最高の状況を天から授かったようである。