ペットのお墓

弊社に石材の切れ端はないかと言って持って帰られた端材。

見事なお墓になっていました。

中央の花立は無償サービスにて提供したちゃんとした花立です。

庭の一角にペットの素敵な墓地が。という話題。

大金庫移動

大金庫、新しい据え付け場所に移動完了、

施主様が金庫メーカー(あのクマヒラに)に頼んで塗装をし直されるそうでそのための仮置き。古い立派な金庫のためにこの度思い切ってきれいにされるそうです。

左側のものは台石。

どちらも重量は1.1トン。

利益が出るか、出ないかは別問題にしても、面白い仕事でした。石材店ならではの(普段重たい物をうまく扱っているという)面白い仕事でした。

 

 

安芸太田町 土砂崩れ

7月13日の安芸太田町土砂崩れの現場 撮影は森脇さん

高度を変えて位置を変えて何枚も撮影 点群化ソフトを使用して点群に ここはうちのCore i9とGeforce2080搭載のパソコンで高速処理 写真枚数は20枚程度、ほんの10分ほどで点群に処理(点群密度は最高品質で)

今回は土砂崩れの部分を切り取ってみました。

そして体積(土量)の計算

今回は写真の地点の位置情報が空撮機体 PhantomのGPS情報だけのため、かなりの誤差があるものとは思われます。また切り取り方によっても違いが出てくるとは思われますが、それでも災害現場に人が直接行くことなくこの程度の作業ができています。正確な位置情報は災害現場の付近で(災害現場の直近に行く必要はない)GPS-RTKで位置情報を得れば簡単に得られる。

使用したソフトはMetaShape。前回紹介したフリーのWebODMではありません。さすがにWebODMではここまで簡単にはできません(もっといろいろな手順を踏まなければいけない)

広島北税務署

本日、訳あって広島北税務署へ行ってきました。事前にアポを取っていったのですが、ちょうど担当者様席空きで待ち時間が少しありました。

税務署の中はちょうど確定申告の時期でかなりの人、おりしも新型コロナウィルスの非常事態宣言の真只中、にもかかわらずこの人込みと話声でこれは嫌だな?と感じ、座ってお待ちくださいと言われたのだが人気の少ないスミの方で立ったまま壁の方を向いてどこにも触れないようにしていました。

5,6分で担当者様が現れて用事を済ませて帰ってきました。

あの状況では中に一人でも持ち主がいれば移されるのも無理からぬことかな、と感じました。

人気の少ない安芸太田町が良いこともあるよな。いや、これからは田舎こそベスト、という時代になるやもしれません。

94才 百まで生きそう

昨日松本正行さんと久しぶりに会話。

相変わらずお元気で御年94才。まだ運転現役です。(元は大きなトラックに乗っておられました、あの頃の運転手さんは今とは違い車の構造、特性などあらゆる面で車のプロ)

百まで生きるだろう、と仰っておられました。

 

 

山桜と ソメイヨシノ

桜が開花を始めました。聞くところによると広島市内の桜よりも早いそうです。

それともう一つ山桜の方がソメイヨシノよりも早く咲いたように思います。例年ソメイヨシノが終わりかけるころ山の所々の山桜が咲いて、この時期にだけ山のどこに桜があるのがわかるな、と思っていたものですが。

今年は異常に思います、ソメイヨシノよりも山桜の方が開花が早いようです。異常な暖冬が原因の一つかもしれません。

山桜とソメイヨシノが同時に楽しめる4月になりそうです。

国道191 復旧 中国道無料期間終了

本日15時 国道191号線が 片側交互通行にまで復旧。

大規模崩落、その後の復旧工事での作業員死亡事故で長い間191号線はう回路での通行が続いていていました。大型車は通行不可。

その代替としてと思われるが中国道が戸河内ー広島北の間は無料になっていた。

「料金はゼロ円です」と女性の声で言ってくれたのはETC? カーナビ?

 

 

 

豪雨 大水害

今回の記録的な豪雨、各地から救援隊が来てくれています。

ちょうど運転中に各地からの救援隊に出会いましたので停車中に撮影しました。救援隊の自動車はサイレンを鳴らして隊列を組んで通り過ぎていきました。

大阪市消防局の消防自動車 下は吹田市消防本部とあります。

これら以外にも何回も別の編隊に遭遇、被災地のことを思いちょっと緊張しました。

国道191号線 山腹大規模崩落 

昨日(6日)午後10時頃電話あり、町の課長からの電話。国道191号線大規模崩落、自動車が埋没の可能性あり、とのこと、ヨシムラさんがドローンを持っていることを伝えたので出動の要請があるかも、とのことでした。

こういう現場の時には建設コンサルタント会社が必要であれば自社で所有している機体を飛ばすことが多いのでたぶんうちには要請はないだろうと思いながら、それでもと、今朝は早めに会社に行ってバッテリーの充電など飛行準備。

これは会社にたどり着く前の現場対岸からの写真。

現場の両岸の道路には機動隊、消防車、工作作業車、土木作業者を積んだトラックなどで一杯。思っていたう回路を通ることは無理な状態。それでも会社にと、ひどく遠回りの井仁経由で会社に到着。

 

一通り準備をしてから仮眠。予想通り出動要請はありませんでしたが、飛行前の緊張感を感じた朝でした。こういう緊張感は大好きです。

この朝、私の車の前には県警機動隊の大型バス、窓に金網のついているやや青い色の車、が、ずっとゆっくりゆっくりと走っていてイライラ状態でした。追い越すわけにもいかず、時折左側に広いところがある手前でパッシングライトを点滅させるのだが道をあけてくれずにしょうがなく付き合って走っていました。現場にだいぶ近づいたところでやっと道を譲ってくれました。スピード順守もだと思いますが、普段走りなれていない狭い道での運転でのことだと思われます。

現場がこれだけ騒然としていたのは自動車が一台川に流され、人が行方不明のためでした。この日のお昼前に不明の人が発見され死亡が確認されたとのTV報道がありました。

安田女子大にエール

今日所用で戸河内役場からの帰途、戸河内IC付近で大学生と思われる女性たちが歩道を歩いていた。3,4人ずつで4か5グループリ、クルートスーツ。さて何事?と。

こちらは自社の看板の付いた営業用の車両、やましいことは何もないので後ろにも前にも車が無く交通の妨げにならないことを確認して静かに車を止めて直接聞いてみた。

何をしよるん??こちらはもう図々しいおじさんなので恥も何もなし。

管理栄養科の実習の事前あいさつに回っているとのこと、安田女子大とのこと、を聞いて、このおじさんはの安田女子大のボランティア活動ではお世話になった坪野の住人だよと。学生さんたちは安心して笑顔を見せてくれました。

学生さんたちの活動にエールを送ります。