シェラトングランド広島に泊まった2

昨日は、広島市内の友達を誘っての夕食を楽しんだ。

生ビール、白ワイン そして高級な料理。それからは部屋での飲み会。

友人はロイヤルと珍しくレーズンなどを持参してくれて、氷はホテルの(ビジネスホテルなら自分でN階の氷の器械があるところへ取りに行くのだろうが)フロントに電話をして部屋まで持ってきてもらう。

コロナ禍の下では部屋のみもありでこれも楽しい。いろいろと話をして

最後の方はよく覚えていないが、友人の話ではちゃんと玄関まで見送ったみたいで。

残っていたロイヤルはそこから1センチほど。1センチとはいえ残っていたのはやはり年のせいか。

この日はこの高級ホテルのプールで泳いでもみた、泳ぐのなんて何十年ぶり(子供が小さいときに海で、だから25年ぶりくらいか)手足を動かす割には進まない泳ぎになってしまっていた。

 

シェラトングランド広島に泊った

わけあってシェラトン広島に泊った。有効期限が8月末までの宿泊券、などがあって。

今年のお盆はどこにも行くことができないので、と、有効に利用するという名目で、ホテル側のおすすめの宿泊パターンで泊まってみた、(お盆ということもありで、2泊してみた。

エレベーターではカードキーをかざさないと行くことができない(カードキーをかざさないとその階には行けませんとアナウンスがされるような部屋に泊ってしまったみたい?)

まあ。有効期限の近づいた宿泊券の行使とホテル側の言いなりの予約でこれもあり。

なんかラウンジが使えるようでここもカードキーをかざすか、特定の階からでないといけないような感じ。らしい。初めてのホテルなので(こんなに高いところは人生でたぶん最初で最後か?)良くはわからないが。

で、ラウンジに行ってちょっと仕事を(お盆にやっておきたいことがあって)といってみたが。

この続きはまた。

でも空港のラウンジのようなところ、みたい。

ただ、新型コロナの影響で空港のラウンジのようなビュッフェスタイルではなくて、担当の人たちがお料理をお持ちしましょうか?と聞いてくる、飲み物(私はウィスキーのロック、いつものパターン)とかはセルフサービスで、とのこと。

ああ甲子園

うちの息子は小学校の時から高校まで野球をしていました。少年野球や高校野球と、親としてもものすごく楽しませてもらいました。

高校の野球部では、ティームのモットーは、目標は甲子園、目的は人間形成(間違えていなければ)で、本当によく頑張っていました。

息子の高校はとても甲子園に行くことが出来るようなレベルでは無い普通の進学校と呼ばれている高校でしたが、それでも、あるいはそれゆえ甲子園の大きさがよくわかっているつもりです。

それが今年のコロナ禍で春、夏ともに中止とは。

高校生の気持ちを思うと。

コロナ禍

コロナ禍が戦争と同じような大変な状況であればあるほど、かつてのような大本営発表のようなことを信じてはいけない、と思います。

テレビもラジオも決して正しいことばかりを伝えているわけではありません。

民間放送はスポンサーの意見が非常に大事であるし、そうでないところも不偏不党とはいいがたい部分が散見されます。

過ちては改めるにはばかることなかれ。が今の政府にはできていないように思います。

5か月ぶり

ULPでの今年の初飛行をしてきました。

十回以上もジャンプをして手足が考えなくても動くように慣らして、そして久しぶりの本当の離陸へ。

これまでもジャンプは何回か練習しましたが手足が考えなくても動くようになるには数か月のブランクは大きいものがあります。特にラダーの操作が考えなくても動くようになるまでには時間が必要です。

離陸後高度を最高でも300フィート程度に抑えて旋回、すぐに着陸コースへ入れての着陸。

3回ほど繰り返して本年の初飛行は無事に終了。

離陸してからの旋回するときの気流はあまりよくありませんでした、また、今日は風も冷たかったので、3回で終わりにしました。

これからは気候も良くなり、また、コロナとは無縁の立地です。安全に飛行を楽しみます。

広島北税務署

本日、訳あって広島北税務署へ行ってきました。事前にアポを取っていったのですが、ちょうど担当者様席空きで待ち時間が少しありました。

税務署の中はちょうど確定申告の時期でかなりの人、おりしも新型コロナウィルスの非常事態宣言の真只中、にもかかわらずこの人込みと話声でこれは嫌だな?と感じ、座ってお待ちくださいと言われたのだが人気の少ないスミの方で立ったまま壁の方を向いてどこにも触れないようにしていました。

5,6分で担当者様が現れて用事を済ませて帰ってきました。

あの状況では中に一人でも持ち主がいれば移されるのも無理からぬことかな、と感じました。

人気の少ない安芸太田町が良いこともあるよな。いや、これからは田舎こそベスト、という時代になるやもしれません。

アンカラからイスタンブールへ

カッパドキアからトルコの首都アンカラへ、特にこれといった観光はなく長いバスの旅、居眠りをしたり外を眺めたりで再度イスタンブールへ。明日は帰国の途。

グランドバザールが最高の観光地広くて大きくて(らしい、見たのはその一部だけのはず)

この日は午前2時半(現地時間)、日本時間で8時半から電話が4,5本かかってきて現地時間のホテル出発時にも眠気がいっぱい。

幸い午前中の移動時間のバスの中で睡眠をとることができて午後からは好調に観光その他(いえ、観光ではなく研修)

モスクも見てきました、大理石の直径5mの柱や、ステンドグラスなど。

カッパドキア2

カッパドキア、熱気球が飛んで入りことでも有名。このツアーのオプションにもなかったのでまあしょうがないとあきらめてはいたのだが添乗員さんからのアナウンスあり。即参加決定。問題は天候だけ、参加を決めた日は台風並みの強風。。

午前6時15分のロビー集合、風はない。バルーン会社のミニバスが迎えに来た。ロビーで軽食の朝ごはん、その後離陸場所へミニバスで行って搭乗。

熱気球からの熱気球ともちろんカッパドキアの映像。

熱気球のパイロットとバーナーの部分。ここら辺はメカが好きなだけに外せないところ。

カッパドキアの奇岩群と熱気球での空からの観測(あえて石を見るたび、ゆえに観測)

世界の石を見ています。

 

カッパドキア

奇岩が立ち並んで迎えてくれました。

あえて、普通の写真とかには無い写真を選びました。

この日は風が非常に強くて、かつ寒い、寒いのは覚悟してきましたのでOKです。

世界の石を見るというコンセプトにぴったりのトルコツアーです。

これらの石は凝灰岩(火山灰が固まった石)で非常に柔らかい石です。屋根にあたる部分は溶岩で比較的硬いためのこのような形に風化されていったものです。

世界の石を見てみたい、現在進行中です。