長い間ありがとうございました、引き続きよろしくご愛顧をお願いします。

2021年2月28日をもって石材店の事業を安芸太田町筒賀清本石材店に譲渡しました。

有限会社ではなく個人事業の吉村石材店となり新しい経営者が事業を継続していきます。

私は1年間は、新しい経営者に私が今まで石材店として得たすべてのあらゆる方面の財産を引き継いでもらべくとどまります。

石材店としての事業について今までと変わるのは経営者だけ、ということです。

新たな若い経営者のこれからに期待しまたご愛顧をお願いいたします。

私はこれからはもう一つの事業株式会社ヨシムラに今以上に力を入れて取り組んでまいります。

 

湯の山 若鯉の森 記念碑 建て上げ

昨年から予定されていた若鯉の森の記念碑、大雪のため1日ずらしての本日決行。

記念碑を積んだ弊社のトラックと、クレーン車

写真は上で使う通称カニクレーンの荷揚げ、重量1.7トン(クレーン車での計測値、リース会社のデータでは1.4トン、このクレーンのこの距離での限界)

上で記念碑の本体を受けている。これが1.3トン

上は狭いうえに石碑が重い。

移動にはひと工夫もふた工夫も。企業秘密のため非公開(この日ご迷惑をおかけした入湯者様は傍らでこれを見ることができている)(もちろん事前通告、道路使用許可地元の了解などすべてはOK)

そして無事に建て上げ完了。

この後銘版を取り付けて完成。

門松

うちの仕事しさんたちが今年も門松を作ってくれました。

去年は片方でしたが、今年は1対。。。。

見事に入り口を飾ってくれています。

くる年が皆様にとってもよいお年でありますように。

幸運 ロケットの発射を見た!!!!

種子島屋久島ツアー最終日。

ホテルから種子島へ高速船でもどり、てっぽう館を見学、長年の疑問であった銃身の作り方(心にする鉄の棒は抜けるのか?、という疑問、確かな答えが欲しかった)を学芸員さんに直接質問、温度差で抜けるとのこと、これは専門家の意見からも間違いのないとのこと。で銃身の作り方も納得。日本にはなかったネジの切り方については方法だけは何かで読んだことがあり納得はできていた。

日曜日の4時半頃ロケットが発射されるらしい、という情報はこのツアーの初日にはあったのだが、ロケット発射のことなので、遅れたりとかはいつものことでそんな幸運は?とあまり期待しなかったが。

いずれにせよ見られるとしたら飛行場からしか可能性は無い。

幸運。見られました。飛行機の時間との関係で飛行場の出発待合室の中からでしたが。

そのためガラス越しで、かつ、ヤシの葉が撮影の邪魔はしていますが。

そして見えたあと10秒以上遅れて発射の音も聞くことができました。

発射台を見たかった種子島で、ロケットの発射まで(実際には上昇ですが)を見ることができました。

ロケットからの橙色の炎と写真の雲の下側にも痕跡の雲が写っています。

写真左下の飛行機はこれから乗るものと同型同会社の別便で我々が乗る飛行機はこの右側に留まっている。

好天にも恵まれナイスな種子島屋久島ツアー。 諸々のことに感謝。

 

 

屋久島 紀元杉

船で屋久島へ。

今回のツアーの主目的はロケット発射台なので、付録。

有名な縄文杉は往復徒歩で10時間もかかるコースとのことでこれはたぶん見る事はない(できないでしょう)

バスで行くことができるのが紀元杉。これはこれで見事なもの

広島で見る杉とはイメージが全然違う、。

千尋の滝。これはあまりメジャーではないが(ツアーの人たちも大したことないなとか言っていた)私には滝の水よりも両サイドの石がすごい。。きれい。。

屋久島独特の花崗岩(長石の結晶が大きい)それがこの大きさで露出している。

凄い。

屋久島では久しぶりに焼酎を飲んでみました。これについてはただ飲んでみました、と、いうだけでやはりおいしいとは思えず、私にはもったいないことでした。

 

屋久島へ

屋久島。いろいろなレアケースの詰まった島、のよう。

縄文杉は往復10時間程度の登山、プラス下山が必要なところにあるみたいで今回のようなツアーの類の甘いツアーで行けるとことではない、

見たのは紀元杉。。これも人間の生きる時間から見ればはるかに長い時間。屋久杉と呼ばれるためにはそれなりの年月が必要とのこと、千年程度ではその資格はないとのこと。

その他、ガイドさんの案内でいろいろと説明をしたもらいました。

こういう説明はこの類のツアーで、ガイドさんがいる時のメリットではあります。

千尋の滝、これはガイドさんの説明によれば、今一つマイナーな場所なようであったが、石を生業にしてきた者にとってはあの岩盤の凄さは。。。。感激であった。

また、この屋久島の花崗岩は特に長石(普通に広島での石、や、広島の岩盤はマサツチであるというときの)が、よく見たときにピンク色に見える部分、花崗岩は石英、長石、雲母でできています、長石の部分が多いらしい)が多くてそのためにいろいろな現象があらわれている、との説明がありました。

今回のガイドさん、ずーっとしゃべりぱなし、、、、プロの仕事、を感じました。

2泊三日のツアー、明日は最終日、種子島へ戻ってお土産を買って、そしてまた、飛行機で広島です。

いつも思います、来てよかった。。。。。

本当に眼前にしなければわからないことがあるということは今までで確認済みです。

 

新しい時代の団体ツアー旅行

今日はお目当てのロケット発射台の見学。

でも、プロ野球の観戦と同じで、やはり遠距離からの見学でした。

まあ、想定内。(例えばセカンドベース上のタッチプレイの詳細など球場ではスコアボードの画面でのリプレイでしか見る事ができない)

でも実際にこの目で見てきました(ここが大切です、もちろん私感)(このような画面はテレビでも見られるのですが実際に3キロかなたとは言えこの目で見てきた、ここが大切)

今日それらの展示施設(別に資料館がある)で感じた最大の事。

そうだよね(あの高圧のエンジンの噴射室の中に燃料を噴射しようとすればそれ以上の圧力が必要よねー。)

という、今考えれば普通のことがよく理解できたということ。

また、

鉄砲伝来の地も見てきました。これは普通の海岸、鉄砲伝来の地でなければそれほど有名になるような要素はなさそう。

でも、鉄砲自体は歴史にものすごい影響を与えたわけで。。。。。

Time Goes By.(これはいつも思うことです)

別件。

コロナ禍でのツアー。これはこれで面白い。

コロナ禍のせいで単独参加の人は(今回は私を含めて4人いらっしゃる)

一人のテーブルで一人で食事です(今までは単独で参加しても食事の時は何かしら話をしたり或いはアルコールをついだりつがれたり)

一人参加もこれはこれでありです。わずらわしさがない。(ツアー単独参加の最大の理由の一つは、わずらわしさにもあるのですから)

タンカンのシャーベット。とコーヒー。

コーヒーは普通、でもシャーベットはおいしかった。

本日ビール2杯と赤ワイン1杯。

ロケット発射台

この秋は、種子島ロケット発射台見学ツアーです。

例年、秋には遊びに行っていました。年齢が年齢なので今のうちに。と。

今年はCovit19のせいで、パスポート不要の旅行しか方法はありません。一度見て見たかったロケットの発射台をみてきます。今日はその前夜泊。

種子島屋久島のツアーとしては、3泊4日で初日新幹線で鹿児島まで行って、というものもありましたが、一日かけて鹿児島泊というのも何か無駄なような気がして、チャーター機で種子島へ行く2泊3日のツアーを選びました。金額的にはほとんど同じ。また例年の海外に比べたら半額以下です。

ついでに(と言っては申し訳ないのですが)屋久島にも行くみたいです。

(人によってはこっちの屋久島のほうがメインかもしれませんが)

私はロケットの発射台がメインです。発射自体も見てみたいとは思いますがこれは運と時間とが重ならなければ無理でしょうから。。

 

Vsftp

Vsftpが繋がらなくなってしまいました。 つなぐ相手は自宅データサーバーです。

前回までは間違いなくFfftpでミラーリングアップロードができていて、普段使いのノートの中身をそっくりアップロードしてはミラーリングさせていたのですが。(HDDはRAIDを組んでデータの保存はほぼ大丈夫かと思われる機械)(うちの今までのデータの10数年分が収まっています。)

SSHで接続して、/etc/ のConfファイルをいじってみましたが状態は良くならず、それでは、とオリジナルのConfファイルでRestartさせてみるとちゃんとつながるようになりました。(インストール当初はこのConfファイルオリジナルでは繋げなかったような気がします)

とりあえずはこれでよし、です。ただパーミッションを今までとは違うものにしないと書き込みができないようです。また、Confファイルもオリジナルのままではセキュリティー上問題があります。(今はLAN内だけの運用ですからOKとしても)いずれ航海に航海(公開)させるつもりの試験用、トレーニング用のサーバーです。

とりあえずつながったので、ここから接続を厳しくしていきます。

今回、このことで、Confファイルのバックアップやらコピーやらがいっぱい日付付きで存在するようになってしまいましたが、トレーニングの材料にはなりそうです。