帰国

チリからニューヨークへそれから成田へ 無事に帰国
ラウンジで危うく寝過ごすことに。ラウンジの女性の係りの人が起こしてくれて成田行きの最後の搭乗者は私。
そこから14時間 帰ってきました。長い。 でも行ってよかった。年を取りすぎたらこの長時間の飛行機はしんどいと思う。たとえビジネスクラスを使っても。
今晩は成田泊り、明日飛行機で広島に帰ります。腰が痛い。。。。

モアイ モアイ モアイ

モアイ像をたっぷり見て来ました。レンタカーを借りて多分すべてのありかを回ってきたと思います。左ハンドル車で最初は運転する感覚がおかしかったのですが、2時間もたてば余裕で5速まで入れて80kmくらいは出していました。

モアイ像を見て来ました  よくある風景から島に来ないとみることができない角度。

モアイ 感動

モアイ像見て来ました。とりあえず1か所。予定どおりレンタカーを借りて。
感激です。南米にいることとモアイ像を見た事。

yよく有る写真ですが、これを見に来たのです。

南米チリ サンチアゴ2

反省 少なくともイエスとノーは現地語で言わなくてはいけない\\maa .
当然のこと
しかし旅はこうだから面白い。根底には何かがある。
明日は夢にまで見た多イースター島
yes ,Iam enjoying my life
いえることは今、非常に楽しいこのホテルもチェック委員の時にはギャランティが100ドル必要とかいってきてひと悶着あった
ホテルのフロントも英語が確かではないし、こちらも同じく確かでないもの同志の会話なので確かなもんができるはずがない
でも楽しめただって旅行だもん\\
テレビでは訳の分からない言葉で放送を流しています。
It’s Traavel and trouble

南米 チリ サンティアゴ

成田を定刻に出発ロスアンジェルスまでは葯時間現地時間19時到着アメリカではセキュリティーの関係だろうと思うg出入国のチェック手荷物の預けなおしなどロスアンジェルス出発は14時55分待ち時間はこの日の™¥ために準備しておいたカード会社のラウンジで時間をつぶす
その後伊いよいよ赤道超え、初の南半球入り飛行時間は10時間 やはり長い現地時間で6時半に南米チリサンティアゴに到着
その後いろいろあったが無事にホテル入りホテルのWiFiはよくないので形態の出座リングで書き込み。そのため写真は後日のアップとすることに

出発 成田へ

広島から成田へ移動。
広島から羽田までは飛行機。(手持ちのマイルを使いたかったため。片道7500マイル。有効に使いました。長い間ため込んでいて使う機会がなかなか無い、安いツアーはJALではないことが多い)
しかし、羽田から成田がが遠い。移動の方法は何通りもあるのだが今日については余裕があるので一番安価なエアポート快特を利用。
およそ1時間半程度かかって移動。料金は1800円切符の自動販売機では乗り継ぎを選ばないとこの金額が出てこない、確かに、途中別の路線を通って列車の名前も変わっているよう、もちろん同じ車両に乗ったままだが)
広島では13時ころの便を予約しておいたのだが早く目覚め早く出発したので1便早い飛行機に変更してもらった。ただ単に早くできる?と、言ったら空いているからと即対応。
エアポート快特はせっかくだから終点まで乗った、乗ってみた(第1ターミナル)、明日は出発は第2ターミナルなのでここまでくる必要はない、ゆえに、今日は乗ってみた。
千葉県に入って千葉ニュータウンまでは家がいっぱいあったがそこからは駅の間が長くて周りは田舎の様、現れた空港の周りはさすがにそれらしいけれど。
空港からは今晩の前泊のホテルへ、送迎バスに乗って約30分 周りに何もないところにホテルが何件もあってちょっと歩いてコンビニへは無理な場所。
ホテルにはビュッフェ形式のディナーがあったが今日は軽く夕食にしたいので1階にあった小さなコンビニ風のところでチーズを買って、あとはホテルの氷で軽く1杯。
炭酸水を買ってハイボール、ウイスキーは角瓶の2Lを旅行用に持ってきた、多分この旅行で空になると思われる。
明日はロスアンジェルスからチリ、サンチアゴへ。行ってきます。

ドル両替宅配

 

 

地元の銀行にドルへの両替を頼んだらHPから簡単にできる、とのことでHPからたどってみると三井住友銀行のHPへジャンプ。

そこで両替の金額や住所などを入力して配達希望日を指定、代金引き換えで送ってくるらしい。レートはニュースなどで報道されるレートより4円くらい。112円のところが116円くらい。手数料の発生は当然、何万円以上からは送料無料。

高額紙幣多め、ふつう、少なめの3種類があって私は少なめを選んだ。

本日到着。

すべてが新札でした。

チップに使う1ドルなどを多めに両替 これでとりあえず現地での現金はOK.

旅行先ではこのドルからまた、チリペソへ両替してみます。(日本円からチリペソへの両替はこのHPでは直接できませんでした。

地域 社会に貢献

地域や社会に貢献する方法は何通りもあると考えています。

例えば 今テレビで話題のボランティア活動の専門家。地域や社会に貢献されている功績 大だと思います。

他方、例えば トヨタ自動車やマツダ 地域や社会への貢献 大だと思います。

ヨシムラは、事業として利益を出し(適正な利益をいただいて)納税という形で地域社会へ貢献していきたいと考えています。

社会に役に立つ仕事をしてという前提は変わりませんが。

 

佐渡から白川郷へ

佐渡から白川郷

一度は自分の目で見てみたかった。

世界遺産になるにはそれなりの、いわば権利と それに伴う義務がある。それらについても実際に見てみたかった。

泊まったのは170年の歴史のある合掌造りの民宿、テレビ無し、部屋の境界は障子だけ 貴重品の金庫も無し。でもこれが妙に居心地が良い。宿の人の人柄も民宿の顔、たぶん。

晩御飯、昨日までの佐渡での民宿に比べると質素という感は否めないが白川郷、ということで納得できる。飲み物はここでだけと思われるどぶろくを飲んでおきました。これが旨い。ちょっと辛口で私がかつて飲んだことがある他の地域のどぶろくにあった酸味は全く無い、絶品。左上は飛騨牛の陶板焼き、これはまあ普通か。

朝は、目覚めたら身支度を整えて展望台へ、白川郷を山上から見る、雪は無いがそれなりの景色、来る前に誰かから聞いた実際に行ってみるとたいしたこと無いよ、とは思えずとてもきれいに大事に見えた。地元の人々が大事に守っていることとその守ることの大事さを感じることができる風景であった。

展望台で景色を見ていると上空からドローン(まさに蜂がハバタいているような音が聞こえてきた、)まさにドローンでの撮影の最中、聞いてみるとHP用の空撮らしい。Inspireを飛ばしていた。

何か因縁みたいなものを感じて将来の明るさを確信、私もやっているのだといってちょっとした交流。

その後白川郷を後にして中継地点神戸へ。神戸にせっかく来たのだから、で、思いついたのは六甲山、上がってみました。これはロープウェイの駅(たぶん)

興味がわいたのはオルゴール館。

いろいろなオルゴールあり、かつオルゴールの実演もあり。行って良かった非常に良かった。おすすめします。

六甲山頂上での愛車。次に来ることがあればいいな。

そのあとは今晩のホテルに着いて休憩の後、佐渡では海のたんぱく質ばかりだったので焼肉を食べたくなってホテルの近くの焼肉屋さんへ。一通り食べて満足、タンパク質は大事です、帰ってからの活力です。アルコールは生ビール一杯でやめておきました。

 

 

佐渡2日目 砂金取り と たらい船 と1日限定30食 ブリカツ丼

佐渡2日目、南半分を回る行程。

砂金取り。の施設へ行った。本当の砂金なのか?は聞かなかった、聞かないほうが良いと思った。

その前に本日の朝食。さんまとコロッケたらこ左下は蒸しナス、納豆等、悪くない。

砂金取りの体験施設 佐渡は金山で、やはり金。

1回目の選別作業で砂金が見えてとりあえずお土産はできた。この後2回ほど選別をやったが砂鉄のみで金は無し、中腰の作業で腰が痛くなり30分の制限時間まではやらず10分ほどで退散、この砂金はキーホルダーにしてお土産に1500円也。

この後は、たらい船の体験へ、

今回の旅のお供はこのレンタカー。佐渡一周の道路は途中非常に狭いところがあってこのくらいの車がちょうどいい、軽でも良い。

日本海と灯台。この日は海は穏やか、と、いうか島の南側は比較的穏やからしい。昨日の北側の海の状態ではたらい船とモーターボートクルーズはどうかと思っていたがちゃんとできていたみたい。

たらい船、たらいなんだけどちゃんとプラスティック系の補強がしてあって丈夫そう、浸水も無し、普通の服でぬれる心配は無し。

たらい船から撮影した港、小木港。この日は港のお祭りをやっていたみたいで、和太鼓の鼓童の公演もあったようです。

たらい船の漕ぎ手のお母さん(年配の女性でした)のおすすめのブリカツ丼を食べてみました、税込み1296円。ブリのカツは初めての体験、うまかった、1日30食限定。食べ終わってこの店を出たときには売り切れの張り紙がしてあって食べられてよかった。

その後は、モーターボート乗船、30分ほどのクルーズ、奇岩などの案内でした。

遠くに見えるのはたぶん能登半島の先端?