幸運 ロケットの発射を見た!!!!

種子島屋久島ツアー最終日。

ホテルから種子島へ高速船でもどり、てっぽう館を見学、長年の疑問であった銃身の作り方(心にする鉄の棒は抜けるのか?、という疑問、確かな答えが欲しかった)を学芸員さんに直接質問、温度差で抜けるとのこと、これは専門家の意見からも間違いのないとのこと。で銃身の作り方も納得。日本にはなかったネジの切り方については方法だけは何かで読んだことがあり納得はできていた。

日曜日の4時半頃ロケットが発射されるらしい、という情報はこのツアーの初日にはあったのだが、ロケット発射のことなので、遅れたりとかはいつものことでそんな幸運は?とあまり期待しなかったが。

いずれにせよ見られるとしたら飛行場からしか可能性は無い。

幸運。見られました。飛行機の時間との関係で飛行場の出発待合室の中からでしたが。

そのためガラス越しで、かつ、ヤシの葉が撮影の邪魔はしていますが。

そして見えたあと10秒以上遅れて発射の音も聞くことができました。

発射台を見たかった種子島で、ロケットの発射まで(実際には上昇ですが)を見ることができました。

ロケットからの橙色の炎と写真の雲の下側にも痕跡の雲が写っています。

写真左下の飛行機はこれから乗るものと同型同会社の別便で我々が乗る飛行機はこの右側に留まっている。

好天にも恵まれナイスな種子島屋久島ツアー。 諸々のことに感謝。

 

 

屋久島 紀元杉

船で屋久島へ。

今回のツアーの主目的はロケット発射台なので、付録。

有名な縄文杉は往復徒歩で10時間もかかるコースとのことでこれはたぶん見る事はない(できないでしょう)

バスで行くことができるのが紀元杉。これはこれで見事なもの

広島で見る杉とはイメージが全然違う、。

千尋の滝。これはあまりメジャーではないが(ツアーの人たちも大したことないなとか言っていた)私には滝の水よりも両サイドの石がすごい。。きれい。。

屋久島独特の花崗岩(長石の結晶が大きい)それがこの大きさで露出している。

凄い。

屋久島では久しぶりに焼酎を飲んでみました。これについてはただ飲んでみました、と、いうだけでやはりおいしいとは思えず、私にはもったいないことでした。

 

屋久島へ

屋久島。いろいろなレアケースの詰まった島、のよう。

縄文杉は往復10時間程度の登山、プラス下山が必要なところにあるみたいで今回のようなツアーの類の甘いツアーで行けるとことではない、

見たのは紀元杉。。これも人間の生きる時間から見ればはるかに長い時間。屋久杉と呼ばれるためにはそれなりの年月が必要とのこと、千年程度ではその資格はないとのこと。

その他、ガイドさんの案内でいろいろと説明をしたもらいました。

こういう説明はこの類のツアーで、ガイドさんがいる時のメリットではあります。

千尋の滝、これはガイドさんの説明によれば、今一つマイナーな場所なようであったが、石を生業にしてきた者にとってはあの岩盤の凄さは。。。。感激であった。

また、この屋久島の花崗岩は特に長石(普通に広島での石、や、広島の岩盤はマサツチであるというときの)が、よく見たときにピンク色に見える部分、花崗岩は石英、長石、雲母でできています、長石の部分が多いらしい)が多くてそのためにいろいろな現象があらわれている、との説明がありました。

今回のガイドさん、ずーっとしゃべりぱなし、、、、プロの仕事、を感じました。

2泊三日のツアー、明日は最終日、種子島へ戻ってお土産を買って、そしてまた、飛行機で広島です。

いつも思います、来てよかった。。。。。

本当に眼前にしなければわからないことがあるということは今までで確認済みです。

 

新しい時代の団体ツアー旅行

今日はお目当てのロケット発射台の見学。

でも、プロ野球の観戦と同じで、やはり遠距離からの見学でした。

まあ、想定内。(例えばセカンドベース上のタッチプレイの詳細など球場ではスコアボードの画面でのリプレイでしか見る事ができない)

でも実際にこの目で見てきました(ここが大切です、もちろん私感)(このような画面はテレビでも見られるのですが実際に3キロかなたとは言えこの目で見てきた、ここが大切)

今日それらの展示施設(別に資料館がある)で感じた最大の事。

そうだよね(あの高圧のエンジンの噴射室の中に燃料を噴射しようとすればそれ以上の圧力が必要よねー。)

という、今考えれば普通のことがよく理解できたということ。

また、

鉄砲伝来の地も見てきました。これは普通の海岸、鉄砲伝来の地でなければそれほど有名になるような要素はなさそう。

でも、鉄砲自体は歴史にものすごい影響を与えたわけで。。。。。

Time Goes By.(これはいつも思うことです)

別件。

コロナ禍でのツアー。これはこれで面白い。

コロナ禍のせいで単独参加の人は(今回は私を含めて4人いらっしゃる)

一人のテーブルで一人で食事です(今までは単独で参加しても食事の時は何かしら話をしたり或いはアルコールをついだりつがれたり)

一人参加もこれはこれでありです。わずらわしさがない。(ツアー単独参加の最大の理由の一つは、わずらわしさにもあるのですから)

タンカンのシャーベット。とコーヒー。

コーヒーは普通、でもシャーベットはおいしかった。

本日ビール2杯と赤ワイン1杯。

ロケット発射台

この秋は、種子島ロケット発射台見学ツアーです。

例年、秋には遊びに行っていました。年齢が年齢なので今のうちに。と。

今年はCovit19のせいで、パスポート不要の旅行しか方法はありません。一度見て見たかったロケットの発射台をみてきます。今日はその前夜泊。

種子島屋久島のツアーとしては、3泊4日で初日新幹線で鹿児島まで行って、というものもありましたが、一日かけて鹿児島泊というのも何か無駄なような気がして、チャーター機で種子島へ行く2泊3日のツアーを選びました。金額的にはほとんど同じ。また例年の海外に比べたら半額以下です。

ついでに(と言っては申し訳ないのですが)屋久島にも行くみたいです。

(人によってはこっちの屋久島のほうがメインかもしれませんが)

私はロケットの発射台がメインです。発射自体も見てみたいとは思いますがこれは運と時間とが重ならなければ無理でしょうから。。

 

軍艦島

前から見てみたかった長崎軍艦島。

この小さな島に、今の安芸太田町の人口とほぼ同じくらいの人が住んでいた。

正確にはもっと少ない人口、5千6百人くらいらしいが。

石炭の時代の興隆と荒廃、いつの世も、何かとその荒廃はセットのようではありあります。

このあとはいろいろ長崎の街をドライブして坂の町を実感。

稲佐山展望台からの長崎も見てきました。

 

シェラトングランド広島に泊まった2

昨日は、広島市内の友達を誘っての夕食を楽しんだ。

生ビール、白ワイン そして高級な料理。それからは部屋での飲み会。

友人はロイヤルと珍しくレーズンなどを持参してくれて、氷はホテルの(ビジネスホテルなら自分でN階の氷の器械があるところへ取りに行くのだろうが)フロントに電話をして部屋まで持ってきてもらう。

コロナ禍の下では部屋のみもありでこれも楽しい。いろいろと話をして

最後の方はよく覚えていないが、友人の話ではちゃんと玄関まで見送ったみたいで。

残っていたロイヤルはそこから1センチほど。1センチとはいえ残っていたのはやはり年のせいか。

この日はこの高級ホテルのプールで泳いでもみた、泳ぐのなんて何十年ぶり(子供が小さいときに海で、だから25年ぶりくらいか)手足を動かす割には進まない泳ぎになってしまっていた。

 

シェラトングランド広島に泊った

わけあってシェラトン広島に泊った。有効期限が8月末までの宿泊券、などがあって。

今年のお盆はどこにも行くことができないので、と、有効に利用するという名目で、ホテル側のおすすめの宿泊パターンで泊まってみた、(お盆ということもありで、2泊してみた。

エレベーターではカードキーをかざさないと行くことができない(カードキーをかざさないとその階には行けませんとアナウンスがされるような部屋に泊ってしまったみたい?)

まあ。有効期限の近づいた宿泊券の行使とホテル側の言いなりの予約でこれもあり。

なんかラウンジが使えるようでここもカードキーをかざすか、特定の階からでないといけないような感じ。らしい。初めてのホテルなので(こんなに高いところは人生でたぶん最初で最後か?)良くはわからないが。

で、ラウンジに行ってちょっと仕事を(お盆にやっておきたいことがあって)といってみたが。

この続きはまた。

でも空港のラウンジのようなところ、みたい。

ただ、新型コロナの影響で空港のラウンジのようなビュッフェスタイルではなくて、担当の人たちがお料理をお持ちしましょうか?と聞いてくる、飲み物(私はウィスキーのロック、いつものパターン)とかはセルフサービスで、とのこと。

アンカラからイスタンブールへ

カッパドキアからトルコの首都アンカラへ、特にこれといった観光はなく長いバスの旅、居眠りをしたり外を眺めたりで再度イスタンブールへ。明日は帰国の途。

グランドバザールが最高の観光地広くて大きくて(らしい、見たのはその一部だけのはず)

この日は午前2時半(現地時間)、日本時間で8時半から電話が4,5本かかってきて現地時間のホテル出発時にも眠気がいっぱい。

幸い午前中の移動時間のバスの中で睡眠をとることができて午後からは好調に観光その他(いえ、観光ではなく研修)

モスクも見てきました、大理石の直径5mの柱や、ステンドグラスなど。

カッパドキア2

カッパドキア、熱気球が飛んで入りことでも有名。このツアーのオプションにもなかったのでまあしょうがないとあきらめてはいたのだが添乗員さんからのアナウンスあり。即参加決定。問題は天候だけ、参加を決めた日は台風並みの強風。。

午前6時15分のロビー集合、風はない。バルーン会社のミニバスが迎えに来た。ロビーで軽食の朝ごはん、その後離陸場所へミニバスで行って搭乗。

熱気球からの熱気球ともちろんカッパドキアの映像。

熱気球のパイロットとバーナーの部分。ここら辺はメカが好きなだけに外せないところ。

カッパドキアの奇岩群と熱気球での空からの観測(あえて石を見るたび、ゆえに観測)

世界の石を見ています。