アンカラからイスタンブールへ

カッパドキアからトルコの首都アンカラへ、特にこれといった観光はなく長いバスの旅、居眠りをしたり外を眺めたりで再度イスタンブールへ。明日は帰国の途。

グランドバザールが最高の観光地広くて大きくて(らしい、見たのはその一部だけのはず)

この日は午前2時半(現地時間)、日本時間で8時半から電話が4,5本かかってきて現地時間のホテル出発時にも眠気がいっぱい。

幸い午前中の移動時間のバスの中で睡眠をとることができて午後からは好調に観光その他(いえ、観光ではなく研修)

モスクも見てきました、大理石の直径5mの柱や、ステンドグラスなど。

カッパドキア2

カッパドキア、熱気球が飛んで入りことでも有名。このツアーのオプションにもなかったのでまあしょうがないとあきらめてはいたのだが添乗員さんからのアナウンスあり。即参加決定。問題は天候だけ、参加を決めた日は台風並みの強風。。

午前6時15分のロビー集合、風はない。バルーン会社のミニバスが迎えに来た。ロビーで軽食の朝ごはん、その後離陸場所へミニバスで行って搭乗。

熱気球からの熱気球ともちろんカッパドキアの映像。

熱気球のパイロットとバーナーの部分。ここら辺はメカが好きなだけに外せないところ。

カッパドキアの奇岩群と熱気球での空からの観測(あえて石を見るたび、ゆえに観測)

世界の石を見ています。

 

カッパドキア

奇岩が立ち並んで迎えてくれました。

あえて、普通の写真とかには無い写真を選びました。

この日は風が非常に強くて、かつ寒い、寒いのは覚悟してきましたのでOKです。

世界の石を見るというコンセプトにぴったりのトルコツアーです。

これらの石は凝灰岩(火山灰が固まった石)で非常に柔らかい石です。屋根にあたる部分は溶岩で比較的硬いためのこのような形に風化されていったものです。

世界の石を見てみたい、現在進行中です。

カッパドキアへ

今日は一日移動日という感じ、

総走行距離750km、専用バスのドライバーが一日の業務時間超過のため本日だけ別のドライバーが休憩箇所で乗り込んで交代。

そしてカッパドキアへ到着、午後6時過ぎ、辺りはもう真っ暗。

しかし洞窟ホテルの外観は部屋からの照明の漏れなどで見える、またこのツアーで割り当てられた部屋も今までにはない広くて豪華な部屋*詳細については後日アップします、まず広いし、バスタブには俗にいうジャグジー付き

 

夕食の後アップしています。ワインとウイスキーで絶対に運転はしてはいけない上蓼の投稿。キーの打ち間違いが素面の時よりも多すぎて時間はかかっている。

ここカッパドキアに到着したのが暗くなってからなのできれいな写真はまだありませんが部屋の様子などアップしておきます。

 

エフェソス遺跡

よく知らなかったが地震で無くなってしまっていた都市の跡。

地震で無くなってしまっただけあって今あるのは修復された物なのだが、それでも過去の(紀元数百年)の当時の技術の確かさを見るには充分。

今のコンクリートで作られた物たちが果たして数千年後に。。。。

あまり期待していなかったトルコ旅行ではあったのだが、実際にはすごい。

かつてのトルコ帝国、オスマントルコ、しっかり研修しています。

WiFi環境が本日のホテルでは良くなくて、この作業が精一杯、写真はまた機会を見てアップします。(パソコンは好調に動いてくれています、キータッチもなれれば悪くない)

トロイ遺跡

紀元前3千年からのお話のようです、今日のガイドさんの説明からです。何回も何回も埋もれては再構築された都市の遺跡です。

規模自体はそんなに大きくなくてあまりメジャーになれていない理由が分かったような気はしましたが、それでも歴史を考えるとやはり世界遺産です。

このトロイの木馬は、最近作られたものでこのトロイの遺跡とは実際には関係がありません、トロイが滅亡したきっかけとなったトロイの木馬のお話から再現された作り物です、トロイ遺跡自体は興味がない人にとっては普通の石垣であったり、。という程度のもので、足早に歩けば10分ほどでとおりすぎるようなものでした。

しかし、かつての(紀元前3千年から)ということを思ったときにやはりいにしえの人たちの知恵にはもう感服です。

写真にはあえてそこら辺のネット上にはない角度の物を使いました。

ドバイからイスタンブールへ

ドバイ着は早朝、4時間ほどの待ち時間、その後トルコ、イスタンブール行きに乗って4時間ほどでトルコ、イスタンブール空港へ、若干くたびれましたが、初めての地、興味は深々。カッパドキア、トロイ、。。。。。見どころはいっぱい。

石材のいにしえの人たちの工夫や努力をいっぱい見させていただきます。

写真はトルコ、イスタンブール空港。

関空へ

お正月、2日だというのに新幹線は満員。

関空特急もほぼ満員です。私を含めてみんなどこかへお出かけされるようです。

 

マチュピチュ

クスコからバスでマチュピチュへ行く鉄道の駅まで1時間半ほど揺られて到着。

その駅から2両編成のディーゼル車(昔存在していた可部線(可部-三段峡間)のような線路)に乗ってマチュピチュ駅へ到着。

この時点で午後九時過ぎ、遅い夕食などから、一晩明けて、今度はシャトルバスに乗って25分ほど。マチュピチュ村のふもとへ。

そこから石段を登ってそして。

よくある写真のような、実際に撮影してきたもの。

別の角度から。

そしてその中の一つの構造物の撮影。

いいですね。これ以上の言葉はありません。

見事な石の工作物の数々、数々。。。。。

この後午後から太陽の門といわれているここから2時間ほどの山道を上がるおオプションにも参加。

足腰膝をいじめてきました。今現在、足腰膝は悲鳴を上げています。

クスコ

クスコ、

正直あまり期待していなかった、し、よく知らなかった。

しかし、この石材の加工技術、インカの人たちの加工技術。。。。

よくある写真、(撮影は私、よくあるのはパンフやらその他の記事にという意味)

この時代にこの加工。また、インカの人たちは鉄器を知らなかったらしい(その他の合金は知っていた可能性があるそう)

ここだけではなくてあらゆるところにインカの人たちの加工技術が存在していた。

インカの人たちは文字を知らなかった(作らなかった、作れなかった)ため詳細はわからない(想像範囲でしか)

石材をこれだけの精度でこれだけ加工するためにはやはりそれなりの道具、工具は必要のはず)

しかし、現在この加工をするにしてもそれなりの技術は必要。並みの石材店(お墓だけを売っているお墓屋さんにはまず無理,いえそれ以前の問題、石の扱い方を知らない)

何度も思います。昔の人は偉い。

現在のわれわれの仕事を後世の人が偉いといってくれるか?

肝に据えて仕事をしたいものです。

マチュピチュに午後9時過ぎに到着、ホテルにて。明日はマチュピチュ見学。