マチュピチュ

クスコからバスでマチュピチュへ行く鉄道の駅まで1時間半ほど揺られて到着。

その駅から2両編成のディーゼル車(昔存在していた可部線(可部-三段峡間)のような線路)に乗ってマチュピチュ駅へ到着。

この時点で午後九時過ぎ、遅い夕食などから、一晩明けて、今度はシャトルバスに乗って25分ほど。マチュピチュ村のふもとへ。

そこから石段を登ってそして。

よくある写真のような、実際に撮影してきたもの。

別の角度から。

そしてその中の一つの構造物の撮影。

いいですね。これ以上の言葉はありません。

見事な石の工作物の数々、数々。。。。。

この後午後から太陽の門といわれているここから2時間ほどの山道を上がるおオプションにも参加。

足腰膝をいじめてきました。今現在、足腰膝は悲鳴を上げています。

クスコ

クスコ、

正直あまり期待していなかった、し、よく知らなかった。

しかし、この石材の加工技術、インカの人たちの加工技術。。。。

よくある写真、(撮影は私、よくあるのはパンフやらその他の記事にという意味)

この時代にこの加工。また、インカの人たちは鉄器を知らなかったらしい(その他の合金は知っていた可能性があるそう)

ここだけではなくてあらゆるところにインカの人たちの加工技術が存在していた。

インカの人たちは文字を知らなかった(作らなかった、作れなかった)ため詳細はわからない(想像範囲でしか)

石材をこれだけの精度でこれだけ加工するためにはやはりそれなりの道具、工具は必要のはず)

しかし、現在この加工をするにしてもそれなりの技術は必要。並みの石材店(お墓だけを売っているお墓屋さんにはまず無理,いえそれ以前の問題、石の扱い方を知らない)

何度も思います。昔の人は偉い。

現在のわれわれの仕事を後世の人が偉いといってくれるか?

肝に据えて仕事をしたいものです。

マチュピチュに午後9時過ぎに到着、ホテルにて。明日はマチュピチュ見学。

ペルーへ

関空からロサンゼルス、ペルー、リマへ

関空に行く前に新大阪駅で串カツの立ち食い。飲み物はハイボール1杯。で、やめておいた。

関空から9時間ほどのフライトで(こちらからは偏西風に乗ってこのくらいの時間)ロサンゼルス、到着。ここでは次のフライトまで9時間程度あり、当初はラウンジで時間をつぶそうと思っていたが(ロサンゼルスのオプションツアーもあったがもうすでに行ったところばかりだったので予約せず)ほかの単独参加の人がGettyMuseumを見に行くといっておられたので同行させてもらえないかと。

二人で迷いながらもバスとタクシーで目的地へ、しかし、途中の山火事で目的のインターチェンジで降りることができずまた、先のインターチェンジから降りたところで規制がかかっていてかつ、この山火事のせいで休館らしく、たどり着けずに引き返す。しかしこれはこれでいい旅。何かがあるのが旅です。ロサンゼルスのまちでバスにも乗ったしタクシーにも。タクシーから撮影、普通の風景。

その後再度飛行機でペルーへ、ラタム航空は結局2年続けて利用することになる。残念なのは食事の時にウィスキーがないといわれたこと。

ペルー到着。今回は昨年のイースター島とは違ってツアーのうちの一人なので添乗員さんに任せて気分は楽なもの。

何とか広場、ペルーの旧市街はこういう広場を中心にして作っていったらしい。

今回のツアーは総勢16名

街角で見かけたペルーの女性白バイ隊員

この後ホテルに入ってひと眠り、が、指定された晩飯の時間に起きられず電話で呼び起こされる。

無理もない、着いたらすぐにウィスキーをストレートで2杯、風呂に入ってベッドで横になったら。。。。。

日本を29日の夕方に出発して機内で5,6時間2回ほど寝ただけ体は睡眠を欲しがっている。

また、明日は4時半の出発、片道5時間の道のりでナスカの地上絵をセスナから。

強行日程ではあるが私にはこれがメイン。子供のころからみてみたかったナスカの地上絵。セスナが右回りと左回りで15分ほど旋回してくれるそうです。

もしパイロットに何かあっても代わりに操縦できるかもしれない。(冗談です)

マチュピチュ ナスカの地上絵

関空からロサンゼルス経由でリマへ

今年も南米、一般的にはマチュピチュだろうけど、(仕事的には)

子供のころからみて見たかったナスカの地上絵(セスナ飛行も付いているツアー)が楽しみ。関空からの書き込み。