粒状農薬散布機 飛行許可

先日から申請していた粒剤散布用の試験機FarmHero002の審査が済んだので紙の許可書が欲しいなら返信用の封筒を送れ、とのメールが。

粒剤散布試験機の飛行許可取得です。今回の申請では修正依頼が一度もなく許可を得ることができました。

用意した申請書がすべて文句なしだったのか、あるいは時代の要請としてこのような機体が必要であるということを推奨しているのか、?いずれにせよ飛行許可が下りたことは事実でこれで液剤と粒剤のどちらでも実際に農薬を撒くことができます。

FarmHero 001と 002 これからその名称通り農場のヒーローになってほしいものです。

農薬散布機 飛行許可取得

農薬散布試験機、飛行許可が下りました。

自作機とありますが、弊社オリジナルの機体です。飛行実績などは以前の「農林〇〇〇協会 」に機体の許可を申請した(許可は、そのころの基準が非常に厳しくて、東京まで機体を持ってきて、白い紙を置いた上を飛行させてその白い紙にどのくらい試験用の青く着色させた水が付着するかなどの試験)機体とほぼ同じ。

この機体は安芸太田町の農事法人に20時間の試験飛行をお願いし(これは前述の農林〇〇〇協会の基準に必須であった)、そのころの現用のラジコンヘリと同じかそれ以上の仕事をした機体です。(試験飛行用の費用をお支払いして実施してもらいました)(操縦に関してはラジコンヘリに比べればはるかに簡単)

農業に限らずこれからもこういう省力化はますます進んでいくものとも思われます。

弊社はこれからもドローンの未来に対して真摯にかつ精力的に進んでいきます。

ドローンのヨシムラ

空撮はもちろん、それの応用としての写真測量(先日の国家試験で測量士を取得 測量事務所開設手続き中)、 物品の運搬、 自動飛行(固定翼機、トラディショナルヘリコプター(普通のヘリコプター)ドローン、機体の種類にとらわれない)、くす玉割ドローン、PAドローン、自動巡回警戒、空飛ぶマニュピレィター(チェーンソーを搭載して枝を切るとか)、等々、あらゆるドローンのニーズに対応していきます。

 

農薬散布ドローン飛行許可

農薬散布機(商標登録済み FarmHero ファームヒーロー)001号機 危険物の運搬と物件の投下で飛行許可取得。

試験機ではありますが正式に農薬散布ができます。

これからの農業の省力化や、i化に貢献できます。

小規模の畑の農薬散布に活動させます。

農薬容量は3L(タンクは5Lだが飛行時間を考慮して3Lに制限)飛行時間は12分程度。小さい農場ならば十分な性能。

高齢化で農薬散布の難しい田んぼなど用途は広がると思う。

合格証届く

合格証が届いていました。

間違いありません。合格です。

7%台の合格率の中で上出来です。

合格を完璧に確認したところでやっとですが、自己採点をしてみました。しかし、一生懸命考えていたのでしょう、問題紙に回答の記録を残していないところも多くて正確には自己採点ができませんでした、しかし、足切りラインの400点ギリギリはまちがいなさそうです。

ということは、午後の選択科目が7割以上はできていたのでしょう。午前の問題は過去問と出題傾向が大きく変わっていた感じでしたが、午後で得意の写真測量やUAVの分野での出題に助けられた、というところでしょうか?

時代の流れとしてUAVでの測量はまさにオンライン、で、進んできた方向に間違いは無いようです。

測量士 合格発表

コロナ禍でおよそ半年遅れで実施された測量士の試験、本日合格発表。

ネット上で恐る恐る確認。

合格率が7%台。

リンクをたどって

あれだけ受験者がいたのに合格した人は8人。その中に

ありました、自分の受験番号 1004。

およそ5時間に渡って頭をフル回転させた甲斐がありました。ドローンの空撮に役立てていきます。

本年もどうぞよろしくお願いします

ドローンの飛行エネルギーを太陽光からのものにしていきます。

直流をそのまま直流で使う、これからの太陽光発電の主流になると思います。

直流を交流に変換して(変換とかは間違いなくロスが生じます、100%の変換とかはありえないはずです、間違いなく変換のためのエネルギーが要るはずです)そしてまた、交流を直流にしてバッテリーに充電。

その交直変換、の手順を外すことに、取り組みます。そのもとは、太陽光発電を想定しています。

 

 

測量士 試験受験

測量士の試験、受験してきました。

本来ならば5月に行われる予定でしたが、コロナ禍で延期され昨日の施行でした。

測量士についてはドローンスクールの活動範囲の拡大が望めるのではないかという事からの取り組みです。決して測量分野の方々の領域を犯そうというようなものではありません。

出身校が土木系ですので測量士補は持っていたのですが、やはり補が付くのと、そうでないのでは。と、の思いが強く。

ネット上の記事などから過去問を中心に勉強をして、基本的に取り組み方は一晩漬け、ならぬ3ヶ月漬け、が大方針でしたが、試験が延期されて計画は大幅な変更を余儀なくされ、かつ、モチベーションも下がってしまって。

過去5年間の過去問は一通りこなしましたが、なにせ年齢が邪魔をして同じようなところを同じように間違えてしまう、というのが実情でした。

獲らぬ狸の皮算用的には、午前の選択問題で、できれば9割、(28問中の2問か3問だけ間違える、という皮算用、これで625点)午後は記述式で難易度が高いので4割ちょっと程度取れれば良い、(これで300点)合計925点で合格点の910点を超えて、。

しかし、昨日の午前の選択問題は新しい問題が多くて完全にアウト。皮算用分は間違いなく取れていない。(取れていないという自信はあります)

午後の記述式も新しい問題が多くて、やはり大問題。でした。でも

感覚的には午後は4割よりは取れていたような気がしますが。

自己採点はしないことにしました。来年1月18日の発表を静かに待ちます。(完全にダメという気もしないし、もしかしたら、とも思えるような状態です、運が良ければ。。。)

午後の必須問題にも新しい問題が(過去5年間はなかった問題が)出ていたように思います。流石に合格率が例年1割台の試験であるということを実感してきました。

午前2時間半、午後2時間半集中して問題に取り組み最近では感じたことのない短い2時間半ずつを机に座って頭をややオーバーヒートさせて。

試験終了後は友達と広島の街でお食事と飲みと。連休とはいえコロナ禍と日曜日の夜ということもあって広島市内はそれほど賑やかではありませんでしたが、おいしい食事と美味しいお酒、久々の友人との時間を過ごし、オーバーヒートした頭のクールダウンをしてきました。

 

 

 

QGIS を Ubuntu で動かす

QGISを自宅パソコン(自宅パソコンは使い古しの、Windowsでは重すぎるようになってしまった1,2時代前の物を使っています)(仕事用には本当にいいものを使っていますが)に入れて試用しています。

WindowsでのQGISのインストール方法は比較的簡単で、すぐに動かせるようにできましたがLinuxにはそれなりのノウハウがいるようです。

別のUbuntu 機にも入れてLasToolが動くようにできたのですが、今回は自宅用のLubuntu機(Ubuntuには重たすぎて実用にできなかったためLubuntuをインストールした機械)に入れてみたのでその報告。

QGIS自体はHPの通りインストール、https://qgis.org/ja/site/forusers/download.html のLinuxのところから Debian/Ubuntu用のところへ行って説明どおりにターミナルから打ち込んで(実際にはコピペ)(必要なToolをインストールして、リポジトリの追加をしてから本体のインストール)前回はコードネーム(ニックネーム)がパイ(Verが3.14だからだと思うが)だったが今回のものは3.16であった。

そしてLasファイルが見えるようにLasToolをインストール。

これにはLinuxでは前段階としてWineのインストールが必要でそしてその在り処を指定してやる必要がある。

これらも無事に済んで、自宅用のLubuntu機もLasファイルが見えるようにできた。

このLasファイルはQuitaで見つけた静岡県庁のHPからのレーザーのデータ。

これはスクリーンショットですが、実際にはマウスで3Dとして動かすことができます。

(これらを説明してくれたQuitaの記事に感謝します。)

LasToolフォルダは普段は見えては目障りなので隠しフォルダにしておきました。きれいにホームフォルダ内が整理されたように見えます。

前回のUbuntuへのインストールではQuitaの記事に習い Fusion も入れようとしてみましたがこちらはどうもWindwsへの直接のインストールだけのようだったので現段階ではLinuxで動かせるには至っていません。

DID 空撮

測量コンサルタント様の依頼で広島市内で空撮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は少し風が強い時間帯もありましたが無事に終了。(もちろん飛行許可 撮影許可は取得済み)

持参したFPVゴーグルが依頼主の役所の担当者様に好評。

本日のパイロットは弊スクールのインストラクター、森脇さん。