GNSS 基準局公開

GNSSアンテナの座標を決定させて基準局として公開させるためにRTK2Go.comに登録。

基準局データをアップするラズベリーパイの設定も済ませ     *設定方法は後日公開*下の写真は別のラズベリーパイからのSSH接続でのデータサーバの様子

早速RTKで観測してみる。

下側が設置したばかりの手前(テメー)観測からのGNSS信号、この段階ではまだFIXしていない。

しばらく待つとFIXしてくれた。基準局用のアンテナの真下あたりなのでそれらしい?数字でFIXしている。

この後パソコンをWifiではなくデータ端末でネットに接続して屋外での観測をしてみたが、思った以上にFIXに時間がかかるようだがちゃんとFIX.

移動させるとそれらしい数字に変わってくれた。

課題は高度。基準局のアンテナの性能か、あるいは屋根の形状、材質が問題なのか、単に移動局のアンテナの性能か?

追及してみる。

この後善意の掲示板にもメールを送り、登録させてもらうようにする。

RTK2GO.COMのアクセスポイントは単に yoshimura ID パスワードは無

34.5730805813 132.3205854666 184.8932m 桁の最後の方はExcelが出した桁なので必要かどうか,。

単独測位(約7日)から戸河内AとのPK ベースライン17101.06m

アンテナはアマゾンで買ったSuperbat GPSアンテナ L1のみ

 

 

GPS座標決定

GPSでの観測を続けほぼ1週間分のデータを記録。そのデータをPPKののちにFIXしているものだけをEXCELLで平均し座標を決定刺せました。

初めはEXCELLでFIXした値以外を手作業で削除しようと、簡単に思っていましたが、8千近いデータを手作業で処理していくのは簡単なようでも見落としがありFIXの数を主計するとデータ数よりも多くて(これはFIXしていないデータが削除しきれていないという意味)。

ならばと関数を使ってFIXしている列だけの平均を計算させて出力。

非常に確からしい値を得ることができました。

確からしい  最確値

学生時代(もう40数年前の事)に習ったことです。

「確からしい数字。」

例えばA4のコピー用紙があったとしてそこに10cmの間隔で2点、ボールペンで点を書く。その2点間の距離(寸法)は???

正確には、10センチよりも0.数ミリあるは数ミクロン、本当の10センチよりも短いかもしれないし長いかもしれない。

正確にはその2点間の距離は神様にしかわからない。まず10センチというのが絶対的な数字ではないこと。

今のところ絶対的な数字は光速。(らしい、知っている情報の範囲です)(光の速さは不変らしい)

距離は時間x速さ なので、時間が絶対的ではないので当然距離も絶対的ではない、はず。

GNSSの観測で地上の基準点各点の座標も違っている、理由は別にしても現実として日々変わっている。

弊社のプレハブ屋根設置のGNSSアンテナの座標を決定しようとしていますが、24時間あたりでも変化がすごい、数センチ単位で移動している。

もっとも座標の決定に使わせてもらっている国土地理院の電子座標もやはり日々変化している。

うちのGNSSアンテナでも国土地理院の電子基準点の座標と同じ程度の変化しかなくて改めて機材の低価格化に感心。かつ感動、感謝。

弊社のGNSSアンテナの座標が公開できるのももうすぐです。

 

GPSアンテナ

弊社プレハブの屋根にGPSアンテナを設置し、u-centerで30時間程度のGNSS観測をして座標の決定をしつつあります。

アンテナは高価なものではないのですが一応それなりに動いてくれており、広島私立大学の基準点を使って観測するとちゃんとFIXしてくれて小数点以下8桁以下しか変動しない状態になっています。1センチ程度の変動、高度に関してはもっと制度が悪いです。

教科書通りに約30時間程度ログを取ってRTKCONVでデータを分離、近くの戸河内Aという国土地理院の基準局のデータをもらってPPKしてExcelでFIXしたデータの平均を取って、という作業をやっています。ログを取るのはほっておくだけですから大した手間ではありません。またPPKもデータさえもらえばパソコンがやってくれます。

ログを取っている状態、日本のみちびきも受信しています。GPS(アメリカ)とBeido(中国)のGNSSを受信中。

受信強度は40db以上あるので十分だと思われます。

ただ、地形的に空が狭くてマルチパスや衛星の数も多くは(もっと開けたところと比べて)受信できないでしょうから最良な仰角などを決定してやらなければいけないと思います。

これで観測を続け、最も正確らしい値を決めてやります。そして基準局として活用します。

撮影高度

ドローンのカメラの解像度と撮影高度に関する質問が多いので簡単に説明します。

ピクセルあたり1センチにするための高度はなどを計算するにはカメラのセンサーのサイズと、画像のサイズ、焦点距離、が必要です

撮影高度=[画像サイズ(撮影画像のピクセル数)x焦点距離(mm)x地上画素寸法(0.01m/ピクセル)]/センサーサイズ

例えばPhantom4Proでは 画像のサイズが5472ピクセル 焦点距離が8.8mm センサーの横幅が13.2mm 地上画素寸法は1ピクセル、1センチ(0.01m/ピクセル)これらで計算すると36mくらいになります。

講習会 国交省への登録完了

先日のドローン教習の修了者の国交省への登録が完了しました。飛行許可申請には国交省のHPから比較的簡単に申請ができるようになります。受講生の皆様にはもう少しで終了証とカードをお手元に届けられると思います。今しばらくお待ちください。

自動飛行 許可書届く

4月に申請を出していた自動飛行の2回目の申請の許可書が本日届きました。(実際は昨日ですが私が講習会で不在にしていたので不在配達が本日)

今回はファントム型の機体を2機とKAWAU-2の合計3機。今度は実際にモノを運ばせて、放出後自動離陸して帰還させます。

空中で放出するのではなく(これは物品の投下で別な許可が必要です)自動着陸ののち物品をリリースしてから自動離陸帰還。

また実施した際には報告します。

抜群の練習環境

YOSHIMURA-DSの講習が終了しました。今回は3名の受講生を迎え天気にも恵まれ無事に修了することができました。

学科講習は安芸太田町加計の太田川交流館かけはし、実技は同じく杉の泊ホビーフィールド。

杉の泊ホビーフィールドは3名の受講生が余裕で同時に飛ばすことができる圧巻の練習飛行環境です。この場所はかつて、温井ダム建設の際の残土の埋め立てをした場所で現在は加計スカイスポーツクラブ(ウルトラライトプレーンのクラブ)とブルーウィングクラブ(ラジコン飛行機などのクラブ)の本拠地です。今回の講習にあたり弊社に快く使用の許可をいただきました。(私もメンバーのひとりです)

今回は2名の方が測量関係ということで自動飛行の方法についても講習をしました。

高性能グラフィックボード

i9のパソコン(64GBメモリー)にGeForceRTX2080Tiのグラフィックボードを搭載したパソコンを画像処理用に所有しています。

手持ちのノートや別のデスクトップのパソコンではものすごく時間がかかる演算も数時間でやってくれます。

このパソコンには今後の益々の活躍を期待します。

自動飛行試験機 3号機 4号機 KAWAU-1 飛行許可

荷物を運搬試験のための目視外飛行の申請が、本日、紙を送れ、とのメールが来た。

今回は1回だけ修正依頼がありましたが、軽微な修正で、次の日にはメールで返信していた。

前回の目視外飛行(1号機と2号機)の申請では提出を求められなかった離着陸場所の周辺の詳細図とそれに伴う(建物が近くにある)物件から30m以上離すことができない部分の修正を求められましたがいずれも軽微な加筆と修正でOKということのようである。

実際に物件を運搬するということになるので審査も前回よりやや厳しめだったのかもしれない。

この機体が4号機、側面に小型のサーボを使った、物件をあらかじめ設定しておいた着陸場所に着陸後リリースできる装置(というほど大げさではないが)を装着

下の機体はKAWAU-2、一昨年温井ダムで物件の投下の際に申請し飛行許可を受けた機体(実際には天候などの都合で飛行はさせていない)

前回は手元のスイッチでカワウの巣にドライアイスなどを投下させるつもりでいたが、今回の申請した飛行では空中で投下するのではなく着陸後に荷物をリリースして再度離陸、帰還させる予定。

送信機はDJIの920MHzのモノ。バッテリーは4S4700mahを2本並列に接続して搭載させる。

下の機体は3号機

この機体は内容的には1号機、2号機と変わらない、が、GPSアンテナをFantomBodyの外側に付けている。

GPSアンテナへの干渉を少しでも避けたいというのが狙い。

3号機、4号機はバッテリーにPhantom3用のモノをそのまま使う。そのためのバッテリーの受け口はセキドのアウトレットを購入、売れ残りだが、安くてかつ、ボディにあったバッテリーが使えるので飛行距離を伸ばすには最適であり、20分以上の飛行が可能(ぎりぎりの飛行時間はバッテリーの性能の保護の点から測定していない)

実際に運ぶものは4号機では3g程度の単なるリング、KAWAU-2では50g程度のモノを考えている。もちろんいざという時に環境に悪影響を与えるようなものではないというのはもちろんだが。