開校式

本日開校式

大勢のご来賓の皆様を迎え無事に終了しました。

会場 加計体育館 来賓25名を迎えました。

司会をお願いした土橋加奈子さん さすがにうまく司会進行役を務めてくれました。

総責任者の挨拶 会の初めに挨拶するのは息子の野球部の保護者会長の時 以来

僭越ではありますが一応そういう立場なもので。。文章は覚えられないので読むことにしました。それでも多少緊張で舌がよく回らない。

当日のご来賓の皆様 たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。

これからテープカット テープカットのハサミは森脇さんがドローンで運んでステージ前の入れ物(洗面器をお化粧をしたもの)に投下する。画面左上ではくす玉をつるしたドローンが待機。

テープカットから一呼吸おいてリモコンでくす玉を割る。くす玉のドローンの操縦は総責任者。無事にミッション完了。

会場ではこの様子を撮影している人、多数。大成功!!

当日のスタッフの集合写真 一人所要で帰らなければならなくなって入っていませんが総計6人の ヨシムラドローンの講師陣

当日は天気も良く気温も適温でまた、多くの参加者を迎えドローンスクールの開校式を挙行できました。

ドローンの安全飛行を目指して発進です。

ドローンスクール開校式

ドローンスクールの開校式がいよいよ来週18日と迫ってきました。

来賓の顔ぶれも固まってきました。今日、安芸太田町長の出席のハガキが届きました。参加に感謝です。

テープカットのハサミのドローンによる運搬投下や、くす玉の割方など工夫を凝らした開校式にします。司会もプロのアナウンサーにお願いしました。

また、測量用ソフトPhotoScan使用による3D画像の展示など楽しめるコンテンツも用意しています。

午後からは大権飛行会も予定しています。(参加料2千円)

天気も悪くなさそう。いよいよ船出(離陸)です。

技能認証施設 開校式

ドローン技能認証施設の開校式を11月18日日曜日 加計体育館で挙行します。

当日は簡単なセレモニーの後出席いただいたご来賓の方々にドローンの操縦体験ンをしていただこうと計画しています。

看板設置

弊社プレハブ側面に 看板を設置。

ロゴがよくわかるきれいな看板が設置できました。

ロゴのデザインをしてくれたMさんに感謝。

Phantom4Pro+ Ver2

最新鋭機購入しました。送信機にディスプレイのついたPhantom4Pro Plus。

さすがにいいです。値段がいいだけに。。

活躍させます。

Phantomの安定感に比べるとAPM機やPixPilot機の不安定感がよくわかります。もう少し調整に時間をかけた方がよいと思われます。しっかりと設定を追い込んでみます。

Phantom4の完成度を考えるとドローンの操縦は非常に楽になり誰でも飛ばせるようになっていくと思われますがそれゆえに、ますます、ドローンに対する正しい知識と操縦技能の習得が望まれていくと思います。

しかし、遊びで使うにはもったいないような機体に仕上がっています。数キロメートルも遠くまで飛ばすのが怖いような値段の機体です。

法務省 中国公安調査局

昨日法務省中国公安調査局の調査官が来社。

先週、訪問についての電話があり昨日の来社。電話があった時点から何事か何の用事か良く分からなかった。

お話を聞かせてもらうとテロ対策。

先日中東でドローンからの爆弾でのテロなどを警戒して各地のドローン教習施設に対して周知などをしているとのこと。

具体的にはテロを目的としたドローンの飛行練習などをしている人がいないかなど。。

弊社としても社会のために役立つことが目的のドローンであり、反社会的、犯罪などについてはしっかりと協力をさせていただきます。と、お約束をさせていただきました。

また、弊社の試験場や作業場も案内し弊社所有のドローンについての説明だどもしました。

DJI GS Pro 講習

DJI Phantomの自動飛行をコンサルト様へレクチャー。

持ってこられたPhantomの送信機と弊社のLightBridge2を使って実践講習。

まず、DJI GSProのインストール、その後自動飛行へ。

弊社練習場は、Phantomと納入した測量用680機 それとトレーニング用のAPM使用F450クワッドコプターの3機同時飛行。壮観。

とても賑やかな空間になりました。 撮影しながら空中衝突だけはないように気を配りながらの監督をしておりました。

コンサルタント様の安全飛行を祈ります。

ドローンの免許

本日弊社にて銀行の人との雑談の中でドローンの免許は持っている?との問いがありました。

一般の人の大きな勘違いです。

ドローンの免許は存在していません。 もし、ドローンの免許を取ったと思っている人はその免許証(と思われているモノ)を見てみてください。

弊社でも開始の準備をしている講習施設の認定証あるいは技能資格証明などとなっているはずです。

再度、ドローンの操縦に資格は要りませんし、免許も要りません。

しかし、安全な飛行のために知識と技能は必要です。それらを習得するための施設が講習をして、学科実技とも合格したという証明です。

この証明があると国交省への飛行許可申請が必要な時に申請書類の一部を省略することができるというものです。

国交省のHP掲載の講習団体で講習を受けて証明を受ければ上記のようなことができるようになります。

弊社も国交省のHP掲載講習団体になりましたので近々に講習を開始します。

また、国交証認定などとしている施設もあるようですがこれも間違い。

正しくは国交省HP掲載講習団体です。(国交省のHPに掲載されるためにはちゃんとした設備、技術、体力と知力が必要ではあります)

BVCバイク査定センター四国 空撮

中学時代の同級生、BVCバイク査定センター四国(小笠原オートショップG)社長の依頼で社屋を空撮。

前日、当日昼まで雨という天気予報であったが広島市内を出発する9時過ぎには雨も上がっていてあとは風の問題だけ。

社長と共に順調に山陽道 しまなみ海道と走って途中で昼食。おすすめの海鮮丼。

ぶりのカマの塩焼きと南蛮漬けと共に 美味しく頂きました。

その後、撮影する社屋へ到着、準備をして空撮。機体はS900。

1回目のフライトを終えた後、地元のおまわりさんが何事かと駆け付け、地元から問い合わせがあったとのことで確認に来られた由。こちらの身分を明かし、また、人口密集地域でないことを説明して納得されました。

1回目のフライトを一緒にパソコンで見てから次はもっとカメラを下に向けて真下に近い画像を撮ろうということで2回目のフライト。

後が山であった為、画像が限られる状態ではありましたが納得のいく画像を確認したのち撤収。

この後、社屋の案内をしてもらって帰還しました。

この日の走行距離は約500km 帰りは社長が運転してくれました。

お寺の屋根 空撮

今日瓦屋さんの依頼でお寺の屋根を空撮。

朝、事務所で瓦屋さんと事前の打ち合わせの後空撮。

建物を撮るのではなく建物の一部の為、今回はF550を使用。

無事に終わり、撮影画像をDVDに焼いてクライアント様に引き渡しました。

この後、動画から必要な部分の静止画を切り出します。

はじめての屋根瓦の撮影でしたが、面白く仕事ができました。こういう用途にはドローンは最高だと思われます。

ますます、ドローンの未来が広がっていきます。

今週末は四国で空撮がありますが、天気が心配です。1日ずらすかもしれません。