開校式

本日開校式

大勢のご来賓の皆様を迎え無事に終了しました。

会場 加計体育館 来賓25名を迎えました。

司会をお願いした土橋加奈子さん さすがにうまく司会進行役を務めてくれました。

総責任者の挨拶 会の初めに挨拶するのは息子の野球部の保護者会長の時 以来

僭越ではありますが一応そういう立場なもので。。文章は覚えられないので読むことにしました。それでも多少緊張で舌がよく回らない。

当日のご来賓の皆様 たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。

これからテープカット テープカットのハサミは森脇さんがドローンで運んでステージ前の入れ物(洗面器をお化粧をしたもの)に投下する。画面左上ではくす玉をつるしたドローンが待機。

テープカットから一呼吸おいてリモコンでくす玉を割る。くす玉のドローンの操縦は総責任者。無事にミッション完了。

会場ではこの様子を撮影している人、多数。大成功!!

当日のスタッフの集合写真 一人所要で帰らなければならなくなって入っていませんが総計6人の ヨシムラドローンの講師陣

当日は天気も良く気温も適温でまた、多くの参加者を迎えドローンスクールの開校式を挙行できました。

ドローンの安全飛行を目指して発進です。

ドローンスクール開校式

ドローンスクールの開校式がいよいよ来週18日と迫ってきました。

来賓の顔ぶれも固まってきました。今日、安芸太田町長の出席のハガキが届きました。参加に感謝です。

テープカットのハサミのドローンによる運搬投下や、くす玉の割方など工夫を凝らした開校式にします。司会もプロのアナウンサーにお願いしました。

また、測量用ソフトPhotoScan使用による3D画像の展示など楽しめるコンテンツも用意しています。

午後からは大権飛行会も予定しています。(参加料2千円)

天気も悪くなさそう。いよいよ船出(離陸)です。

技能認証施設 開校式

ドローン技能認証施設の開校式を11月18日日曜日 加計体育館で挙行します。

当日は簡単なセレモニーの後出席いただいたご来賓の方々にドローンの操縦体験ンをしていただこうと計画しています。

看板設置

弊社プレハブ側面に 看板を設置。

ロゴがよくわかるきれいな看板が設置できました。

ロゴのデザインをしてくれたMさんに感謝。

DJI GS Pro 講習

DJI Phantomの自動飛行をコンサルト様へレクチャー。

持ってこられたPhantomの送信機と弊社のLightBridge2を使って実践講習。

まず、DJI GSProのインストール、その後自動飛行へ。

弊社練習場は、Phantomと納入した測量用680機 それとトレーニング用のAPM使用F450クワッドコプターの3機同時飛行。壮観。

とても賑やかな空間になりました。 撮影しながら空中衝突だけはないように気を配りながらの監督をしておりました。

コンサルタント様の安全飛行を祈ります。

ドローンの免許

本日弊社にて銀行の人との雑談の中でドローンの免許は持っている?との問いがありました。

一般の人の大きな勘違いです。

ドローンの免許は存在していません。 もし、ドローンの免許を取ったと思っている人はその免許証(と思われているモノ)を見てみてください。

弊社でも開始の準備をしている講習施設の認定証あるいは技能資格証明などとなっているはずです。

再度、ドローンの操縦に資格は要りませんし、免許も要りません。

しかし、安全な飛行のために知識と技能は必要です。それらを習得するための施設が講習をして、学科実技とも合格したという証明です。

この証明があると国交省への飛行許可申請が必要な時に申請書類の一部を省略することができるというものです。

国交省のHP掲載の講習団体で講習を受けて証明を受ければ上記のようなことができるようになります。

弊社も国交省のHP掲載講習団体になりましたので近々に講習を開始します。

また、国交証認定などとしている施設もあるようですがこれも間違い。

正しくは国交省HP掲載講習団体です。(国交省のHPに掲載されるためにはちゃんとした設備、技術、体力と知力が必要ではあります)

測量用ドローン 調整設定

弊社が測量用ドローンを納入したコンサルタント様が、そのドローンのバッテリーとGPSの事で来社されました。

機体を見たところすぐにGPSアンテナの向きが正面でないこと発見、これは接着が不十分であったことが原因でアンテナを折りたたんだだりした時に向きが変わったものと思われ、頑丈に接着をし直し、かつ飛行前にアンテナの向きを確認してもらうことで解決。

バッテリーについては充電器の使用方法をレクチャーしなおして解決。当初はバッテリーの不良かとも思いましたが、現状それ自体にはまったく問題のない状態。

調整飛行

安定して飛んでいます。

 

この機体のますますの活躍と安全飛行を祈ります。

 

講習と調整

測量コンサルタント様が主にPhantomの自動航行について講習の為来社されました。

Phantomについては私よりも詳しい森脇さんに来てもらって自動航行の講習

まずは弊社の練習用F450機で操縦の基本をほぼ全員に体験してもらいました。

その後、持参された自社所有のPhantomで飛行練習、Phantomの飛行は担当の方が決まっているようでした。

その後、弊社事務所内でGS Proを使った自動航行(測量用の写真撮影)について森脇さんがレクチャー、森脇さん所有のPhantomを使って都合2機でのレクチャー。

再び、飛行させての確認

午後3時半までの約2時間半の講習会でした。