撮影高度

ドローンのカメラの解像度と撮影高度に関する質問が多いので簡単に説明します。

ピクセルあたり1センチにするための高度はなどを計算するにはカメラのセンサーのサイズと、画像のサイズ、焦点距離、が必要です

撮影高度=[画像サイズ(撮影画像のピクセル数)x焦点距離(mm)x地上画素寸法(0.01m/ピクセル)]/センサーサイズ

例えばPhantom4Proでは 画像のサイズが5472ピクセル 焦点距離が8.8mm センサーの横幅が13.2mm 地上画素寸法は1ピクセル、1センチ(0.01m/ピクセル)これらで計算すると36mくらいになります。

講習会 国交省への登録完了

先日のドローン教習の修了者の国交省への登録が完了しました。飛行許可申請には国交省のHPから比較的簡単に申請ができるようになります。受講生の皆様にはもう少しで終了証とカードをお手元に届けられると思います。今しばらくお待ちください。

YOSHIMURA-DS 技能講習

技能教習1日目。

場所は元津浪小学校体育館(3年くらい前に廃校)

天気が心配であったので屋内の会場を手配しました。ドローンの練習には広すぎず狭すぎずの絶好の会場。これからも使っていこうとスタッフで確認しました。

生徒さんにはみっちり練習していただきました。

今回は日曜日のみを使った特別コースで生徒は1人 に対して講師は3人の体制。

全くの初めての方でしたが、基本的な操作から対面飛行まで行くことができました。次回は来年の1月20日(日曜日)2日目の技能教習と修了試験です。

ドローン操縦教習

先週から受講者1名を迎え受講者様の希望により日曜日限定の教習をしています。

先週の日曜日は学科教習、弊社のまだ資格のないスタッフと2人での教習でした。

学科担当の小笠原先生の教習で無事に終了、また、修了試験も2人共合格。

今週の日曜日(23日)は地元の元津浪小学校体育館での実技の1日目です。

正しい知識と正しい操縦技能で安全飛行を目指してほしいと考えます。

DJI GS Pro 講習

DJI Phantomの自動飛行をコンサルト様へレクチャー。

持ってこられたPhantomの送信機と弊社のLightBridge2を使って実践講習。

まず、DJI GSProのインストール、その後自動飛行へ。

弊社練習場は、Phantomと納入した測量用680機 それとトレーニング用のAPM使用F450クワッドコプターの3機同時飛行。壮観。

とても賑やかな空間になりました。 撮影しながら空中衝突だけはないように気を配りながらの監督をしておりました。

コンサルタント様の安全飛行を祈ります。

ドローンの免許

本日弊社にて銀行の人との雑談の中でドローンの免許は持っている?との問いがありました。

一般の人の大きな勘違いです。

ドローンの免許は存在していません。 もし、ドローンの免許を取ったと思っている人はその免許証(と思われているモノ)を見てみてください。

弊社でも開始の準備をしている講習施設の認定証あるいは技能資格証明などとなっているはずです。

再度、ドローンの操縦に資格は要りませんし、免許も要りません。

しかし、安全な飛行のために知識と技能は必要です。それらを習得するための施設が講習をして、学科実技とも合格したという証明です。

この証明があると国交省への飛行許可申請が必要な時に申請書類の一部を省略することができるというものです。

国交省のHP掲載の講習団体で講習を受けて証明を受ければ上記のようなことができるようになります。

弊社も国交省のHP掲載講習団体になりましたので近々に講習を開始します。

また、国交証認定などとしている施設もあるようですがこれも間違い。

正しくは国交省HP掲載講習団体です。(国交省のHPに掲載されるためにはちゃんとした設備、技術、体力と知力が必要ではあります)

測量用ドローン 調整設定

弊社が測量用ドローンを納入したコンサルタント様が、そのドローンのバッテリーとGPSの事で来社されました。

機体を見たところすぐにGPSアンテナの向きが正面でないこと発見、これは接着が不十分であったことが原因でアンテナを折りたたんだだりした時に向きが変わったものと思われ、頑丈に接着をし直し、かつ飛行前にアンテナの向きを確認してもらうことで解決。

バッテリーについては充電器の使用方法をレクチャーしなおして解決。当初はバッテリーの不良かとも思いましたが、現状それ自体にはまったく問題のない状態。

調整飛行

安定して飛んでいます。

 

この機体のますますの活躍と安全飛行を祈ります。

 

講習と調整

測量コンサルタント様が主にPhantomの自動航行について講習の為来社されました。

Phantomについては私よりも詳しい森脇さんに来てもらって自動航行の講習

まずは弊社の練習用F450機で操縦の基本をほぼ全員に体験してもらいました。

その後、持参された自社所有のPhantomで飛行練習、Phantomの飛行は担当の方が決まっているようでした。

その後、弊社事務所内でGS Proを使った自動航行(測量用の写真撮影)について森脇さんがレクチャー、森脇さん所有のPhantomを使って都合2機でのレクチャー。

再び、飛行させての確認

午後3時半までの約2時間半の講習会でした。