DID 空撮

測量コンサルタント様の依頼で広島市内で空撮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は少し風が強い時間帯もありましたが無事に終了。(もちろん飛行許可 撮影許可は取得済み)

持参したFPVゴーグルが依頼主の役所の担当者様に好評。

本日のパイロットは弊スクールのインストラクター、森脇さん。

DID 撮影飛行許可

広島市内DIDでの撮影依頼があり飛行許可を申請。本日審査終了のメールが届いた。

許可(承認)はもしか何かの時にの、為でもあるし、それ以前に法律で決められたことなので取得しなければならない。そしてそれがよりドローンを使ったいろいろなことがよりやりやすくなるという当たり前のことにつながる。

許可、承認を取得しないで飛ばすこと(これらには必要な知識や技能を習得できていない(できていれば許可や承認を求めるはずである))という可能性が高い)は、ますます許可承認を得ることを厳しくしているという現状がある。

ドローンが持つその有効性、可能性を最大限に利用するためにもより正しい飛行が求められる。

なお、飛行許可、承認は電子的に許可書、承認書を得る方法もあるが、一般の人にも許可や承認を得た飛行であるという証として掲示するために面倒でも書面による交付を受けたほうが許可書、承認書に公の朱印が押されたものが手に入るので良いように思う。

早速返信用の封筒を入れたものを送ることにする。

ルールを守って

本日、広島市内の撮影依頼のための人口密集地での飛行の許可申請をした。弊社の所在地が田舎で普段の飛行がほとんどその近辺であるため久しぶりにDIPSを覗くことになった。

そこで感じたことを少し。

人口密集地域で飛行させるには最新の障害物検知機能を持った機体でないとDIPSを使ったスムーズな飛行申請は難しくなっている。

プロペラガードは必須のようである。そのためあらかじめプロペラガードを装着した機体の写真をパソコン内に保管しておくことが申請時に役に立つ。サイズは写真サイズの変換ソフトなどを使って小さくしておくことが必要で(2Mバイト以下)ある。(簡単な方法はウィンドウズのペイントを使ってリサイズしておく)

また、正規の弊社のようなドローン講習施設で講習を受け認定証を受けていたほうがはるかに申請が簡単であること。今回は当スクールインストラクターの森脇さんに飛ばしてもらうが、必要事項は飛ばす機体と認定証の番号とその写真かPDFなどの電子的資料(これもパソコン内にあらかじめ準備しておくと良い)くらいで、申請自体はすぐに完了した。

また、これは賛否もあろうと思われるが許可書(承認書)は紙で受け取る、にしたほうが(これは許可後に返信用の封筒などを送らなければいけないが)、対、一般の人に対しては、この飛行が正式に許可あるいは承認されたものであるとアピールしやすいものになると思われる。

弊社で受講された測量コンサルタント様が電子的な許可書にして、そのPDFをプリントアウトした時に朱印が無いので、と、相談を受け、国交省に問い合わせてみたが、国交省としては電子的署名があるので効力に問題はありません、との答えであった。が、対、一般の人に対してはまだまだ朱印の効力は大きいと思われる。

この時に電子的署名を紙に打ち出す方法をいろいろと探してみたが一般の人にわかるような印刷方法は見つけられないでいる。(一緒にあるファイルをテキストとして打ち出せばそれなりの事がわかるのではあるが一般の人に見せても??と思う)

ドローンは簡単に飛ばすことが出来るが、その簡単さゆえにいろいろな人が、いろいろな所で飛ばして、いろいろなことを起こして、そしてその結果、ドローンを飛ばせる空間をどんどん狭くしていっている。

これは、例えば昨今のネット上の書き込みなどにもみられるようなものと似ていて自由がゆえになんでもできたのだがそれゆえ基本的なことを守らないでいると自由な所を自ら狭めてしまう。

拙者は最近ではあるがULPで空を飛ぶようになった、が、そこで改めて感じたことと同じであると思う。大空は自由であるが、それゆえに守らなければならないものがたくさんある。ゆえに自由に飛べる。

ドローンの飛行規制がこれ以上厳しくならないように正しい飛行を励行していきたい。

安芸太田町 土砂崩れ

7月13日の安芸太田町土砂崩れの現場 撮影は森脇さん

高度を変えて位置を変えて何枚も撮影 点群化ソフトを使用して点群に ここはうちのCore i9とGeforce2080搭載のパソコンで高速処理 写真枚数は20枚程度、ほんの10分ほどで点群に処理(点群密度は最高品質で)

今回は土砂崩れの部分を切り取ってみました。

そして体積(土量)の計算

今回は写真の地点の位置情報が空撮機体 PhantomのGPS情報だけのため、かなりの誤差があるものとは思われます。また切り取り方によっても違いが出てくるとは思われますが、それでも災害現場に人が直接行くことなくこの程度の作業ができています。正確な位置情報は災害現場の付近で(災害現場の直近に行く必要はない)GPS-RTKで位置情報を得れば簡単に得られる。

使用したソフトはMetaShape。前回紹介したフリーのWebODMではありません。さすがにWebODMではここまで簡単にはできません(もっといろいろな手順を踏まなければいけない)

津浪地区 詳細写真地図

詳細写真地図、と普通の人にもわかるような表現をしましたがオルソ画像です。ヨシムラドローンスクールのインストラクター、森脇さんが合計5日間もかけて津浪全域を撮影してくれました、先日このデータを受け取って現在メタシェイプにて画像合成中です。

正式な測量に使うわけではないので評定点などは入れませんがそれでもかなりな精度でのオルソ画像の作成ができることはわかっています。

写真の総枚数はおよそ6千枚、50数ギガバイトに達します。合計6個のフォルダに入ったデータとして受け取りました。津浪全域を6地区に分けての撮影でそれぞれが別のフォルダに分類されています。そのため別のフォルダに同じ名前の(例えばDJI100-1)別の場所の写真があってそのままでは扱いにくい。それぞれのフォルダの中身(これが約1000枚)を別の名前に変えて(もちろん自動化してです、1枚1枚名前を変更などはとても人のやることではありません)そして縮小して1枚のオルソに仕上げました(これはまずは全体像の把握のためです、縮小してからの画像処理なので細部を見ればひずみがかなりあります)(20%に縮小した写真で画像処理、それでも面白いように細部まで立体視が可能)

そしておとといからは高精度な画像処理、さすがに1000枚の高精度処理はうちのGeforce2080i搭載のパソコンでも時間がかかっています。アラインメントと点群まで手動で処理しましたがその後はバッチ処理をさせて今現在も静かな冷却ファンの音をさせながら計算処理してくれているはずです。

故郷の画像を残すというかなり美しい作業(業務ではない、まだお金がもらえるようなものにはできていないので)を続けています。

BVCバイク査定センター四国 空撮

中学時代の同級生、BVCバイク査定センター四国(小笠原オートショップG)社長の依頼で社屋を空撮。

前日、当日昼まで雨という天気予報であったが広島市内を出発する9時過ぎには雨も上がっていてあとは風の問題だけ。

社長と共に順調に山陽道 しまなみ海道と走って途中で昼食。おすすめの海鮮丼。

ぶりのカマの塩焼きと南蛮漬けと共に 美味しく頂きました。

その後、撮影する社屋へ到着、準備をして空撮。機体はS900。

1回目のフライトを終えた後、地元のおまわりさんが何事かと駆け付け、地元から問い合わせがあったとのことで確認に来られた由。こちらの身分を明かし、また、人口密集地域でないことを説明して納得されました。

1回目のフライトを一緒にパソコンで見てから次はもっとカメラを下に向けて真下に近い画像を撮ろうということで2回目のフライト。

後が山であった為、画像が限られる状態ではありましたが納得のいく画像を確認したのち撤収。

この後、社屋の案内をしてもらって帰還しました。

この日の走行距離は約500km 帰りは社長が運転してくれました。

お寺の屋根 空撮

今日瓦屋さんの依頼でお寺の屋根を空撮。

朝、事務所で瓦屋さんと事前の打ち合わせの後空撮。

建物を撮るのではなく建物の一部の為、今回はF550を使用。

無事に終わり、撮影画像をDVDに焼いてクライアント様に引き渡しました。

この後、動画から必要な部分の静止画を切り出します。

はじめての屋根瓦の撮影でしたが、面白く仕事ができました。こういう用途にはドローンは最高だと思われます。

ますます、ドローンの未来が広がっていきます。

今週末は四国で空撮がありますが、天気が心配です。1日ずらすかもしれません。