自動飛行 2650m

自動飛行。上川さんの協力で機体を追いかけながら実行、水平飛行の飛行距離は約2650m。

途中道路をまたぐコースなので道路との高低差は50m以上を確保した。その他は川と平行したコース取りをしているので最悪の場合でも水没で危険はないものと思われる。

試験的に単独で飛ばしていると、遠くに行くと背景との距離感が無くなって山に突っ込むのではないかと心配になって本当に指定したところでコースを変えてくれるのだろうかと心配になりRTL(Return to launch)に入れてしまうのだが、今回は協力者があり運転してもらい、私は目視飛行の範囲内で送信機を手に追いかけた。

コースは機体の設定飛行速度7m/sでバッテリーの安心できる飛行時間6分程度以内でかつ安全に着陸できそうな広場を選んで設定。

本来ならもう少し先の見入りが崎運動広場まで飛ばしたいのだがこの安全な飛行時間内ではたどり着けない距離であるため今回はこの距離での試験とした。

設定飛行速度についてはもう少し速くしても大丈夫そうであった。

今回の飛行コース    GoogleEarth版。向こうがスタート地点 手前が着陸地点。

この試験の最終目的は物品の自動運搬で、距離さえ伸ばせれば(飛行時間)物品の放出や自動離陸は設定さえ変えればいいので問題ではない。

今回使用した機体はこれ、モノを運ぶときはもっと大型の機体を使う。

外見はPhantomだが、これは殻だけを購入して中身は全くの別物、F450タイプの機体と比べて重量は約400g程度軽くできる。送受信機はPhantom用の920MHzのDJIのもの。もちろん技適品。アウトレットで安く買うことができてこのような試験機には最適なモノ。(途中で山に激突、あるいは水没もあり得る)

1回目の飛行では着陸寸前でバッテリー切れになったようでRTLを始めてしまい、これがもし着陸寸前でなく途中であればもっと慌てていたかもしれない。

この時は着陸地点へ待機していたのでRTLを始めたと気づいて、すぐにマニュアルで無事に着陸させることができた。その後、すぐにパソコンにつないで設定を変更した。

2回目の飛行では全く問題なく自動飛行を終え、着陸も安全に自動でやってくれた、また、バッテリーも4割程度(バッテリーチェッカーで)残っている状態。今回使ったバッテリーはどれも長年使っていたもので、また飛行可能な時間もこれらのバッテリーで測ったものなので、新品のバッテリーを使えば飛行時間はもっとのばせるはず。

着陸寸前の機体

今回のコースで安全に飛行できたので、これを利用してより効率的で飛行時間を伸ばせる方法を模索したい。

道路との交差のため飛行高度を高くしたがこれにもかなりのエネルギーが要るはずでもっと高度を低くとることができれば飛行時間も伸ばせるはずである。また、本格的な物品の運搬については4枚ローターがいいのか6枚がいいのかやプロペラの大きさ、重量と飛行時間やバッテリーの最適なセル数など追及していくのが楽しみである。今年中には4000m程度の距離での物品の運搬まで行きたい。

過疎地では絶対に役に立つ運搬方法であると考える。また、夜間でも自動で遠くにモノを届けることができる。

進化させていく。