お寺の屋根 空撮

今日瓦屋さんの依頼でお寺の屋根を空撮。

朝、事務所で瓦屋さんと事前の打ち合わせの後空撮。

建物を撮るのではなく建物の一部の為、今回はF550を使用。

無事に終わり、撮影画像をDVDに焼いてクライアント様に引き渡しました。

この後、動画から必要な部分の静止画を切り出します。

はじめての屋根瓦の撮影でしたが、面白く仕事ができました。こういう用途にはドローンは最高だと思われます。

ますます、ドローンの未来が広がっていきます。

今週末は四国で空撮がありますが、天気が心配です。1日ずらすかもしれません。

測量用ドローン 調整設定

弊社が測量用ドローンを納入したコンサルタント様が、そのドローンのバッテリーとGPSの事で来社されました。

機体を見たところすぐにGPSアンテナの向きが正面でないこと発見、これは接着が不十分であったことが原因でアンテナを折りたたんだだりした時に向きが変わったものと思われ、頑丈に接着をし直し、かつ飛行前にアンテナの向きを確認してもらうことで解決。

バッテリーについては充電器の使用方法をレクチャーしなおして解決。当初はバッテリーの不良かとも思いましたが、現状それ自体にはまったく問題のない状態。

調整飛行

安定して飛んでいます。

 

この機体のますますの活躍と安全飛行を祈ります。

 

講習と調整

測量コンサルタント様が主にPhantomの自動航行について講習の為来社されました。

Phantomについては私よりも詳しい森脇さんに来てもらって自動航行の講習

まずは弊社の練習用F450機で操縦の基本をほぼ全員に体験してもらいました。

その後、持参された自社所有のPhantomで飛行練習、Phantomの飛行は担当の方が決まっているようでした。

その後、弊社事務所内でGS Proを使った自動航行(測量用の写真撮影)について森脇さんがレクチャー、森脇さん所有のPhantomを使って都合2機でのレクチャー。

再び、飛行させての確認

午後3時半までの約2時間半の講習会でした。