撮影高度

ドローンのカメラの解像度と撮影高度に関する質問が多いので簡単に説明します。

ピクセルあたり1センチにするための高度はなどを計算するにはカメラのセンサーのサイズと、画像のサイズ、焦点距離、が必要です

撮影高度=[画像サイズ(撮影画像のピクセル数)x焦点距離(mm)x地上画素寸法(0.01m/ピクセル)]/センサーサイズ

例えばPhantom4Proでは 画像のサイズが5472ピクセル 焦点距離が8.8mm センサーの横幅が13.2mm 地上画素寸法は1ピクセル、1センチ(0.01m/ピクセル)これらで計算すると36mくらいになります。

講習会 国交省への登録完了

先日のドローン教習の修了者の国交省への登録が完了しました。飛行許可申請には国交省のHPから比較的簡単に申請ができるようになります。受講生の皆様にはもう少しで終了証とカードをお手元に届けられると思います。今しばらくお待ちください。

抜群の練習環境

YOSHIMURA-DSの講習が終了しました。今回は3名の受講生を迎え天気にも恵まれ無事に修了することができました。

学科講習は安芸太田町加計の太田川交流館かけはし、実技は同じく杉の泊ホビーフィールド。

杉の泊ホビーフィールドは3名の受講生が余裕で同時に飛ばすことができる圧巻の練習飛行環境です。この場所はかつて、温井ダム建設の際の残土の埋め立てをした場所で現在は加計スカイスポーツクラブ(ウルトラライトプレーンのクラブ)とブルーウィングクラブ(ラジコン飛行機などのクラブ)の本拠地です。今回の講習にあたり弊社に快く使用の許可をいただきました。(私もメンバーのひとりです)

今回は2名の方が測量関係ということで自動飛行の方法についても講習をしました。

高性能グラフィックボード

i9のパソコン(64GBメモリー)にGeForceRTX2080Tiのグラフィックボードを搭載したパソコンを画像処理用に所有しています。

手持ちのノートや別のデスクトップのパソコンではものすごく時間がかかる演算も数時間でやってくれます。

このパソコンには今後の益々の活躍を期待します。

Phantom4-RTK飛行体験会

Phantom4 RTKの飛行体験会を開催。3社から5名の参加がありました。参加していただいた方にはありがとうございました。

参加者の方々の目的は様々であったようで、受け入れのこちら側の対応も十分であったとはいえませんが、体験会ですので体験をしていただくことが目的でしたので。

ある会社様の参加された方の目的はPhantom4 RTKの高度の精度、これについては弊社では確認するすべがなく研究課題としました。また、既知の点からの位置の確定についてはDRTK-2MobileStation の設定や操作などの説明をしました。

別の会社さんは掘削土の容量の測量、現在Phantom3を所有されておられるとのこと、撮影の方法やGsProの導入をアドバイスしました。

この日のためにと、昨日撮影した本社上空の写真データの処理が精度を上げようとし過ぎて思った以上に時間がかかってしまい、結局この日には活用できませんでした。反省しきりです。

最後になりましたが協力してくれた小笠原 森脇の両氏に感謝します。

 

ドローン講習 修了

昨年末から、受講者さんの希望で日曜日開催としていた講習を無事終えることができました。

この日曜日は天気予報では午前中は雨、午後からは晴れる、ということだったので午後からは屋外で講習が可能と気分的に余裕を持って実施。

午後は予報通りに雨が上がり、グランドで高高度からの旋回降下練習、これは緊急事態(バッテリーの残量がゼロに近いなど)の時に安全に降下させる方法。ドローンを真下へ急速に降下させると自分が作った下降気流の中に入ってしまい、姿勢が制御できなくなることがあるのを防ぐ降下方法で、受講者さんにはぜひ身に着けてほしい知識と技能。

その後、実技の修了試験を15時ころから実施し始めたが風が強くなり明らかに5m/sを超えてきてしまい、急遽屋内での修了試験に変更。

無事に試験は終了し第1期の修了者を送り出すことができました。

受講者さんのこれからの安全飛行を祈ります。

開校式

本日開校式

大勢のご来賓の皆様を迎え無事に終了しました。

会場 加計体育館 来賓25名を迎えました。

司会をお願いした土橋加奈子さん さすがにうまく司会進行役を務めてくれました。

総責任者の挨拶 会の初めに挨拶するのは息子の野球部の保護者会長の時 以来

僭越ではありますが一応そういう立場なもので。。文章は覚えられないので読むことにしました。それでも多少緊張で舌がよく回らない。

当日のご来賓の皆様 たくさんの皆様にご参加いただきました。ありがとうございます。

これからテープカット テープカットのハサミは森脇さんがドローンで運んでステージ前の入れ物(洗面器をお化粧をしたもの)に投下する。画面左上ではくす玉をつるしたドローンが待機。

テープカットから一呼吸おいてリモコンでくす玉を割る。くす玉のドローンの操縦は総責任者。無事にミッション完了。

会場ではこの様子を撮影している人、多数。大成功!!

当日のスタッフの集合写真 一人所要で帰らなければならなくなって入っていませんが総計6人の ヨシムラドローンの講師陣

当日は天気も良く気温も適温でまた、多くの参加者を迎えドローンスクールの開校式を挙行できました。

ドローンの安全飛行を目指して発進です。

ドローンスクール開校式

ドローンスクールの開校式がいよいよ来週18日と迫ってきました。

来賓の顔ぶれも固まってきました。今日、安芸太田町長の出席のハガキが届きました。参加に感謝です。

テープカットのハサミのドローンによる運搬投下や、くす玉の割方など工夫を凝らした開校式にします。司会もプロのアナウンサーにお願いしました。

また、測量用ソフトPhotoScan使用による3D画像の展示など楽しめるコンテンツも用意しています。

午後からは大権飛行会も予定しています。(参加料2千円)

天気も悪くなさそう。いよいよ船出(離陸)です。