ドローンの操縦免許と安全運行管理者

本日、来客あり。

ドローンについていろいろと教えてほしいとのこと。コロナ禍の中でドローンを新規に何かに使いたいとのこと。

その中で、やはりドローンの操縦免許の質問があった。

基本的にドローンには操縦免許などは必要ありません。存在していません。ラジコンの飛行物体です。(ある意味おもちゃと同じ扱いです、ただ非常に便利なので撮影等仕事にも使われるようになってきました)

操縦用の電波も免許の要らない周波数帯を使っています。(家庭用のWiFiと同じ周波数帯、信号の載せ方が違うけれど)

また、世の中には公認のドローンスクールとうたっているところもありますが、弊社スクールと同じ国交証ホームページ掲載講習団体というのが正しい。国交省のホームページに掲載されるにはそれなりの人もの経験知識、と勿論審査がありますが、決してドローンの免許が出せる公認の、とかとは全く違う。

しかし、全く何もわからないという人はうちのようなドローンスクールで正しい技術と知識を学ぶことはよいことだと思います。

飛行許可が必要な飛行などをするときに申請する書類の一部を省略できる、と、いうもので、ドローンスクールの認定証が無くても書類さえ整えてかつ、飛行経験などが証明できれば許可される。(書類の数は少なくは無い、また、この分野に進出しようとしている司法書士さんなどからのDMもたくさんと届いてはいるが)

安全運行管理者、これは企業などで仕事としてドローンを飛ばす時に書かなければいけないようであるが、その会社の経験豊富な人が安全運行管理者になればいいだけで法的には何も決まっていない。

安全運行管理者講習などと言って講習をしているところもあるが、法的には全く必要の無い物である。

ドローンを飛行させているのだから安全運行管理などは、して当たり前、決まり以前の問題である。これも前記の理由と同じであるが、全く経験のない人ではそれなりの学習は必要である。

人が乗る飛行機などでもあれだけちゃんとした整備をして熟練のパイロットが操縦しても墜落があるのだから模型のラジコン飛行物体が墜落しないなどは無理な話で、しかし、墜落させないように細心の注意と整備と自己研鑽は必要不可欠、人の物の上空を飛ばす時などは細心の、なおかつ最高級の細心が必要であることは言うまでもない。

何事もそうであると思うが正しい情報と(そのためには正しい情報源は必須であると思われる)正しい知識で対応したい。

幸運な体験講習会

安芸太田町商工会主催の講習会 無事に終了。

今回のための飛行許可申請では物件から30m離せない、と、申請するとイベント上空の飛行ではないかと補正を受け、それらを修正申告していくとものすごく窮屈な飛行範囲になってしまった。10月初めに申請したが毎週のように補正のメール。

どうも、国交省としてはドローンの飛行に対していろいろな制限を強めているという感じであった。

しかし、講習会としてはDJIのフライトシミュレーターを使ったり、また、 天候が良かったために全く飛行には支障のない場所に移動しての体験と、充実した講習会になった。

この日はこの飛行の時には太陽がまぶしいくらいの晴天。

しかし午後になると一時ではあったが激しい雨が降ったりと。

申請に苦労した分、飛行には最高の状況を天から授かったようである。

撮影高度

ドローンのカメラの解像度と撮影高度に関する質問が多いので簡単に説明します。

ピクセルあたり1センチにするための高度はなどを計算するにはカメラのセンサーのサイズと、画像のサイズ、焦点距離、が必要です

撮影高度=[画像サイズ(撮影画像のピクセル数)x焦点距離(mm)x地上画素寸法(0.01m/ピクセル)]/センサーサイズ

例えばPhantom4Proでは 画像のサイズが5472ピクセル 焦点距離が8.8mm センサーの横幅が13.2mm 地上画素寸法は1ピクセル、1センチ(0.01m/ピクセル)これらで計算すると36mくらいになります。

講習会 国交省への登録完了

先日のドローン教習の修了者の国交省への登録が完了しました。飛行許可申請には国交省のHPから比較的簡単に申請ができるようになります。受講生の皆様にはもう少しで終了証とカードをお手元に届けられると思います。今しばらくお待ちください。

抜群の練習環境

YOSHIMURA-DSの講習が終了しました。今回は3名の受講生を迎え天気にも恵まれ無事に修了することができました。

学科講習は安芸太田町加計の太田川交流館かけはし、実技は同じく杉の泊ホビーフィールド。

杉の泊ホビーフィールドは3名の受講生が余裕で同時に飛ばすことができる圧巻の練習飛行環境です。この場所はかつて、温井ダム建設の際の残土の埋め立てをした場所で現在は加計スカイスポーツクラブ(ウルトラライトプレーンのクラブ)とブルーウィングクラブ(ラジコン飛行機などのクラブ)の本拠地です。今回の講習にあたり弊社に快く使用の許可をいただきました。(私もメンバーのひとりです)

今回は2名の方が測量関係ということで自動飛行の方法についても講習をしました。

高性能グラフィックボード

i9のパソコン(64GBメモリー)にGeForceRTX2080Tiのグラフィックボードを搭載したパソコンを画像処理用に所有しています。

手持ちのノートや別のデスクトップのパソコンではものすごく時間がかかる演算も数時間でやってくれます。

このパソコンには今後の益々の活躍を期待します。

Phantom4-RTK飛行体験会

Phantom4 RTKの飛行体験会を開催。3社から5名の参加がありました。参加していただいた方にはありがとうございました。

参加者の方々の目的は様々であったようで、受け入れのこちら側の対応も十分であったとはいえませんが、体験会ですので体験をしていただくことが目的でしたので。

ある会社様の参加された方の目的はPhantom4 RTKの高度の精度、これについては弊社では確認するすべがなく研究課題としました。また、既知の点からの位置の確定についてはDRTK-2MobileStation の設定や操作などの説明をしました。

別の会社さんは掘削土の容量の測量、現在Phantom3を所有されておられるとのこと、撮影の方法やGsProの導入をアドバイスしました。

この日のためにと、昨日撮影した本社上空の写真データの処理が精度を上げようとし過ぎて思った以上に時間がかかってしまい、結局この日には活用できませんでした。反省しきりです。

最後になりましたが協力してくれた小笠原 森脇の両氏に感謝します。

 

ドローン講習 修了

昨年末から、受講者さんの希望で日曜日開催としていた講習を無事終えることができました。

この日曜日は天気予報では午前中は雨、午後からは晴れる、ということだったので午後からは屋外で講習が可能と気分的に余裕を持って実施。

午後は予報通りに雨が上がり、グランドで高高度からの旋回降下練習、これは緊急事態(バッテリーの残量がゼロに近いなど)の時に安全に降下させる方法。ドローンを真下へ急速に降下させると自分が作った下降気流の中に入ってしまい、姿勢が制御できなくなることがあるのを防ぐ降下方法で、受講者さんにはぜひ身に着けてほしい知識と技能。

その後、実技の修了試験を15時ころから実施し始めたが風が強くなり明らかに5m/sを超えてきてしまい、急遽屋内での修了試験に変更。

無事に試験は終了し第1期の修了者を送り出すことができました。

受講者さんのこれからの安全飛行を祈ります。