盆灯籠

広島の安芸門徒のお墓ではお盆に独特の灯籠をお墓にお供えするのがいわば普通です。

最近亡くなった(このお盆までに四十九日を迎えた仏様、初盆という言い方をします)には白い色紙を貼った盆燈籠をお供えします。そうでない仏様に対しては赤や黄色などカラフルな色紙を貼った盆燈籠をお供えします。これは毎年普通にお盆にお墓参りをする時にお供えします。

この盆燈籠は日本中を見てもこの安芸門徒独特なもののようです(マスコミ等の報道によると、という注釈付きです、でもおそらくそうだと思います)

このお盆、故人が亡くなってからの初めてのお盆というお墓には初盆であるというシルシの白い盆燈籠がお供えされます。これは初盆に限りますが地域の(その集落や血縁の有柄の)人たちもお供えします。

この時期にお墓にお供えされているこの盆燈籠の色や多さなどを見ると初盆の仏様のある家だな、とか、と、言うことがわかります。

たとえ古いお墓で普段は気にも止めないお墓であってもこの時期にカラフルな色の盆燈籠であってもお供えしてあれば少なくともどなたかがお参りされたお墓であろう、と 安心(?)するのです。(職業柄、?、間違いなくそうだと思います)

今年(この初盆までに(昨年施工させていただいた今年が初盆に当たるお墓も含めて)白い盆燈籠(初盆であるというシルシの)がお供えしてあるお墓に出会うと(職業柄)よく目に入ります、目につきます、まっさきに目に入ります)まだ この仏様は縁がある人がいっぱいありそう、と ちょっとうれしく(安心かな)なります。

人の死は必ず、です。故にそのあり方を考える今年のお盆です。

 

香炉 天山石 (紺碧)

静岡県の人からネットで見た香炉の形が気に入ったと問い合わせがあり、受注製作、本日納品しました。香炉の形は数点図面を送りお好みに合うように若干の修正をしました。
香炉については弊社オリジナルの形の物や問屋数社が作らせている形などいろいろあります。大きさ石種などもいろいろとあるのですがいずれも価格の関係で中国材の中国製品がほとんどです。
今回の施主様のご依頼は石種は天山、それも最上級の紺碧。価格もそれなりになりました。
しっかりと梱包して送りました。気に入っていただけると嬉しいです。
天山石 佐賀県の石で、大島石(愛媛県産)に比べて目は粗いのですが性質は石に粘りがあってかつ固く吸水率も低い石材です。国産石材の中での一般的なランクとしては庵治石
大島石に次ぐ銘石です。それぞれの石の中でも細目や特級材2等などランク付けがありますが天山紺碧であれば大島石にも負けない良い石材です。
この石ならば長い時を経ても変色もせずきれいな状態を保ってくれると思います。

湯来 明法寺 参道工事6-17

参道工事 現参道の撤去から工事開始です。

参道両側の縁石は思った以上に大きくて、元は何かの石柱を縦に割って使ったようなものでした。

写真は元の参道を撤去した後、これから基礎のコンクリートを打って両側の縁石を並べていきます。

これから何十年も或いは何百年も残る参道です。弊社を指名しての工事、いい仕事を残すべく精いっぱいの仕事をしていきます。

明法寺参道他工事開始

湯来 明法寺様 参道他の工事開始しました。

現在の参道(コンクリート製)を石の畳に張り替えます。また、境内の雑草対策として表面の土をはぎ取り砂利に入れ替えます。

その他鐘楼門の下にも板石を張りきれいに整備します、親鸞像の周りの築山もきれいに整理します。

 

納骨

今日、納骨のお手伝いをしてきました。

お墓は昨年建てさせてもらいましたが納骨は少し暖かくなってからとのことで今日の納骨になったようです。

時間の30分以上前に行ってみるともう施主様がお墓の前におられました。事前に私が30分前には行っています、といったので早めに来ていたとのことで、かえって恐縮。

新品のタオルを少し濡らしてお墓全体をきれいに拭いてお寺様の到着を待ちました。

納骨のやり方はお寺様によってマチマチで今回のお寺様は初めてのお寺様でしたのでこちらも学習しようという形です。

骨壺には空気中の水分が水滴となって溜まります。それを逃がしてやるために骨壺の底に小さな穴をあけてから施主様の手で収めてあとは私がきれいに整頓し直してお寺様によるお経。

このお墓は伊予石(大島石)の最高のモノを使いました。このお寺様の墓地の中でもたぶん一番良い伊予石であろうと思います。

今日お骨を収めてお寺様と共にお参りされてお墓の形をした石からお墓になりました。末永く、大切に施主さまの心のよりどころであり続けてほしいと思います。

 

墓じまい 依頼

本日墓じまいの見積もり依頼がありました。

詳細についてはまだわかりませんが、現地を確認の上見積金額をお知らせしました。

墓じまいについては、賛否両論がありますが、ほとんどの場合事情をお聞きすると他に方法は無いかな?やはり墓じまいが一番最良の道かな。と思わされます。

誰もお参りする人がなく完全な無縁墓になって墓地の周りの野山とともに荒廃していき放置されていく、ということから見れば墓じまいという方法の方がより良いかもしれません。

さみしい時代になってしまった気がしますが。。

お彼岸の中日

本日お彼岸の中日です。

広島では午前中あまり天気が良くないですが午後からは大丈夫そうです。

お墓参りにでも行ってきましょうか?

久しぶりに親父やおふくろのことを思ってみましょう。

墓石の処分

お寺の墓地にあるお墓の処分をしました。いわゆる墓じまいです。

お施主様は老夫婦でした。この仕事はお寺様からの紹介です。たぶん後を継がれる人がいらっしゃらないのだと思います。

詳しいことは知る由もありませんが(単にお寺様からのお仕事として請け負いましたので)最近よくある状況だと思います。

寂しいという気持ちとしょうがないよいう気持ちと、。

お墓に彫る亡くなった人の年齢について

どなたかが亡くなったら、お墓に、あるいは墓誌、法名石 石板 戒名板に法名、戒名や死亡年月日 お名前(俗名)年齢を彫ります。

この時の年齢です。かつては数え年で彫ることがほとんどであったように思いますが最近では数え年そのものを言うことが無くなり実際的ではなくなってきました。

また、お寺様によっても年齢の表し方が様々です。(これは石材店として多数の施工の経験から間違いなく言えることです)

お墓などに彫る年齢は戸籍とは違います。これが基本です。

あと2か月たったら百歳だったんよ、とおっしゃる施主様には百歳と彫ることをご提案することなどもあります。

無くなられたご本人がわしは何歳じゃといっておられたであれば満年齢を彫ることもあります。

年齢はその人がまさに生きた年数ですが、数え方もその人やそのご家族のお考えが入って,いや、入った方が良いと思います。

今日は満60歳、の方の文字彫りの依頼がありました。私の中学校の時の柔道部の後輩です。若すぎる死でした。数えで彫ることもあります、と、お伝えし、61才で彫ることになりました。後輩のご冥福を祈ります。彼の豪放な、。

大晦日

2018年ももう終わりそうです。

工場のしめ飾りなどお正月の準備の写真。

今年は玄関の両サイドにミニ門松を飾ってみました。

いつもは外に止めているトラックなどは工場(屋内展示場)内に収めすっきりとした工場駐車場になりました。