3.11 行方不明よりは

3.11では行方不明に

でも、今年は身近にいるようで。。。。

行方不明だった身内が見つかってお墓の中に納めることができたのだと思います。

これは、今日のニュースでのこと。

改めて、人の心の安寧は何か、と考える日でした。

石材組合 副理事長

今回の石材工業協同組合の総会にて副理事長を拝命。

組合の在り方、存在意義、組合員数の減少、などいろいろな課題はありますが、理事長を補佐し、職務を全うしていきたいと思います。

これまでは事務局として主にHPの管理を担当していましたがこれからはこれに加えて各種イベントやそのほか全般の業務が加わります。

法名

浄土真宗では法名、全国的一般的には戒名。法名には初めに釋の字が使われています。これは仏様になったら(亡くなったら、死んだらということです)お釈迦様の身内になるので、釋を付けるのだとお寺様が説明されます。
この釋の字ですが、お寺様によって或いは同じお寺様でも釋を使われるときと釈を使われるときがあります。
石材店としては法名石(墓誌)などに文字彫りを依頼された場合に施主様からどちらの文字での文字彫りを依頼されるか、現在の墓誌(法名石)に彫ってある仏様がどちらの文字を使って彫られているかを確認する必要があります。
今までの仏様と同じ文字に揃えてほしいといわれることが多いのですが、中にはお寺様から頂いた文字そのまま彫ってほしいという施主様もあります。
釈も釋も同じ字で、新字体か旧字体体の違いだけなのですが施主様によってお考えが違いますので、頂いた文字原稿の「しゃく」の字が現在彫ってある字と違うときは確認をすることにしています。
施主様にはご面倒な、わかりづらいお尋ねをすることがありますがお許しを頂きたいと思います。

門松としめ飾り

今年は仕事士さんの手作りで立派な門松を事務所玄関に飾りました。

昨年はホームセンターで買った本当に小さな(高さ10センチほど)の物でしたのですごい進歩です。

一年間お世話になりました。

くる年が皆様にとって良いお年でありますように。

技能士会 勉強会

11月25日 広島県石工技能士会での勉強会が蒲刈の高下石材店で行われ、参加してきました。今回は石材のあく取りやさび取りなどについて。

高下石材店、岡本さんに準備していただいたさびなどが付いた石材についての勉強。

技能士会のロゴの入った上着は柏原さんの自前、特注品。一般の会員は同じロゴの入った、これは全員統一の上着を着用しての勉強会。

皆さんの石材の専門家ということでいろいろな質問ややり方についての質疑等。

ここからは前夜の技能士会の役員会,兼、海の幸の堪能会。

山育ちの私にはすごいものや初めてのモノ一杯。。。。。珍しい貝やら。

おおきなアナゴやら。

これはもう見た通りの立派なもの

牡蠣 大きい!!!

炭火焼、

飲みました、食べました。日付が変わるまで

岡本さんお世話になりました。

中国人受難者を追悼し平和と友好を祈念する集会2019-10-20

弊社施工の中国人受難之碑の前で和解から10年目となる記念の集会が開催されました。

最近はこの集会でしかお会いすることが無くなったお世話になったたくさんの方々と久しぶりにお会いしました。

中国からは遺族の2人が参加されていました。

地元からの参加メンバーは当初からはだいぶ変わってきているのを感じてある意味世代交代かとも思います。

この石碑が この地にあるということがどんなにすごいことか知れば知るほどこの中国人受難の事の奥の深さを感じています。(正直 私には難解)ですが石碑は(石に関して)よく知った施工業者ですのでメンテナンス等しっかりと対応してまた後世に伝えていこうと思います(これは代替わりがあったとしても)

この式典ではいつも献花の際にきれいな二胡の生演奏があります。本当にきれいな音色です。

中国人受難の碑 清掃

弊社が施工した中国人受難の碑の清掃依頼があり 昨日施工。

今年で建立から10年立地場所が草むらということがありコケなどがつくのは仕方のないことで。

清掃の開始

特殊な薬品と高圧洗浄器で

水はタンクで運搬 水は必須

きれいになりました。碑も清掃しました。

10月20日にはこの石碑の前で記念式典が催されます。

納骨室 拡幅

現在のお墓の納骨室が狭いので。というお問い合わせでいろいろなパターンで見積。その見積もりについての電話。

法名石(墓誌)はどうしても欲しいが。それと納骨室を広くしたい、あと骨壺を5個程度は収めたいとのこと。お墓自体は古いもので台石が2段 納骨室の大きさは一番下の台石の大きさによって平面の大きさが制限されることを説明(電話と送った図面での説明なのでまどろっこしい感は否めない)

また、故人の名前を彫ってお墓参りをしたいという人たちの思いをかなえたい、との強い思いも感じました。

お墓に対する考え方が随分と変わってきたことなどをお話しながらより良い方法を考えましょう、予算とも相談しながら。と電話を切りました。

お墓参りをしたいという今回のような施主様の気持ちは大切にしたいのですが、一方でお墓を守っていくものがいなくなる、という現実もあって。

先祖を思う気もちは誰にもあるとは思うのですが。

母校 土木工学科創設50周年 記念植樹 石柱寄付

母校 呉高専 の土木工学科の創設50周年の記念行事が9月29日に行われます。

母校では土木工学科だけが学校創立から7年遅れで創設され私は土木工学科の3期生ですが呉高専全体としては8期生にあたります。

今まで土木工学科25周年、学校創立50周年、にも記念植樹の石柱を寄付してきました。

今回も弊社で記念植樹の石柱を寄付させていただきます。

追記 本日9月20日 母校へ運搬し同窓会会長と一緒に記念樹のそばに石柱を縦て来ました。

弊社の仕事が記念樹の横でほぼ永久的にその木の意味を示すために立っていてくれます。

盆灯籠

広島の安芸門徒のお墓ではお盆に独特の灯籠をお墓にお供えするのがいわば普通です。

最近亡くなった(このお盆までに四十九日を迎えた仏様、初盆という言い方をします)には白い色紙を貼った盆燈籠をお供えします。そうでない仏様に対しては赤や黄色などカラフルな色紙を貼った盆燈籠をお供えします。これは毎年普通にお盆にお墓参りをする時にお供えします。

この盆燈籠は日本中を見てもこの安芸門徒独特なもののようです(マスコミ等の報道によると、という注釈付きです、でもおそらくそうだと思います)

このお盆、故人が亡くなってからの初めてのお盆というお墓には初盆であるというシルシの白い盆燈籠がお供えされます。これは初盆に限りますが地域の(その集落や血縁の有柄の)人たちもお供えします。

この時期にお墓にお供えされているこの盆燈籠の色や多さなどを見ると初盆の仏様のある家だな、とか、と、言うことがわかります。

たとえ古いお墓で普段は気にも止めないお墓であってもこの時期にカラフルな色の盆燈籠であってもお供えしてあれば少なくともどなたかがお参りされたお墓であろう、と 安心(?)するのです。(職業柄、?、間違いなくそうだと思います)

今年(この初盆までに(昨年施工させていただいた今年が初盆に当たるお墓も含めて)白い盆燈籠(初盆であるというシルシの)がお供えしてあるお墓に出会うと(職業柄)よく目に入ります、目につきます、まっさきに目に入ります)まだ この仏様は縁がある人がいっぱいありそう、と ちょっとうれしく(安心かな)なります。

人の死は必ず、です。故にそのあり方を考える今年のお盆です。