Phantom4-RTK体験会 2月27日

Phantom4 RTKの体験飛行会を2月27日水曜日に開催

今,測量業界で話題のPhantom4 RTKが実際にどんなものなのかを体験していていただくことが目的です。

1社(3名まで)5社の募集です。残り枠は2社様分です。

お墓に彫る亡くなった人の年齢について

どなたかが亡くなったら、お墓に、あるいは墓誌、法名石 石板 戒名板に法名、戒名や死亡年月日 お名前(俗名)年齢を彫ります。

この時の年齢です。かつては数え年で彫ることがほとんどであったように思いますが最近では数え年そのものを言うことが無くなり実際的ではなくなってきました。

また、お寺様によっても年齢の表し方が様々です。(これは石材店として多数の施工の経験から間違いなく言えることです)

お墓などに彫る年齢は戸籍とは違います。これが基本です。

あと2か月たったら百歳だったんよ、とおっしゃる施主様には百歳と彫ることをご提案することなどもあります。

無くなられたご本人がわしは何歳じゃといっておられたであれば満年齢を彫ることもあります。

年齢はその人がまさに生きた年数ですが、数え方もその人やそのご家族のお考えが入って,いや、入った方が良いと思います。

今日は満60歳、の方の文字彫りの依頼がありました。私の中学校の時の柔道部の後輩です。若すぎる死でした。数えで彫ることもあります、と、お伝えし、61才で彫ることになりました。後輩のご冥福を祈ります。彼の豪放な、。

訃報 西藤さん逝く

西藤義邦さんが旅立たれました。

坪野地区連絡協議会の役員であったころ随分とお世話になった方です。地域の区長や町会議員などを務められた聡明な人でした。

思い出すのは会議の中での理路整然とした主張、几帳面な人でした。文系理系どちらかというと明らかに文系の人という感じでした。私が作った文章は必ず眼を通してもらっていましたし、会議での作法や考え方など多くの事を学ばせていただきました。

晩年はパーキンソン病になられて体の自由が利かなくなりかつての元気は無くなりましたがそれでも存在感のあるかたでした。82才

親族だけでの家族葬だそうです。少し寂しい気がします。

また一人、また一人と知っている人たちが逝くようになってしまいました。

先輩 逝く

廿日市市にお線香をあげに行ってきました。64才でした。今年は年賀状の代わりに年が明けてから先輩急逝とのお葉書をもらい、本日の訪問となりました。

建労(広島県建設労働組合、建設関係の業務従事者のための健康保険や労災保険、労働環境などの組合です)の先輩です。

建労で教宣部長をしていた時にその役員会で地連が隣であったということで席が隣りどおしでどちらからともなく声をかけて、また、会議後の懇親会でもお互いにお酒が好きということで意気投合、いろいろなことを教えていただきました。

一番の思い出は、その誰にでも好かれる人柄、です。先輩のお話は非常に上手で面白くて、かつためになりました。

「この役員会は、建労の行事の中で我々部長にとっては最も格式の高い(という表現だったかどうかは確かではありませんが意味はそういう風にとらえました)ものである,よって服装は○○では違う、○○はしょせん遊び着じゃけえ」

「記事は正確さはや5W1Hはもちろん読者をいかに引き付けるか」など多くの教えをいただきました。

教宣部長とは組合の機関誌に地域の行事や話題を投稿し、組合の広報活動の一端を担う役員です、私は第9地連の教宣部長でした。投稿数に応じて表彰されたりもしますが県下では私が3、4番手先輩はいつもわたしよりも上位でした。

2,3年前でしょうか、先輩から癌であることを教えられましたが懇親会でも普通にふるまわれ今頃の癌だから問題ないものと思っておりましたが今回の弔問で、癌は見つかった時からリンパ節に転移があったようで摘除手術もできず抗がん剤での治療を続けられていたようです。そういわれれば前回の懇親会ではお酒を口にされなかったように思います。

昨年も夏ごろに記念碑の移転の見積もり依頼があり、庭関係の見積もりをお願いするためにお会いしたばかりだったのです、その時はこんな訃報に接するとは思いもよりませんでした。

あまりにもも早すぎる死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

大晦日

2018年ももう終わりそうです。

工場のしめ飾りなどお正月の準備の写真。

今年は玄関の両サイドにミニ門松を飾ってみました。

いつもは外に止めているトラックなどは工場(屋内展示場)内に収めすっきりとした工場駐車場になりました。

石材店 考

お墓を買うところが石材店、お墓ではなくお墓の形をした石材ですが、ゆえに石材店。

現在、石材店の中にはお墓を作ったことがない、は、もちろん、石を割ったり、たたいたり、削ったり、磨いたりさえもした事がない石材店が存在しています。

存在していることは事実なので、それでよいのだと思います。

しかし、本物を求めるのであれば、石をわかっている石材店を選ぶべきだと考えます。

変な民間資格が多くなってきているように思います。○○プランナー、○○コンサルタント。

 

墓石の移転 処分 新設

墓石の移転工事も多く施工させていただきました。処分、俗に言う墓じまいも多数しました。

しかし、墓石の新設も多数施工させていただきました。

お墓に対する考え方が大きく変わってきている昨今ですが、基本はご先祖様、父や母、祖母祖父に対する気持ちの表し方だと思います。

いずれの方法でも今を生きている我々がご先祖様を大切にするという基本を間違っていなければそれぞれが正しい方法だと思います。

お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。