ペットのお墓

弊社に石材の切れ端はないかと言って持って帰られた端材。

見事なお墓になっていました。

中央の花立は無償サービスにて提供したちゃんとした花立です。

庭の一角にペットの素敵な墓地が。という話題。

DID 空撮

測量コンサルタント様の依頼で広島市内で空撮。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今日は少し風が強い時間帯もありましたが無事に終了。(もちろん飛行許可 撮影許可は取得済み)

持参したFPVゴーグルが依頼主の役所の担当者様に好評。

本日のパイロットは弊スクールのインストラクター、森脇さん。

大金庫移動

大金庫、新しい据え付け場所に移動完了、

施主様が金庫メーカー(あのクマヒラに)に頼んで塗装をし直されるそうでそのための仮置き。古い立派な金庫のためにこの度思い切ってきれいにされるそうです。

左側のものは台石。

どちらも重量は1.1トン。

利益が出るか、出ないかは別問題にしても、面白い仕事でした。石材店ならではの(普段重たい物をうまく扱っているという)面白い仕事でした。

 

 

安野 中国人受難之碑 建立10周年記念集会

安野 中国人受難之碑 建立10周年記念集会に参加してきました。

写真は内田先生。この問題の初期からずっと携わってこられた。

新型コロナウィルス感染予防対策として、(以下単にコロナと表現)席は互い違いに、また入場時は手指の消毒、検温。

今回はなぜか私が石碑の建立に携わって、という題で短いお話をしてきました。私は基本的に難しいことはわからないのでただ単に石碑の建立という作業について話してきました。

そして次の日は石碑の前での行事。

毎年参加していますが、今回はコロナでちょっと小規模。(中国からの招待者は無し)

この仕事をしたときには(10年前です)これほど意味的に大きな仕事とは思わず、ただ単に石的に大きな仕事として捉えていましたが、意味的にも大きな仕事、と感じるようになってきました。

石材の仕事に携わることができて幸運、ではあります。(多分、ずいぶんと長い期間この石碑は残っているはずです。)

大金庫移動

どういうわけか石材関連のお客様から大金庫を移動してもらえないかとの打診。

見に行ってみると大きな古い金庫で、ちょっとだけバールで重さを感じてみたが予想通りでかなりの重さ。これは日頃重たいものを扱っている石材店なら、との理由での依頼と感じ。た。

で、本日移動に挑戦。うちの職人さんと二人で。

無事に屋内から出してトラックに積み込み、新しい据え付け先まで移動させました。今日は移動先までの移動のみで希望される設置位置への据え付けは後日にしました。

トラックに積み込む際のクレーンの荷重計によると1.1トンの重さがありました。実際にいじってみた感じと同じでこの数字に大きな間違いは無いようにおもいました。久しぶりに面白い仕事でした。(仕事かな??利益も実費も出ないような気がしますが)

お墓は誰のために

お墓は今生きている人のための物だと考えます。

勿論、身内のどなたかが亡くなったためにお墓を建てようとするのですが、でも、亡くなった人がそのお墓(としての形あるもの)を見ることが出来るわけでは無いのです。

今生きている人が何かをするために(故人をしのぶ、等々、や、お骨を納めるという役目も主目的だけではなくあります)建立します。

だから、今を生きている人たちが納得できるやり方を選ぶべきだと考えます。

そして、その中には故人が生前こういうお墓に入りたい、と言っていたという事実ももちろん含みますが。

お盆

酷暑の中、お盆を迎えました。

仏様のことを思う。ただ、この世の中は仏様だけではなく(日本に限定しても)神様(神道の人もいっぱいいらっしゃる、し、キリスト教、ユダヤ教。。。。。。。などなど)とかの人もいらっしゃるのだが。

仏様のことを(亡くなった親父とかお袋とか)より考える時期ではあります。

納骨

先日、建立されたお墓の納骨のお手伝いに、いってきました。午後1時からと言うことで、カンカン照りを覚悟していましたが、曇り加減で日差しがそれ程でもなく、施主様にとっても比較的楽であったのではと思います。

本日の納骨に際しての住職様のお言葉、お墓の起源。

仏教には最初はお骨を大事に取っておくということは無く亡くなった人のお骨や灰はガンジス川に流していた、お釈迦様のお骨に関してはそうはせず(できず、が正解か(筆者、解釈))8箇所に分けて大事に保管。その日本語の言い方が卒塔婆、。など

筆者に取っては、何度も聞いた内容ではありましたが、それでも、改めてお墓の意味を考える納骨のお手伝いでした。

かつて、大森神社鳥居参道工事などで大変お世話になったご主人の奥様のお墓です。

受けた御恩は忘れがちです。それでもできるだけこの私のふるいのうみそに焼き付けておきたいと思います。

 

お骨について

時折お骨がお墓に入りきらないときにはどうすればよいか?

ということを聞かれることがあります。お墓の納骨室の空間はもちろん有限です。内容積は現在ある容量しかありませんから、代々納骨を続けていけばいずれはいっぱいになるのは明らかです。

また、最近では納骨を骨壺のまますることがほとんどです(かつては骨壺から出して直に置く、ということも何件かで経験していますが近頃では骨壺のまま納めることがほとんど)

骨壺が現在の納骨室の空間をすべて埋めてしまってこれから骨壺が入りそうにない、と、いう相談です。

方法はいくつかあります。まずはいくつかの骨壺の中のお骨を一つの骨壺の中に入ってもらう。具体的にはお骨に物理的な力を加えて容量を減らす(俗な言い方をすれば砕いて一緒にする)

古い仏様の骨壺のお骨は木綿の袋など(和紙に包んでとかも)に入れ直して納める(こうすれば自在な形になるので空間を有効に使えます)(それ専用の袋も取り扱いがあります)

粉骨サービスを利用してお骨を粉にまで砕いて体積を減らし納める(弊社でも粉骨サービスをしています、詳細は別途ご案内の予定 およそ5分の一までカサを減らすことが出来ます)

等、いろいろな方法があります。

お墓を知っている石材店、弊社にご相談ください。

目視外飛行許可申請 修正依頼

今月初めに確か3回目の修正をして提出した自動飛行試験1号機2号機の申請について昨日、二たび、三度四たび?修正依頼が。別に申請していた3号機4号機KAWAU-2については4月初めに飛行許可を取得済み。

修正依頼のメールはだいたい、金曜日に届くのがパターンのようで。

目視外飛行については、申請の度に条件などが厳しくなっていて今回は監視場所の周囲の状況の写真の提出,が一番今までとは違った所。

で、今回の修正依頼は、仕事の都合で本格的に見たのが今日の夕方であったが、内容は意外にも書式の修正だけ。

提出した書類の一部の書式が古いので,国交省の無人航空機のこのページのこの書式で提出しろ、とのこと、だけ。

もしかしたら、もうすぐ1号機2号機も目視外飛行の許可が下りそうである?

山間僻地への安価な自動飛行を実現させるべく引き続き取り組んでいきます。

シミュレーター上では完全に安全な飛行はできているのだが、いざ実施となるとどうしても監視員の配置や、また、機体のロスト、なども考えてしまって。

しかし、那須への自動飛行成功させます、実行に移せます。

1号機から4号機そしてKAWAU2と合計5機体制で試験飛行に望めそうである。

おりしも、明日は安芸太田町の町長選挙投票日。(だから???)