墓じまい 依頼

本日墓じまいの見積もり依頼がありました。

詳細についてはまだわかりませんが、現地を確認の上見積金額をお知らせしました。

墓じまいについては、賛否両論がありますが、ほとんどの場合事情をお聞きすると他に方法は無いかな?やはり墓じまいが一番最良の道かな。と思わされます。

誰もお参りする人がなく完全な無縁墓になって墓地の周りの野山とともに荒廃していき放置されていく、ということから見れば墓じまいという方法の方がより良いかもしれません。

さみしい時代になってしまった気がしますが。。

お彼岸の中日

本日お彼岸の中日です。

広島では午前中あまり天気が良くないですが午後からは大丈夫そうです。

お墓参りにでも行ってきましょうか?

久しぶりに親父やおふくろのことを思ってみましょう。

墓石の処分

お寺の墓地にあるお墓の処分をしました。いわゆる墓じまいです。

お施主様は老夫婦でした。この仕事はお寺様からの紹介です。たぶん後を継がれる人がいらっしゃらないのだと思います。

詳しいことは知る由もありませんが(単にお寺様からのお仕事として請け負いましたので)最近よくある状況だと思います。

寂しいという気持ちとしょうがないよいう気持ちと、。

お墓に彫る亡くなった人の年齢について

どなたかが亡くなったら、お墓に、あるいは墓誌、法名石 石板 戒名板に法名、戒名や死亡年月日 お名前(俗名)年齢を彫ります。

この時の年齢です。かつては数え年で彫ることがほとんどであったように思いますが最近では数え年そのものを言うことが無くなり実際的ではなくなってきました。

また、お寺様によっても年齢の表し方が様々です。(これは石材店として多数の施工の経験から間違いなく言えることです)

お墓などに彫る年齢は戸籍とは違います。これが基本です。

あと2か月たったら百歳だったんよ、とおっしゃる施主様には百歳と彫ることをご提案することなどもあります。

無くなられたご本人がわしは何歳じゃといっておられたであれば満年齢を彫ることもあります。

年齢はその人がまさに生きた年数ですが、数え方もその人やそのご家族のお考えが入って,いや、入った方が良いと思います。

今日は満60歳、の方の文字彫りの依頼がありました。私の中学校の時の柔道部の後輩です。若すぎる死でした。数えで彫ることもあります、と、お伝えし、61才で彫ることになりました。後輩のご冥福を祈ります。彼の豪放な、。

大晦日

2018年ももう終わりそうです。

工場のしめ飾りなどお正月の準備の写真。

今年は玄関の両サイドにミニ門松を飾ってみました。

いつもは外に止めているトラックなどは工場(屋内展示場)内に収めすっきりとした工場駐車場になりました。

石材店 考

お墓を買うところが石材店、お墓ではなくお墓の形をした石材ですが、ゆえに石材店。

現在、石材店の中にはお墓を作ったことがない、は、もちろん、石を割ったり、たたいたり、削ったり、磨いたりさえもした事がない石材店が存在しています。

存在していることは事実なので、それでよいのだと思います。

しかし、本物を求めるのであれば、石をわかっている石材店を選ぶべきだと考えます。

変な民間資格が多くなってきているように思います。○○プランナー、○○コンサルタント。

 

墓石の移転 処分 新設

墓石の移転工事も多く施工させていただきました。処分、俗に言う墓じまいも多数しました。

しかし、墓石の新設も多数施工させていただきました。

お墓に対する考え方が大きく変わってきている昨今ですが、基本はご先祖様、父や母、祖母祖父に対する気持ちの表し方だと思います。

いずれの方法でも今を生きている我々がご先祖様を大切にするという基本を間違っていなければそれぞれが正しい方法だと思います。

お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。

銅像と石像 親鸞様と かけあんき

今週は銅像と石像と 像の建立が2件、無事に終わり、落成式にも間に合ってほっとしています。

今週の初めは無事に終わるだろうか、と、ちょっとイライラしておりました。(見積もり段階ではわからなかったことがいろいろと出てきたもので)

これは地元加計高校の かけあんき、という猪の石像で、著名な作家の作品とのこと。 元の場所では地面に建っていましたが玄関に移動、掘って吊り上げようとしたら弊社所有のチェーンブロックでは厳しいくらいの重量があって予想外の苦戦 また、移転先も見積もり段階とは違ってそれよりも道から遠くになって思っていたようなトラッククレーンでの据え付けができずに。

これは親鸞様の銅像、この写真は本体の据え付けが済んで笠を高所作業車で取り付けたばかりの所。

どこかの別のお寺にあったものを施主様が譲り受け建立されるもので、銅像の台座の部分には取り外したときに開けたと思われる穴が3か所ほど開いており、また取り外した際にと思われるがひどく変形もしており新品のようにそのまま置けば据え付け完了という訳にはいかずに工夫して据え付けをした。

猪石像、親鸞様銅像とも、とても貴重なものでいつも以上に神経を使った、終わってみれば気持ちの良い疲労感の残る仕事でした。

親鸞様は大きいですよ。他ではあまり見られないと思います。

親鸞様建立

湯来町のお寺への親鸞様の銅像の建立がほぼ終わりました。

銅像そのものは以前別のお寺に建てられていたもののようで施主様がそれをもらい受けご自身の門徒のお寺へ永代経懇志として建てることになったものです。

これを立てる話は最初に建立を請け負った土建業者さんからで、吉村さん代わりに建ててくれないか、との依頼からでした。

像の高さは3.5m 大きい 施主様は最初大きさのことを理解されておられないようで大きさの説明から入りました。

台石を設計 見積もりをしてやはり大きな金額になりました。たぶんこの金額は施主様は想定されていないと思い、赤字覚悟の取り組みになりました。この大きさの銅像を建てるのは初めてです。