お墓は誰のために

お墓は今生きている人のための物だと考えます。

勿論、身内のどなたかが亡くなったためにお墓を建てようとするのですが、でも、亡くなった人がそのお墓(としての形あるもの)を見ることが出来るわけでは無いのです。

今生きている人が何かをするために(故人をしのぶ、等々、や、お骨を納めるという役目も主目的だけではなくあります)建立します。

だから、今を生きている人たちが納得できるやり方を選ぶべきだと考えます。

そして、その中には故人が生前こういうお墓に入りたい、と言っていたという事実ももちろん含みますが。

お墓の家紋

先日お亡くなりになったご主人のお墓を建立されました。

ご主人は生前の若い頃にはお墓は不要だとおっしゃっていたとのことでしたが、年を取るにつれ、やはり生きた証としてお墓は建てて欲しいとお考えが変わってきたそうです。

このご夫婦にはすでに嫁がれた娘さんしか子供がいないので法名石(墓誌)はいらない、と、思われていたようですが、娘さんが私も将来、このお墓に入るかもしれないよ、とおっしゃられ、

それではと弊社で提案。一般的に上台に彫る**家を彫らずに、また、家紋を両家の家紋を並べてはと。

家紋は右側に丸に木瓜、左側には小笠原三階菱

きれいにまとまり、また、その意味も深いお墓にできました。

石種は広島地方ではメジャーな国産高級石材、大島石(伊予石)かつては余所国(よそくに、と読みます、産地の地名です)と呼ばれていた時代もあります。

 

お墓建て

墓石の建立、7寸中国材です。

右側のお墓は骨穴が小さかったので大きく広げるため工場へ持ち帰り加工しました。

元からあったお墓はやや後方へ移動据え付け直しました。

全体的にきれいにまとまった墓地墓石にできました。