湯の山 若鯉の森 記念碑 建て上げ

昨年から予定されていた若鯉の森の記念碑、大雪のため1日ずらしての本日決行。

記念碑を積んだ弊社のトラックと、クレーン車

写真は上で使う通称カニクレーンの荷揚げ、重量1.7トン(クレーン車での計測値、リース会社のデータでは1.4トン、このクレーンのこの距離での限界)

上で記念碑の本体を受けている。これが1.3トン

上は狭いうえに石碑が重い。

移動にはひと工夫もふた工夫も。企業秘密のため非公開(この日ご迷惑をおかけした入湯者様は傍らでこれを見ることができている)(もちろん事前通告、道路使用許可地元の了解などすべてはOK)

そして無事に建て上げ完了。

この後銘版を取り付けて完成。

ペットのお墓 建立

ペットの犬のお墓

骨壺がすっぽりと収まるお墓の納骨室。正面には黒い石に遺影をレーザー加工。お墓の周りは巻き石で区切ってその中には防草のためのストーンレジンを施工。

     言わば、お墓としてはフルセットです。

ペットのお墓

弊社に石材の切れ端はないかと言って持って帰られた端材。

見事なお墓になっていました。

中央の花立は無償サービスにて提供したちゃんとした花立です。

庭の一角にペットの素敵な墓地が。という話題。

お墓は誰のために

お墓は今生きている人のための物だと考えます。

勿論、身内のどなたかが亡くなったためにお墓を建てようとするのですが、でも、亡くなった人がそのお墓(としての形あるもの)を見ることが出来るわけでは無いのです。

今生きている人が何かをするために(故人をしのぶ、等々、や、お骨を納めるという役目も主目的だけではなくあります)建立します。

だから、今を生きている人たちが納得できるやり方を選ぶべきだと考えます。

そして、その中には故人が生前こういうお墓に入りたい、と言っていたという事実ももちろん含みますが。

お墓の家紋

先日お亡くなりになったご主人のお墓を建立されました。

ご主人は生前の若い頃にはお墓は不要だとおっしゃっていたとのことでしたが、年を取るにつれ、やはり生きた証としてお墓は建てて欲しいとお考えが変わってきたそうです。

このご夫婦にはすでに嫁がれた娘さんしか子供がいないので法名石(墓誌)はいらない、と、思われていたようですが、娘さんが私も将来、このお墓に入るかもしれないよ、とおっしゃられ、

それではと弊社で提案。一般的に上台に彫る**家を彫らずに、また、家紋を両家の家紋を並べてはと。

家紋は右側に丸に木瓜、左側には小笠原三階菱

きれいにまとまり、また、その意味も深いお墓にできました。

石種は広島地方ではメジャーな国産高級石材、大島石(伊予石)かつては余所国(よそくに、と読みます、産地の地名です)と呼ばれていた時代もあります。

 

お墓建て

墓石の建立、7寸中国材です。

右側のお墓は骨穴が小さかったので大きく広げるため工場へ持ち帰り加工しました。

元からあったお墓はやや後方へ移動据え付け直しました。

全体的にきれいにまとまった墓地墓石にできました。