お墓に彫る亡くなった人の年齢について

どなたかが亡くなったら、お墓に、あるいは墓誌、法名石 石板 戒名板に法名、戒名や死亡年月日 お名前(俗名)年齢を彫ります。

この時の年齢です。かつては数え年で彫ることがほとんどであったように思いますが最近では数え年そのものを言うことが無くなり実際的ではなくなってきました。

また、お寺様によっても年齢の表し方が様々です。(これは石材店として多数の施工の経験から間違いなく言えることです)

お墓などに彫る年齢は戸籍とは違います。これが基本です。

あと2か月たったら百歳だったんよ、とおっしゃる施主様には百歳と彫ることをご提案することなどもあります。

無くなられたご本人がわしは何歳じゃといっておられたであれば満年齢を彫ることもあります。

年齢はその人がまさに生きた年数ですが、数え方もその人やそのご家族のお考えが入って,いや、入った方が良いと思います。

今日は満60歳、の方の文字彫りの依頼がありました。私の中学校の時の柔道部の後輩です。若すぎる死でした。数えで彫ることもあります、と、お伝えし、61才で彫ることになりました。後輩のご冥福を祈ります。彼の豪放な、。

お墓への文字彫り

「先日、○○○○が亡くなったのでお墓の横の石板に文字を入れてほしいのですができますか?」

などのお問い合わせが多々あります。お墓の横の石板ではなく墓碑とか墓標、ホウメイバンとか石碑と名板とかいろいろな言い方をされています。

浄土真宗ではこのお墓の横の石の板、亡くなった方のお名前などを彫る石を「墓誌」(ぼし)と呼びます。

簡略的には法名板(ほうみょうばん)という言い方もします。

また、宗派が違えば霊標(れいひょう)という呼び方もします。

石材店に亡くなった方の名前などを彫ることを依頼されるときには「墓誌に文字を彫ってほしいのだが」と、お問い合わせいただけばお話が早くわかります。

彫る内容は一般的には法名 死亡年月日 俗名 年齢の 4種類を彫ります。俗名とは普通のお名前のことです。法名はお釈迦様の身内になった時のお名前(簡略的には)と解釈すればよいと思います。

お墓に墓誌がないときには仏石(お墓の一番上の石)に彫ります。

後継ぎがいないなどで墓誌がいらないという施主様もあります。(このお墓に入る仏様がそんなに多くなさそうということです)

追記 墓標、墓碑とはお墓そのもののことです。時代劇などに時々出てくる木の柱に個人の名前を書いて立ててあるものが木の墓標です。