訃報 西藤さん逝く

西藤義邦さんが旅立たれました。

坪野地区連絡協議会の役員であったころ随分とお世話になった方です。地域の区長や町会議員などを務められた聡明な人でした。

思い出すのは会議の中での理路整然とした主張、几帳面な人でした。文系理系どちらかというと明らかに文系の人という感じでした。私が作った文章は必ず眼を通してもらっていましたし、会議での作法や考え方など多くの事を学ばせていただきました。

晩年はパーキンソン病になられて体の自由が利かなくなりかつての元気は無くなりましたがそれでも存在感のあるかたでした。82才

親族だけでの家族葬だそうです。少し寂しい気がします。

また一人、また一人と知っている人たちが逝くようになってしまいました。

先輩 逝く

廿日市市にお線香をあげに行ってきました。64才でした。今年は年賀状の代わりに年が明けてから先輩急逝とのお葉書をもらい、本日の訪問となりました。

建労(広島県建設労働組合、建設関係の業務従事者のための健康保険や労災保険、労働環境などの組合です)の先輩です。

建労で教宣部長をしていた時にその役員会で地連が隣であったということで席が隣りどおしでどちらからともなく声をかけて、また、会議後の懇親会でもお互いにお酒が好きということで意気投合、いろいろなことを教えていただきました。

一番の思い出は、その誰にでも好かれる人柄、です。先輩のお話は非常に上手で面白くて、かつためになりました。

「この役員会は、建労の行事の中で我々部長にとっては最も格式の高い(という表現だったかどうかは確かではありませんが意味はそういう風にとらえました)ものである,よって服装は○○では違う、○○はしょせん遊び着じゃけえ」

「記事は正確さはや5W1Hはもちろん読者をいかに引き付けるか」など多くの教えをいただきました。

教宣部長とは組合の機関誌に地域の行事や話題を投稿し、組合の広報活動の一端を担う役員です、私は第9地連の教宣部長でした。投稿数に応じて表彰されたりもしますが県下では私が3、4番手先輩はいつもわたしよりも上位でした。

2,3年前でしょうか、先輩から癌であることを教えられましたが懇親会でも普通にふるまわれ今頃の癌だから問題ないものと思っておりましたが今回の弔問で、癌は見つかった時からリンパ節に転移があったようで摘除手術もできず抗がん剤での治療を続けられていたようです。そういわれれば前回の懇親会ではお酒を口にされなかったように思います。

昨年も夏ごろに記念碑の移転の見積もり依頼があり、庭関係の見積もりをお願いするためにお会いしたばかりだったのです、その時はこんな訃報に接するとは思いもよりませんでした。

あまりにもも早すぎる死を悼み、ご冥福をお祈りいたします。

 

 

墓石の移転 処分 新設

墓石の移転工事も多く施工させていただきました。処分、俗に言う墓じまいも多数しました。

しかし、墓石の新設も多数施工させていただきました。

お墓に対する考え方が大きく変わってきている昨今ですが、基本はご先祖様、父や母、祖母祖父に対する気持ちの表し方だと思います。

いずれの方法でも今を生きている我々がご先祖様を大切にするという基本を間違っていなければそれぞれが正しい方法だと思います。

銅像と石像 親鸞様と かけあんき

今週は銅像と石像と 像の建立が2件、無事に終わり、落成式にも間に合ってほっとしています。

今週の初めは無事に終わるだろうか、と、ちょっとイライラしておりました。(見積もり段階ではわからなかったことがいろいろと出てきたもので)

これは地元加計高校の かけあんき、という猪の石像で、著名な作家の作品とのこと。 元の場所では地面に建っていましたが玄関に移動、掘って吊り上げようとしたら弊社所有のチェーンブロックでは厳しいくらいの重量があって予想外の苦戦 また、移転先も見積もり段階とは違ってそれよりも道から遠くになって思っていたようなトラッククレーンでの据え付けができずに。

これは親鸞様の銅像、この写真は本体の据え付けが済んで笠を高所作業車で取り付けたばかりの所。

どこかの別のお寺にあったものを施主様が譲り受け建立されるもので、銅像の台座の部分には取り外したときに開けたと思われる穴が3か所ほど開いており、また取り外した際にと思われるがひどく変形もしており新品のようにそのまま置けば据え付け完了という訳にはいかずに工夫して据え付けをした。

猪石像、親鸞様銅像とも、とても貴重なものでいつも以上に神経を使った、終わってみれば気持ちの良い疲労感の残る仕事でした。

親鸞様は大きいですよ。他ではあまり見られないと思います。

親鸞様建立

湯来町のお寺への親鸞様の銅像の建立がほぼ終わりました。

銅像そのものは以前別のお寺に建てられていたもののようで施主様がそれをもらい受けご自身の門徒のお寺へ永代経懇志として建てることになったものです。

これを立てる話は最初に建立を請け負った土建業者さんからで、吉村さん代わりに建ててくれないか、との依頼からでした。

像の高さは3.5m 大きい 施主様は最初大きさのことを理解されておられないようで大きさの説明から入りました。

台石を設計 見積もりをしてやはり大きな金額になりました。たぶんこの金額は施主様は想定されていないと思い、赤字覚悟の取り組みになりました。この大きさの銅像を建てるのは初めてです。

 

モアイ 感動

モアイ像見て来ました。とりあえず1か所。予定どおりレンタカーを借りて。
感激です。南米にいることとモアイ像を見た事。

yよく有る写真ですが、これを見に来たのです。

出発 成田へ

広島から成田へ移動。
広島から羽田までは飛行機。(手持ちのマイルを使いたかったため。片道7500マイル。有効に使いました。長い間ため込んでいて使う機会がなかなか無い、安いツアーはJALではないことが多い)
しかし、羽田から成田がが遠い。移動の方法は何通りもあるのだが今日については余裕があるので一番安価なエアポート快特を利用。
およそ1時間半程度かかって移動。料金は1800円切符の自動販売機では乗り継ぎを選ばないとこの金額が出てこない、確かに、途中別の路線を通って列車の名前も変わっているよう、もちろん同じ車両に乗ったままだが)
広島では13時ころの便を予約しておいたのだが早く目覚め早く出発したので1便早い飛行機に変更してもらった。ただ単に早くできる?と、言ったら空いているからと即対応。
エアポート快特はせっかくだから終点まで乗った、乗ってみた(第1ターミナル)、明日は出発は第2ターミナルなのでここまでくる必要はない、ゆえに、今日は乗ってみた。
千葉県に入って千葉ニュータウンまでは家がいっぱいあったがそこからは駅の間が長くて周りは田舎の様、現れた空港の周りはさすがにそれらしいけれど。
空港からは今晩の前泊のホテルへ、送迎バスに乗って約30分 周りに何もないところにホテルが何件もあってちょっと歩いてコンビニへは無理な場所。
ホテルにはビュッフェ形式のディナーがあったが今日は軽く夕食にしたいので1階にあった小さなコンビニ風のところでチーズを買って、あとはホテルの氷で軽く1杯。
炭酸水を買ってハイボール、ウイスキーは角瓶の2Lを旅行用に持ってきた、多分この旅行で空になると思われる。
明日はロスアンジェルスからチリ、サンチアゴへ。行ってきます。