お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。

納骨

昨日、本日と納骨がありました。

昨日は走り梅雨の中弊社で準備したテントが役に立ち施主様の納骨に貢献しました。

今日は晴天、夏日の予想の中の午前中です。

お寺様は市内のお寺様のようではじめての住職様でした。

お墓が2段の小さいもののためお墓の後ろの地面を掘っての納骨。

お墓の下は小さい小石ばかりの地盤で掘るのに時間がかかりましたが無事に終了

住職様からは”お墓はお骨を収めるところだけではなく、こうして機会のあるごとに普段は思わない仏様のことを思う場所だ”とのお話をいただき改めてお墓の役割を再認識する機会になりました。

施主さま お世話になりました。    合掌