納骨

先日、建立されたお墓の納骨のお手伝いに、いってきました。午後1時からと言うことで、カンカン照りを覚悟していましたが、曇り加減で日差しがそれ程でもなく、施主様にとっても比較的楽であったのではと思います。

本日の納骨に際しての住職様のお言葉、お墓の起源。

仏教には最初はお骨を大事に取っておくということは無く亡くなった人のお骨や灰はガンジス川に流していた、お釈迦様のお骨に関してはそうはせず(できず、が正解か(筆者、解釈))8箇所に分けて大事に保管。その日本語の言い方が卒塔婆、。など

筆者に取っては、何度も聞いた内容ではありましたが、それでも、改めてお墓の意味を考える納骨のお手伝いでした。

かつて、大森神社鳥居参道工事などで大変お世話になったご主人の奥様のお墓です。

受けた御恩は忘れがちです。それでもできるだけこの私のふるいのうみそに焼き付けておきたいと思います。

 

お骨について

時折お骨がお墓に入りきらないときにはどうすればよいか?

ということを聞かれることがあります。お墓の納骨室の空間はもちろん有限です。内容積は現在ある容量しかありませんから、代々納骨を続けていけばいずれはいっぱいになるのは明らかです。

また、最近では納骨を骨壺のまますることがほとんどです(かつては骨壺から出して直に置く、ということも何件かで経験していますが近頃では骨壺のまま納めることがほとんど)

骨壺が現在の納骨室の空間をすべて埋めてしまってこれから骨壺が入りそうにない、と、いう相談です。

方法はいくつかあります。まずはいくつかの骨壺の中のお骨を一つの骨壺の中に入ってもらう。具体的にはお骨に物理的な力を加えて容量を減らす(俗な言い方をすれば砕いて一緒にする)

古い仏様の骨壺のお骨は木綿の袋など(和紙に包んでとかも)に入れ直して納める(こうすれば自在な形になるので空間を有効に使えます)(それ専用の袋も取り扱いがあります)

粉骨サービスを利用してお骨を粉にまで砕いて体積を減らし納める(弊社でも粉骨サービスをしています、詳細は別途ご案内の予定 およそ5分の一までカサを減らすことが出来ます)

等、いろいろな方法があります。

お墓を知っている石材店、弊社にご相談ください。

納骨

今日、納骨のお手伝いをしてきました。

お墓は昨年建てさせてもらいましたが納骨は少し暖かくなってからとのことで今日の納骨になったようです。

時間の30分以上前に行ってみるともう施主様がお墓の前におられました。事前に私が30分前には行っています、といったので早めに来ていたとのことで、かえって恐縮。

新品のタオルを少し濡らしてお墓全体をきれいに拭いてお寺様の到着を待ちました。

納骨のやり方はお寺様によってマチマチで今回のお寺様は初めてのお寺様でしたのでこちらも学習しようという形です。

骨壺には空気中の水分が水滴となって溜まります。それを逃がしてやるために骨壺の底に小さな穴をあけてから施主様の手で収めてあとは私がきれいに整頓し直してお寺様によるお経。

このお墓は伊予石(大島石)の最高のモノを使いました。このお寺様の墓地の中でもたぶん一番良い伊予石であろうと思います。

今日お骨を収めてお寺様と共にお参りされてお墓の形をした石からお墓になりました。末永く、大切に施主さまの心のよりどころであり続けてほしいと思います。

 

お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。

納骨

昨日、本日と納骨がありました。

昨日は走り梅雨の中弊社で準備したテントが役に立ち施主様の納骨に貢献しました。

今日は晴天、夏日の予想の中の午前中です。

お寺様は市内のお寺様のようではじめての住職様でした。

お墓が2段の小さいもののためお墓の後ろの地面を掘っての納骨。

お墓の下は小さい小石ばかりの地盤で掘るのに時間がかかりましたが無事に終了

住職様からは”お墓はお骨を収めるところだけではなく、こうして機会のあるごとに普段は思わない仏様のことを思う場所だ”とのお話をいただき改めてお墓の役割を再認識する機会になりました。

施主さま お世話になりました。    合掌