お墓と納骨堂

お墓に対する考え方が随分と変わってきました。ここ数年、特に感じています。
確かに父母のいなくなった故郷にお墓があって自分は都会で苗字が変わってしまっていて。となると故郷のお墓はもう数十年もたたないうちに本当の無縁墓になってしまいます。ゆえにお墓を何とかしなければ。わかります。何とかしないといけないと思います。
お墓は高価であるからやめて近くのマンション形式の納骨堂へ。これだけはやめておきましょう。
鉄筋コンクリートの建物の寿命はせいぜい5,60年です。日本各地で高速道路が老朽化してメンテナンスが大変だというニュースをご存知でしょうか?高速道路が建設から5,60年たったということです。高速道路だから経費をかけてメンテナンスができるのです。(根本的にはつくりかえないとだめです、若干寿命を延ばしているだけです)
コンクリートの納骨堂、メンテナンスの時期に今の管理会社は本当に存在していますか?メンテナンスが必要な時にその経費がまかなえると思いますか?それだけの管理費用を払っていますか?払っているとしてもメンテナンスの時にその金が残っているでしょうか?
マンション形式の納骨堂だけはやめておきましょう。

銅像と石像 親鸞様と かけあんき

今週は銅像と石像と 像の建立が2件、無事に終わり、落成式にも間に合ってほっとしています。

今週の初めは無事に終わるだろうか、と、ちょっとイライラしておりました。(見積もり段階ではわからなかったことがいろいろと出てきたもので)

これは地元加計高校の かけあんき、という猪の石像で、著名な作家の作品とのこと。 元の場所では地面に建っていましたが玄関に移動、掘って吊り上げようとしたら弊社所有のチェーンブロックでは厳しいくらいの重量があって予想外の苦戦 また、移転先も見積もり段階とは違ってそれよりも道から遠くになって思っていたようなトラッククレーンでの据え付けができずに。

これは親鸞様の銅像、この写真は本体の据え付けが済んで笠を高所作業車で取り付けたばかりの所。

どこかの別のお寺にあったものを施主様が譲り受け建立されるもので、銅像の台座の部分には取り外したときに開けたと思われる穴が3か所ほど開いており、また取り外した際にと思われるがひどく変形もしており新品のようにそのまま置けば据え付け完了という訳にはいかずに工夫して据え付けをした。

猪石像、親鸞様銅像とも、とても貴重なものでいつも以上に神経を使った、終わってみれば気持ちの良い疲労感の残る仕事でした。

親鸞様は大きいですよ。他ではあまり見られないと思います。

親鸞様建立

湯来町のお寺への親鸞様の銅像の建立がほぼ終わりました。

銅像そのものは以前別のお寺に建てられていたもののようで施主様がそれをもらい受けご自身の門徒のお寺へ永代経懇志として建てることになったものです。

これを立てる話は最初に建立を請け負った土建業者さんからで、吉村さん代わりに建ててくれないか、との依頼からでした。

像の高さは3.5m 大きい 施主様は最初大きさのことを理解されておられないようで大きさの説明から入りました。

台石を設計 見積もりをしてやはり大きな金額になりました。たぶんこの金額は施主様は想定されていないと思い、赤字覚悟の取り組みになりました。この大きさの銅像を建てるのは初めてです。

 

お墓への文字彫り

「先日、○○○○が亡くなったのでお墓の横の石板に文字を入れてほしいのですができますか?」

などのお問い合わせが多々あります。お墓の横の石板ではなく墓碑とか墓標、ホウメイバンとか石碑と名板とかいろいろな言い方をされています。

浄土真宗ではこのお墓の横の石の板、亡くなった方のお名前などを彫る石を「墓誌」(ぼし)と呼びます。

簡略的には法名板(ほうみょうばん)という言い方もします。

また、宗派が違えば霊標(れいひょう)という呼び方もします。

石材店に亡くなった方の名前などを彫ることを依頼されるときには「墓誌に文字を彫ってほしいのだが」と、お問い合わせいただけばお話が早くわかります。

彫る内容は一般的には法名 死亡年月日 俗名 年齢の 4種類を彫ります。俗名とは普通のお名前のことです。法名はお釈迦様の身内になった時のお名前(簡略的には)と解釈すればよいと思います。

お墓に墓誌がないときには仏石(お墓の一番上の石)に彫ります。

後継ぎがいないなどで墓誌がいらないという施主様もあります。(このお墓に入る仏様がそんなに多くなさそうということです)

追記 墓標、墓碑とはお墓そのもののことです。時代劇などに時々出てくる木の柱に個人の名前を書いて立ててあるものが木の墓標です。

お墓の家紋

先日お亡くなりになったご主人のお墓を建立されました。

ご主人は生前の若い頃にはお墓は不要だとおっしゃっていたとのことでしたが、年を取るにつれ、やはり生きた証としてお墓は建てて欲しいとお考えが変わってきたそうです。

このご夫婦にはすでに嫁がれた娘さんしか子供がいないので法名石(墓誌)はいらない、と、思われていたようですが、娘さんが私も将来、このお墓に入るかもしれないよ、とおっしゃられ、

それではと弊社で提案。一般的に上台に彫る**家を彫らずに、また、家紋を両家の家紋を並べてはと。

家紋は右側に丸に木瓜、左側には小笠原三階菱

きれいにまとまり、また、その意味も深いお墓にできました。

石種は広島地方ではメジャーな国産高級石材、大島石(伊予石)かつては余所国(よそくに、と読みます、産地の地名です)と呼ばれていた時代もあります。

 

トラック納車

クレーン付きトラック買い換えました。

これが今までのトラック、初年度登録平成7年の車を13年に中古で購入し結局17年仕事してくれた車。

荷台は雨に晒されて板が悪くなって張り替えること2回と半分、1回目は大きな高価な合板で全面張り替え、2回目は小さな合板を使っての全面張り替え、あとの半分は写真のように部分的補修、荷台に乗るともうフワフワした感じになるくらいに傷んでいました。それに加えて外観もちょっと残念の車。

今日納入された新車。いいです。見積もりの時に値段を見てびっくりしましたが、やはりそれだけの装備があります。私の乗用車と似たような装備。

レーンをはみ出すと警報、前面だけだが衝突時の被害軽減装置、また、スペアキー屋さんで形だけ同じにしてもドアは開くけどエンジンはかからないIC組み込みのキーとか。

クレーン部分も今までとは段違い、リモコンでアウトリガーが操作可能、フックは自動で格納できるしアウトリガーを出してロックをかけていれば盗まれないような装置など。

まだ、納車されたばかりで細部まで見ていませんが、これから慣れて、もちろんもっと仕事します。

トラック購入でお世話になった隣の自動車屋さんと日野自動車の営業さんと工場長さん、それとクレーン屋さん(説明に来てくれた)。

(ブログに載せますと許可をいただいています)

納骨

昨日、本日と納骨がありました。

昨日は走り梅雨の中弊社で準備したテントが役に立ち施主様の納骨に貢献しました。

今日は晴天、夏日の予想の中の午前中です。

お寺様は市内のお寺様のようではじめての住職様でした。

お墓が2段の小さいもののためお墓の後ろの地面を掘っての納骨。

お墓の下は小さい小石ばかりの地盤で掘るのに時間がかかりましたが無事に終了

住職様からは”お墓はお骨を収めるところだけではなく、こうして機会のあるごとに普段は思わない仏様のことを思う場所だ”とのお話をいただき改めてお墓の役割を再認識する機会になりました。

施主さま お世話になりました。    合掌

墓石建立

ゴールデンウィークの中日、次の日からは雨の天気予報。

今日しかないと、8寸の墓石を建立。

夏を思わせるような暑さでしたが無事に完了。

施主様とゴールデンウィーク明けには建っているようにしますとの約束通りにすることができました。

納骨は来週の予定です。天気が良いように祈ります。

お墓建て

墓石の建立、7寸中国材です。

右側のお墓は骨穴が小さかったので大きく広げるため工場へ持ち帰り加工しました。

元からあったお墓はやや後方へ移動据え付け直しました。

全体的にきれいにまとまった墓地墓石にできました。